つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
sayonaratree.jpg

その花は、あの子の白い手に似てた。
さよなら。さよなら。またいつか。


昨夜の「耳をすませば」は何度観てもやっぱり胸がきゅーん!でした。あの映画は、主人公と年が離れれば離れるほどリアルに感じられる映画な気がする。ふしぎ。
ラストは、何度観ても大声を出しながらのたうちまわりたいほど恥ずかしいけど(笑)・・・、主人公が無我夢中で小説に取り組んで、終わった後で大泣きするあたりには、何度も観てるのにやっぱりほろり。ファンタジックな映像には別の意味でほろり。主人公が大人しい文学少女じゃないからこそ、あのお話は生きてくるんだろうなー。

それにしても、骨董屋のおじいさま&主人公のお父さんは素敵すぎです・・・。落ち着いてるけど、言うべきことは言ってくれる大人。セイジ君より、あの二人にときめいてしまうワタシなのでした(笑)。

今日のは日記じゃないけど、まあ、いいよね。
ブックマークに追加する
ご無沙汰してました~。風邪?らしきものでダウンしてたんですが、なんとか回復してきたので(笑) 昨日のとまとめたコメントになります(^ ^)

みみをすませば――うーむ、私は、初めだけみて寝たよ…あれがリアルに感じられるまでにはまだまだ心の成長が必要なのかもね・・・? 前に観たとき、聖司がわざと雫より前に本を借りてたと知って、思わず「結局この雫って子、はめられたんじゃん!」とツッコミ入れたしなぁ―― あ、でも、雫が図書館で鉱石を調べてるのをみて、こう言うやり方があるんだな、と参考にしたよ。当時は思いつくままに書きなぐってたから(笑)。そんなこんなで物語の記憶は曖昧だけど…骨董屋のおじいさんがステキ!というのは同感です! 間違いなく「みみをすませば」いち魅力的な人間です!(ネコならムーンね)


ここからは昨日の分。実は私も、大学在学中に親とケンカしました。ケンカというよりは私が一方的に怒ったんだけど。
理由は音楽系に行かなかったこと。実は、自分でも選択肢にすら入れてなかった。事実、調べ物で某音大図書館に行ったときには、「100年に一つの金の卵を育てるために、青虫に夢を売ってお金を搾り取るところだ」と思った。小学校時代の友達が在籍してるのを割り引いても、そんな失礼なことしか思えなかったんだが…
それは、その道は一流か飢え死か、だと親が私に思い込ませた為なのだと思う。そんな理解しか出来ないくらい幼い頃に。学生時代だってずっと、親子の応酬は「どうせ食えない。」「そうだよね。」だったんだから。20歳を過ぎてようやく、一流でなくたって、講師になって食費くらいを稼いでいる人がたくさんいるのを知ったから、それなら私でも努力次第でできたかも、と思って悔しくなったんだ。

要は、親の無知を知らずに従った私が悪いんだけどさ。
ここまできたら、音楽に関してはラクで安くてかつ楽しい事しかやりません! 
いまもピアノに向かっては耳に入った曲の切れ端をつなげて、ウジウジと一人で弾いてます。そもそも習うもんじゃなく盗むもんだ。ピアノの先生って職業は、自分の言ったとおりにすぐ弾けない生徒に忍耐弱い人が多いみたいだけど、今の私なら、「こっちは遊びでやってるんだから熱くならないでよ」と腹で笑ってやるさ!

さてもっと現実的な話では(こちらは親にナイショなんだけど)、美学ではなくて語学の専門に進んでいたら、ビジネスチャンスという面ではメリットがあったかな、と思うことがしばしばあるんだ。でも当時は、そんな普通の決断はしたくなかった。「物語」作家の夢を捨てきれないでいるから、人がやらないことをしたほうが色々面白くなるんじゃないか、と…こうして思い出してみると、私の決断理由って結構いい加減だね(笑)
で話は飛ぶけど、風邪でダウンしている間にジュール・ヴェルヌを読み始めました。まずは「80日間世界一周」。淡々としてて、すごく好かった!! 児童書に入っているようなんだけど… ヴェルヌって子供向けなのだろうか?
【2006/03/11 Sat】 URL // 裾野 #vlba/D7Q [ 編集 ]
裾野さん、風邪大丈夫?最近ログが残ってなかったから、忙しいのかな、ひょっとしたら体調悪いのかな、って思ってたんだ。お大事にね(>_<)
メインの話題は、携帯から打つよりじっくりパソコンでレスしたいので週明けにまわして、映画と本のことだけ先にレスするね!

