つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
小澤征爾。「世界のオザワ」と言われる名指揮者さんであり、小沢健二のおじさんでもある人。何年か位前、TVでこの人がオーケストラの指揮をするドキュメンタリー番組を観たことがあります。厳しいときは厳しいのだけど、わかりやすいことばで、どんどんその場の演奏者たち(皆、尊敬のまなざしで見てるのがありありとわかる)をひきこんでいく場面がとっても印象的でした。もうすっかりおじさんという年にも関わらず、本当に子供みたいな生き生きした表情の人で、こういうヒト好きだなあ・・・と思っていた。

そんな小澤征爾が26歳のとき書いたのが、この本。写真で見ると、このときは本当に子供みたい。



外国の音楽を直に体験するために、なんとスクーターでヨーロッパ旅行をし、そして国際コンクールでどんどん成功していく様子を綴った本は、読んでるととても楽しい気持ちになってくる。この人、行く先々でみんなに可愛がられているんだけど(バーンスタインとの交流は、じーんとしてしまった)、それも当然だろうな。文章をよんだだけでも、この人の快活さ、愛されるキャラクターがよくわかるもの。中でも途中途中にはさまれた、旅先から家族に出した手紙にひときわそれがあらわれてる。家族に対する愛情や、素敵な音楽に触れた喜び、コンクールで認められた誇らしさがいっぱい詰まってるのです。知らず知らず笑顔になってしまう。



多分、コンクールに出るため、受かるためには人知れぬ苦労もあっただろうし、本人がちょっとだけ書いているように、聴くだけではわからない、音楽を生み出す苦しみだっていっぱい経験してるんだろうけど、この人はそういう苦労談はあんまり書かないんだ。「受けたら受かっちゃった!」みたいな、あっけらかんとした触れ方なの。そういうところにまた、性格が出てるような気がする。



ところどころにのぞく、音楽に対する姿勢にはさすがにうなってしまうけれど(色んな指揮者や演奏家について書かれた部分は、その人たちを知っていればもっと楽しめたんだと思う)。小澤征爾という人は、周りのものをどんどん吸収する瑞々しい感性だけじゃなくって、それをじっくり自分の中で捉えなおして、的確に言葉や音楽にする才能にも恵まれた人なんだな~。理知的、というのかな。すごい。このとき24~26歳だったなんて。年齢一つしか違わないのに、この差・・・あう。





ん~、面白かった!クラシックなんて普段聴きもしないのに、急にCDをひっぱり出して聴いてみたのは、この本のなせる技です(笑)。


ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/861-7178c2e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。