つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
 久方ぶりの推理小説。この本も借り物です。



小学校の頃読んだ以来です、海外推理文庫って。一時期、クリスティーにはまってて読み漁ってたのです。今もポアロやミス・マープは大好きな探偵です。どうも私は、推理の面白さや知的ゲームより、探偵や犯人の造形の方に惹かれるタチのようです。このカーの作品もそう。



この「ヴァンパイアの塔」は、表題作を含む短編(ラジオドラマの台本)が集められた本ですが、やっぱり、ギディオン・フェル博士という探偵の出てる話が印象的。すんごい巨漢で、顎は何重にもなっており、リボンのついた眼鏡(どんなのだ)をかけ、猛烈に髭の生えた顔、という容貌魁偉なお方なのです、このフェル博士。でも、私もそうだけど、何となく人懐っこくて、好かれる人なのですね。変に倫理的でないところも好き・・・勝手に犯人を助けちゃったりするしね。九時ごろやってるサスペンスの探偵さんみたいに、突如道徳的な台詞を吐き、自首をすすめたりなんかしないのさ。倫理のためでなく、純粋に自分のプライドのために謎解きをする誇り高い探偵さんが出てくる世界。推理小説の面白さって、そういう日常のもろもろから離れたと世界を楽しむところにあるんじゃないかな?と、個人的には思っているのです。



ストーリーは、推理ものなのでちょっと伏せておきませう(笑)ただ、おもいっきしトリックも殺人の動機もわかってしまう話がいくつかあったのが気になりました(^^;)それでも楽しめたんだけど、推理を極めてる方には物足りないかもしれません。



・・・あと、個人的に、犯人の女の子の描き方が由貴香織里の漫画(カインシリーズに出てくるような)を髣髴とさせるなあ、と。『悪魔の使徒』(あれ、あってたかな?)とか・・・。おかげで頭に浮かぶ映像が、全部ゴスな感じになってしまいました。もともと不気味な雰囲気を湛えた作品が多いしね(そういうの、とても好きですが。)



「プールのなかの竜」が、凄惨だけど印象深い結末で、お気に入りです。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/979-27c0a209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。