「耳をすませば」はね、恋愛のところには全くリアリティを感じていないんだけど、「いましかできないの」って雫ががむしゃらに小説を書いたり、追い詰められて悪夢を見たり、やっぱり「好きだけじゃだめなんだ」って悟るところとかに自分の体験を重ねちゃうんだ。(続く)
【2006/03/11 Sat】 URL // nekono #- [ 編集 ]
(続)盲目なエネルギーとか焦りとか、それを越えて少し自分の今の限界を客観的に見つめられるようになるまでの苦しみとか、そういうもの。たぶん、大学時代の投稿してた時期の心理状態が、かぶるのからかもしれないな…。正直、ほろ苦くもあるよ(笑)
あ、でも、セイジくんのあの作戦は、ちょっとどうなん!と私も思うわ(笑)

「八十日間世界一周」、面白いんだ!まだね、その人の読んだことないんだ~。我が家には「海底二万海里」があるんだけど(これも、児童文学として出てるなあ)、買って貰った頃には難しそうに思えたせいでほったらかしに…
【2006/03/11 Sat】 URL // nekono #- [ 編集 ]
大長編だけど、今度読んでみようかな~。またお互いの感想が話せたらいいよね!
また、「八十日間世界一周」の感想も聞かせてね(^_^)
【2006/03/11 Sat】 URL // nekono #- [ 編集 ]
傘の上も下もあったもんじゃない。って絵ですか?

「耳をすませば」は、やっぱりモヤった子供達に見せたい。
「好きなだけじゃダメ」なんだけど、
それでも作らなきゃ一歩も前に進まない。
情熱の発露ってやつですね。
その後は努力あるのみ。才能があればラッキー。
あああ、なんて無責任な(笑)。

今の子供には、情熱が足らない気がする。
情報過多なのかなあ。

ヴェルヌは「チワキニクオドル」感じです。ドイルのSFとかも。
地球上にもっと謎がたくさんあった時代ですからね。
【2006/03/12 Sun】 URL // キイチロウ #- [ 編集 ]
キイチロウさん、コメントありがとうございます!ヴェルヌ、血湧き肉踊る感じなのですか~。しばらくそういう感じの本にお目にかかっていないので、近々読んでみようと思います(>_<)SFといえば、丁度今読んでいるのがアシモフの本です。内容はSFじゃなくて、雑学コレクションなんですけど(笑)、これも何だかワクワクします!
最近の子供は情熱が足りない…そうですね、情報過多が今の子に与えてる影響って、だいぶあるかもしれないですね。何だろう…幼いうちに、冷笑的だったりクールだったりする態度を身に付けちゃう、というか。たぶんそれは、私たち上の世代(続)
【2006/03/12 Sun】 URL // nekono #- [ 編集 ]
(続きです)多分それは、私たち年上の世代の態度がもたらした結果なのかも、と考えると何とも…(涙)。
でももしかしたら、今の子供には昔の子供と同じ位の情熱もあるんじゃないかなあ、って思うこともあるのです。ただ、その発露の方法がよくわかんなかったり、「そんなの無理だ」って否定される前に自己防衛に入ってるんじゃないのかなあ…なんて。勝手な想像ですけど(汗)
上の絵、実はあまり深く考えてなかったのです(笑)私の中では、大きな花はお別れのイメージだったので、あんな感じになりました。
そう言えばもうじき、木蓮が咲きますね。
【2006/03/12 Sun】 URL // nekono #- [ 編集 ]
裾野さんに私信。んとね、コメントにするとすごい長くなって読み辛くなりそうだったから、メール送ります~(^^)
【2006/03/13 Mon】 URL // nekono #- [ 編集 ]
さんきゅう(私返信)。
いや~風邪が治って嬉しかったもんでついはじけてしまいました。マナーモードに切替、と…v-75
【2006/03/14 Tue】 URL // 裾野 #vlba/D7Q [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。