つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
はじめて読む作家さん。岡本太郎のお母さんでもあり、歌人・仏教研究家としての顔も持つ、岡本かの子。



ずうっと気になってる作家さんだったのだけど、なかなか読む機会がなかったのです。たまたま図書館でちくま文庫版の全集を見つけたので、即借りる。文庫サイズの全集っていいなあ、持ち運び楽だし。ただし、大学図書館の本は表紙カバーが剥がしてあるのですよね・・・残念。どんな表紙だったのか気になるところ。



さて、全集第一巻は、この人のごく初期の小説集です。後ろの解説・解題を見ると、どうも必ずしも評価が高くない作品が多いみたい(はっきり完成度の低さが指摘してある。後期の代表作と比較して)。けれど、私はこの一巻で、すっかりこの人の魅力にやられました。



収録作は、「ひばりの子」「トシオの見たもの」など童話風の作品から、「阿難と呪術師の娘」「鬼子母の愛」「寒山拾得」といった仏教説話的なお話(戯曲?)、それから、パリを舞台にした短い小説群(息子岡本太郎への溺愛ぶりがわかる私小説風の作品なんかもある。)、と続きます。



全部通して最も好きなのは、一番始めに収録されていた「かやの生立」。旧家でちょっと複雑な家庭の中にいる「かや」という女の子の目から見た、お祖父さん、お祖母さん(実の、ではないんだけど)、乳母の姿。ほのかな初恋。幼いながらも、乳母の感化もあってなんとなく女の性のようなものを理解しつつあるかやの姿が、不思議なタッチで描いてあるのです。一歩間違えると生生しい、とか、どぎつい、と言われてしまいそうなのに、不思議とほんわか暖かい気持ちになるのは何故だろう。全てが、お風呂(小説中に印象的な場面として出てくる)の中の湯気に包まれているようにぼーっとしている。独特の擬音擬態語、会話の効果なのかなー。

哀感のある終わり方も好き。この人のは、かちっかちっとお話の構成があってダイナミックなものより、短編で、途中ですーっとフェイドアウト(?)してしまうラストのもののほうがいい味がある気がした。無意識に、旅の終着点を目指すのではなくて、車窓を眺めて楽しむような読み方をしていた。



仏教系のお話も意外に面白かったなあ(普段は、どちらかと言えば敬遠するジャンルなの)。「鬼子母の愛」は、妙に説得力のある話だと思った。我が子に対する愛と、子供一般に対する愛の違いとか、それがもっと普遍的な愛へと移りかわっていく過程とか。ちょっと頭の中が整理される感じだったかな・・・。

「寒山拾得」は、寒山・拾得のコンビと、若い恋人たちの対比が面白いの。情熱的な娘さん玉蓉が恋人に課す愛は、とってもハードルが高いのです。こんな事要求されたって、そりゃ困るでしょ・・・と、読んでるこちらはやや引いてしまう。案の定困惑する恋人。でも、最後の最後に鮮やかな変化が待っている。「えー!そんなのあり?」と思いつつ、結構楽しんで読んでしまいました。

この人の仏教題材のお話は、他の作品群に比べて豪華絢爛な感じがします。めくるめく世界・・・。万華鏡を見てるみたいな気分になる。不思議だ。





他のも感想、書きたいけど、ちょっと疲れてきたのでこの辺で。次は、歌やエッセイの巻を借りてみようかな。自分で全集集めたいけど、ちょっと財布が、厳しい(汗)。

そうそう、後ろには詳細な解題がついていました。割と専門的な解題で、途中で読むのを止めてしまった。うっかり解釈を限定されそうな気がしたのです。

でも、作品の背景を詳しく知りたい人には良いかもしれない。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/833-6fb48a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。