つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
お久しぶりです。生活リズムの激変で、暫く本を読む元気がありませんでした(汗)。



「人間の土地」。「星の王子さま」の作者が、職業飛行機乗りの立場から、自身の経験、友人たちの逸話を哲学的に語った一冊。というか、哲学書って言ってもいいのかもしれない、これは。

表紙と、あとがきに宮崎駿が登場してます。飛行機好きだものね、あの人。



深遠、とか、格調高い、とか、そういう形容詞が浮かぶ本。堀口大學の訳の力も大きいんじゃないかな~(多少、読みにくいところはあるけど。)

読んでると、自分の中の何物かが昂揚していくのがわかる。人間である、ということ。世界との断絶、同時に深い繋がり。遠くで起こる世界の変化のはじまりを、自分の肌が感知したときの喜びが綴られた箇所では、あたかも自分がそれを経験したかのような気持ちになる。うわーって。

本書の中心は、彼と相棒が砂漠に墜落して、奇跡的に助かるまでの軌跡「砂漠のまん中で」という章。そこも素晴らしいけど、私が一番好きなのは「飛行機と地球」。砂漠のまんなかで、見えるのは星だけ。筆者は宇宙の中に放り出され、完全な孤独を楽しむ(ここの描写がほんとうに幻想的で、読んでると酔っ払ったようないい気分になる)んだけど、気付けば自分の生み出した夢想で、その孤独を圧倒してしまった、という不思議な体験が綴られている。自然に敬意を抱きながらも、人間であることの誇りを決して忘れない人。命を愛しているからこそ、多分投げ打つべきときには笑って投げ打つことができる人。



どのページをめくっても、名言がいっぱい。でも、この言葉をたとえば名言集にしても、ちっとも心には響かないんだろうな~。体験と結びついてこその言葉なんだ。





・・・こんな感じで、うっとりと読んだんだけど。ただ一つだけよくわからないのは、これだけ世界を俯瞰することが出来る人が、役人や生活に追われる人々にはやや厳しいということ。軽蔑、だけじゃなくて、寧ろ悲しみの目でもって批判してるんだろうけど、彼が「つまらない生き方」と断じてしまった人の中にも、彼と同じ真理に到達している人、生きる喜びを見出している人はいなかったわけじゃないと思う。そこだけ、やや反感を覚えた。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/846-33a92a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。