つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
うわ・・・せっかく書いた感想、うっかり全滅させてしまいました。がっくり・・・。

とても好みのエッセイだったんだけど、ただなんとなく好きな雰囲気、っていうのがこの本に対する感想だったから、それを言葉にするのに苦労したのです(無理やり言葉にしても、もとの感想とは何となくずれてきちゃうんだけどね)。それなのにそれなのに、あとちょっと、っていうところでバックスペースキーの押しすぎで前のページに戻っちゃって、データ消失。もう一回欠く気力ない・・・で、でもせっかくだから、短縮して書いてみよう。



一言で言うと、筆者が、日々の記録を淡々と綴ってる、限りなく日記に近いエッセイ。金平糖(←好物)食べてるみたいな、柔らかい幸せな気持ちになります。



筆者がハーモニカを吹く横で、奥さんが童謡を歌うのが日々の日課なんだって。この奥さんはピアノが好きで、よく練習してる様子が出てくるんだけど、あ、今日は難しい部分をすらすらひいたな、よかった、って二人で喜んでる場面なんかを読むと、ちょっと羨ましさに泣きそうになっちゃう。もーなんなのさ、この夫婦・・・(><)生活で削れた部分、くたびれた部分というのが全然感じられない。こんな夫婦もいるのかなあ。エッセイというより童話じゃないか!

この二つの場面(ハーモニカの場面は特に頻繁に出てくる)を読むと、いつも頭の中に絵が浮かぶのです、絵本のようなタッチのものが。夜空の下でハーモニカを吹くおじいさんと、横で歌うおばあさん。大きな月がぽっかり出てて、足元の池の中にも月があって。でも、池の中の二人は、小さな女の子と男の子なんだ・・・。



ときどき遊びに来る子供たちの家族、彼らがよこすお手紙、庭の花、遊びに来る鳥たち、ご近所さん、どれをとっても、どこか絵の中の物語のよう。その印象は、一つ一つのエピソードそのものの素敵さだけじゃなくて、それを綴る言葉の平明さとか柔らかさによっても強められているみたい。帯にもある通り、実にたくさんの「うれしい」「おいしい」「ありがとう」「よかった」がちりばめられてて、はじめはちょっと「あまりにも理想化されてるよなあ」と思ってたこちらの額の皺も、緩んでしまいました。



ここの人たちの生活や言動を読んでいると、一見まったく生活臭とか、家族の摩擦や葛藤なんか経験したことがないように思えて(だって、ほんっとに誉めたり喜んだりしか、しないのよ!)、正直気楽でいいなあ・・・という気がした時もある。けど、最後まで読むと、そういうのじゃないんだな、というのがなんとなくわかってきた。どこがどうとはうまく言えないんだけど、ここに描かれてる生活は、色んなことがあって、痛んだり汚れたりした布を、何度も丁寧に丁寧に洗った上に敷かれたものなのかなのかもしれない。ふとした拍子に、書かれなかった背後の時間を感じることがある。

うーん、ちょっとうまく伝えられないんだけど。



同じように、言葉というものについてもちょっと考えさせられる。うれしい、よかった、おいしい、というフレーズ、無雑作に出されているようで、実際はここに描かれた生活のように、丁寧に丁寧に置かれてるんだなあ。陳腐と洗練の微妙なバランス。

過剰とも思えるほど絢爛豪華な文章に惹かれることの多い私だけど、削ぎ落とし、厳選された言葉の力も、意識したほうがいいのかもしれない。





・・・あーあー、なんかごちゃごちゃ書いちゃったけど、ほんとはね、やっぱり、「雰囲気が素敵!こういう夫婦、いいなあ!子供たちのお手紙もあったかいねえ!うー、こんなふうに生活したいよう!」っていうのが、一番正直な感想なんだよ。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/818-b695b41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。