つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
うわあ、久しぶりにみたらプロフィールの画像が出てる。随分前に適当に投稿したときには、ちっとも変わってなかったのに・・・。

そのうちもう少しましなのに差し替えよう。



さて、「心洗われる話」。これがちくま文学の森シリーズじゃなかったら、確実に読んでないタイトルです。お涙頂戴の美談なら、テレビで飽きるほどやってるもんね。これはそう言うのじゃないといいな・・・と思って読む。

杞憂でした。所謂美談物みたいなのはあんまりなかった(あとがき見たら、そういうものは意識的に避けて選んだみたいです。安野光雅氏によれば、「およそ美談は理に落ちる」「真実心を洗われるのは、理屈でなくむしろ感性の領分によるものであろう」とのこと。全くもって同感。)多くの話が、どこの場面に感動した、と具体的に説明しにくいものでした。全部読んでみてはじめて、その話の要素全体からほろりとさせるものが立ち上ってくる感じなのです。多分一箇所でも抜けちゃうと駄目なんだろうな。



今回は、圧倒的に日本の作品の収録が多かった。海外作品は、二十一作品中六つだけ。その中では、アナトール・フランスの「聖母の曲芸師」が最も胸を打つ作品だった。ちょっぴりおとぎばなしのようでもある。愚直なひたむきさって、時々ものすごい説得力があるものだな・・・と思わされるお話なんだ。



太宰治の「蜜柑」、樋口一葉の「たけくらべ」は再読だけど、いいなあ。「蜜柑」のラストには、素直に自分の気持ちを重ねることができる。「たけくらべ」は今回初めて良さがわかった。脇役の快活な少年たちが時々見せる哀れさに、胸がちりちりする。もちろん、主役の美登利にも。

あ、梶井基次郎の「闇の絵巻」も好き。イメージによって心が透明になっていく。同じ理由で、「母を恋うる記」(谷崎潤一郎)「島守」(中勘助)も良いなあ、と思う。三味線の哀切な音色や、鳥が女性に変身する夢。文章に耳を澄ますようにして、読みたい。



他にも色々好きな作品はあったんだけど、あと「これは!」というのを挙げるとしたら、野尻抱影「三つ星の頃」と、宮本常一の「土佐源氏」かな。前者はこのアンソロジー中お気に入りナンバーワン。二三度読み返し、その度にちょっとじわっときた。病床の少年が、優しかった兄嫁(故人)の面影をオリオンによって思い出し、眠りにおちていくまでのお話。ラストの一文を、小さい声で口に出してみる。

後者は、最初読み始めたときは「うわ、なにこのおじいさん」と思ったのですが。なんでだろう、最後にはすごくいい話に思えてしまって。舞台は結構生臭い世界なのに、そして語り手の老人は「女を構いすぎて」目が見えなくなった、という人なのに、伝わってくる印象はむしろさわやかなの。なんで好きなのかわからないんだけどな~、本当に。誰を糾弾するでもなく、淡々と自分の人生を生きて、そしてごく自然に女性たちの悲しみも吸い取ってしまうようなおじいさんが、最後には仙人みたいに見えてくるのですよ。





ああ、読んで良かった、とすがすがしく本を置いたのでした。


ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/863-e92f740f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。