つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
どんどん更新頻度、落ちてますね・・・。ごめんなさい。今月中に、もう一冊くらい更新できると良いんだけど。



「極楽の魚たち」。これ、何にカテゴリー分けできるだろう・・・。図鑑?アートブック?うーんよくわかんない。

この「ファンタスティックダズン」シリーズは、昔の面白い(&驚異的な)彩色図鑑を荒俣宏が編集して、解説を付けて廉価版で出版したものなのです。廉価版、といっても結構高いので(そして割とスペースも取るので)買えなかったんだけど、某本屋さんのブックセールで半額になってたので、即購入です。ふふふ。絵のアイデア満載なんだ、これが。



で、この本はそのお魚版。「西洋三大図鑑」の一つになるという、ルイ・ルナール刊行の」モルッカ諸島彩色図鑑」を再編集したものなのだそうです。図は、サムエル・ファロワズという人の手によるものらしい。

ページをめくると、遊園地の遊具の配色かと思うよなカラフルな魚たちがお出迎え!形も模様も相当ユニークだなあ・・・なんて笑ってたら、この魚たち、結構本物に忠実なのだそう(当時としては)。えー!だってこのハリセンボンなんて、目つき怖いし、怪獣じゃない!似ても似つかないような気がするのに・・・(汗)

数百年前の図なのに、最近発見されたような特徴を捉えてる図なんかもあったりして、ファロワズの観察の細かさにびっくりさせられます。うーむ。





けれど!どうやら正確なのはこの本の半分くらいまでの模様。残り半分の写本になってくると、「それはないだろー・・・」とツッコミを入れたくなってしまうような化け魚ばかりです(好きだけど)。体にお日様の絵が描いてあったり(それも、何だか力が抜けるような情けない笑顔だ)、あるべきひれが全然なかったり、目玉が毬栗みたいだったり・・・。荒俣さんの「これはもう駄目だ」「悪夢を混ぜて作った模造品」等のコメントが笑えます。でも人間の想像力って、面白いなー。ちょっとこれ、特撮の怪獣に通じるかもね。



絵の下についてる、魚の名前&解説にも出来れば注目。大嘘ついてるコメントあり、何でそんな名前?ってくらい投げやりな命名された魚あり。隅から隅まで、楽しませてもらいました。



うーん、シリーズの他の本もいつか欲しいな。もうすこし小さい版があれば・・・でも、迫力薄れちゃうだろうなー。




ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/806-eadb12a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。