つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
もう次の芥川賞が発表されているという頃に、例の二十歳の芥川賞の二人の作品を読もうというひねくれ者(笑)今更・・・





で、「蛇にピアス」。そうかこういう話か~。うーん、想像力の回路を切っておかないと、痛くて読めない。それとこういう性的嗜好はまだ理解できないなあ・・・や、一生理解できないかも。



するするっと読みやすい話だなあ、という感じだけど、これ、そんなに傑作なんだろうか・・・とちょっと首を傾げてしまいました。単に文章と内容があんまり好みじゃなかっただけかもしれないけど、特に印象的な言いまわしが出て来るわけでもなく、新鮮な感性でもなく・・・(目新しければいいってもんでもないけど)。色んな人の影響がごちゃまぜになって、無国籍料理みたいだ~。





舌先を蛇の舌みたいに分けるから、「蛇にピアス」なのかと思ってたけど、あながちそれだけというわけではないのかな~。主人公の少女の性質自体が巨大な蛇のようで、怖い。アマとかシバさんに影響されているふりを装って(ふり、というか、彼女自身もそう思っていながら、というべきか)、逆に彼等をどんどん飲み込んで、跡形もなく溶かしてしまいそう。彼等がいなくなっても、この子はしぶとく生きていくんだろうな。彼女が消えてなくなるのなら、自分の内側のブラックホール、自分自身でもあるブラックホール(陳腐な解釈?)に呑まれていく、というのが一番相応しいような気がした。どんどん拡張される「穴」。シュール。



そういえば最後、刺青に目を入れてもらってからの主人公の心境の変化は、微妙に谷崎潤一郎の「刺青」を思い出させる。このしぶとさ、魔性が自分の中にまるでないとは言い切れないところが、複雑だな~。





なんだか色々感じることはある小説だけど、もうこの一作でお腹一杯な感じです。これでもか!という刺激にちょっと疲れてしまう。「アッシュベイビー」はもういいや。この人が別にテーマを見出したとき、読んでみたい気がします。どう変わるのか。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/920-717bab85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。