つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
講談社現代新書、装丁変わったのですね。・・・前のほうが良かった・・・。本屋の棚の新書コーナーの色が、前のシリーズとこのシリーズとの二種類になってて汚かったです。



帯の「知的に見せる本/バカに見える本」という文に反感を覚え、あまりに反感を覚えたがために逆に買ってしまった本(苦笑)。文句言う気満々で読みました・・・が。



んー・・・決して好きなタイプの本じゃないけど、思ってたよりはずっと、なるほどなるほど、ってな本でした。しぶしぶ納得させられてしまう点多数。

内容は、大雑把に纏めてしまうと、「社交的に、どういう本を読むか」という話が中心なのです(主に若い女性へのアドバイス・・・かな)。ダニエル・キイスを人前で読んでいるよりは、塩野七生だとか白洲正子を読んでるほうが知的に見えるでしょ?というようなことらしい・・・(私自身は別にどっちでもいいんだけど、そんなこと)。みんな、服やアクセサリー、お化粧には気を遣いすぎるほど遣うのに、どうして本にはそれだけの注意を払わないのか?何を読んでいるか、ということは、アクセサリーや化粧以上に、相手に対して自分がどのように映るかを決めてしまうものなのに・・・と著者はアドバイスしてるのです。ふむ。



確かに、言われてみればまあそういう面は無きにしもあらず・・・どの本(漫画・絵本も含む)読んだ?っていうのがコミュニケーションツールになってる部分は確かにあるかも。それによって相手が自分と仲良くなれる面があるかな?というのをはかってしまうし、私自身。

だからその基本的な部分には何ら意義を唱える気にはならなかったんだけど、引かれてる例が、正直、よくわからなかったのです。白洲正子や塩野七生、須賀敦子が「高級」なイメージや出来る女のイメージを持たれ、高村薫や宮部みゆきが「世間ずれしていない女性」という印象を与える、などの意見に、「?????」と首をかしげるばかりで。



あの・・・こういう印象を持つのって、ある程度教養のある、ひと年取ったおじさまに限られてるんじゃ・・・。たとえば同世代で話をしてて、相手がこれらの作家が好きだ、と言ったからって、この本で書かれているような印象を、相手に持つんだろうか?私にはとてもそんな風には思えないんだけどなあ。

何だか、おじさんたちにとっての「そこそこ出来て、可愛らしさもある女性」に見える方法を伝授されてるみたいなところに、ちょっとひっかかりました。(あ、そういうところばっかりじゃないんだけど。)



ああ・・・でも、もうちょっとゆっくり考えたら、同性同年代にだけどう見えるか考えて「いいじゃん、別にどんな風に読んだって」って開き直ってる自分の発想もちょっと狭いような気がする。著者の言う、「イノセントさに甘えている」状態に通じるものがあるかもしれない。背伸びが大事なこともあるもんね、最初はきつくても、そういうのが精神的な成長に通じるなら、頑張ってみるのもたまには悪くないかもしれない。ほんのちょっぴり反省。



そこはかとなく意地悪さの漂う口調にかちんときつつも、書評的な部分や、本を巡る時代的背景、サブカルチャーについて触れたところなんかはとっても面白かったです。好きな作家が誉められてたのも嬉しかったし。

全面的に支持はしない(というより、できない)けど、色々自分の物の考え方を点検するのにはいい機会だったな。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/862-f68ea88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。