つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
以前の「トーキンヘッズ」の感想で「一目ぼれ」したという詩人さんの詩集。

裏表紙は、雑誌にも載っていた写真で、私がとても魅力的だなあ、と思った表情。ふてぶてしさと、繊細さがいっしょくたになった鋭い目が見上げている。



随分前から読んでいたのだけど、なかなか読みとおす精神力が保てなかった。



最初の印象通りものすごく好みだけど、波長が合わないときは文字がさっぱり心まで届かなかった詩集。あまりに元気だと何を言ってるのかよくわからなくて、でも感傷的過ぎるときは何時の間にか詩でなく自分を見てしまう。ほどよく悲しく、ほどよく疲れているときがいちばんしっくりきた。



思いつくまま感想を。



・とっても静かな場所で耳を澄ましていたら、その静けさのなかに実はいっぱい金切り声が隠れていたような感じ。その声を聴きたいような聴きたくないような気持ちで耳を澄まして、読んだ。



・宇宙を包んでしまうくらい色んな物を飲み込んで、色んな物と繋がっている自分、というのと、どこからも弾き飛ばされて、翻弄されている小さな小さな自分、というのが入り乱れている。重くて苦しいか、軽すぎて苦しいか。

・・・この人の詩は、相反する要素が常に同居しているんだなあ。



・どこまで行っても足し算的なもの、ってあるのかもしれないなあ。孤独+孤独=、という式の答は、大抵「二人分の孤独」になるだけなのかもしれない。ならないことだって、あるだろうけど。



・からっぽであるということは、重いんだなと思った。矛盾してるけど。



・人が流す傷や涙から出来た作品はどうしてこうも甘美なんだろう。



・・・きりがなくなってしまう。このくらいでやめようっと。



他に二冊この人の作品集を買ったのだけれど、早くよみたくもあり、手に取るのが怖くもある。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/904-70bf2a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。