つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
タイトル通り、高校生が授業や受験問題で目にするような評論文に出てくる「これ、どういう意味かな?」というキーワードを説明した本。例えば、「イデオロギー」「アプリオリ」「現存性」・・・など、いきなり目にするとそれだけで「きゃーわからん!!!」と思ってしまいそうな(というか、ワタシは現役のころ、混乱していた)語句が、色んな切り口から詳細に解説されてるんだ。現代社会に沿った具体例が、理解を深めてくれるよ。



さて。高校を何年前に卒業したかは数えないようにしている、管理人ですが・・・。ほんとに「何でいまさら?」と思われそうだけど、現役時代も今も、「評論文」というものが苦手なのですな、ワタシ。けれどどんなに避けていても、ここに出てくるような哲学系の用語というのは結構お目にかかる機会も多いわけで・・・・思いきって、苦手克服の一歩のつもりで、読みました。折りしも、今のバイトでも使う言葉が多かった。



うーん、なるほどねえ・・・こういう意味だったんだー、と思うことしばしば。100のキーワードのうち、軽く八割の語句の意味を知らなかったことが判明(汗)。高校生でも、こういうのばんばん使ってる子もいるんだろうなあ。私はまだ、「どうやって使うか見当もつかない道具」の使用説明書を手にして、ふむふむと言ってるレベルですよ。これではまだ、言葉は言葉として機能しないなあ。

ここで例として出てくるようなシチュエーションのとき、自然にそういう語句が出てくるまでには、もっともっと思考力を養っておく必要があるなと痛感したのでした。



でも、そういうのよりも印象に残ったのは、「テクスト」の解説。ここに、作者を重視するんじゃなくて、あるテクストを別の文献や時代背景と絡めて読んでいく、という文学研究の意義が詳しく載ってたのです。私は大学時代文学部だったんだけど、知人に「文学部の勉強ってさ、つまりは好き勝手な読み方をするだけの自己満足の域を出ないものだよね?」と言われて悔しい思いをしたことがあったのです。「それって、なんか違う!」と思ったけれど、うまく反論できなくて。

でもここには、そのテキストをつつきまわすだけじゃなくて、新たな切り口を開拓することによって新しい創作的試みを行う、という意味での文学研究が載っていた。もちろんそれは、元のテキストに種をいくつも植えてそこから芽を出すようなものでなくちゃいけなくて、全くテキストをかすりもしない土壌に種を撒いちゃうと、やっぱり「自己満足でしょ」と言われても仕方ないのだけど、「あのときこういう風に反論すればよかった!」と今更ながら思うとともに、学生時代、あまりそういう自覚無く授業や卒論に取り組んでいた自分を恥じたのでした。ああくやしい!



そうそう、語の説明だけじゃないんだ。、本の最後のほうには、有名な哲学者や社会学者の紹介(ソクラテス、ヘーゲル、ニーチェ・・・など)が載ってます。語の説明のところにも、色んな哲学の流派が紹介されてるし、そちらも興味深いです(何言ってるのかわからないものもたくさんあったけど;)これを手がかりに、ぼちぼち哲学というものにも触れてみようかなあ、なんて思ったりしているのでした。いつになるかわかんないけど!
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/802-8954d16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。