つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
imsobusy.jpg

そろそろバレンタイン。TOP・INDEXの節分絵をかえなくちゃー。イベントものは、寿命が短いのが難点。

WEB WINDYのほうも、そろそろ取り掛らなくてはと思っているのだけど、今回はさっぱり、いいアイデアが出ない。「温度」・・・。うーむうーむ、難しいなあ。
あ、2月号は多分、テーマイラストしか描けないです。絵本もどきはもう少し落ち着いたら、続きを描くよ。ごめん・・・(私信)。


近所を散歩。他所の家の玄関先に、水仙がぽっぽっぽ、と咲いてる。そこらの下水路に氷が張って、大きな石を取り巻く形で渦状の縞が出来てる。こういうもので、あー、2月だなあ、としみじみ実感。2月の花、というと、何となく水仙が浮かぶんだよね。

☆☆☆
ふとしたことがきっかけで、あー、私は「一人っ子」なんだなあ、ということを再認識。何を今更?という感じなんだけど。色々、思うところがあって。何を言われたわけでもないんだけど。

これまで私は、自分が一人っ子であるということを、自分の性格的欠点とか、あとは恩恵的な部分でしか捉えて来なかったんだけど。一人娘である、ということは、一人で負わねばならない責任があるということでもあるんだなあ、と、ほんとに急に認識した。大きな石が、ズガーンと降ってきた感じで。
庇護されてる時間が、永久に続くわけじゃないんだよなあ。徐々に、徐々に、守られる立場から、守り、支える立場に変わらなければならないということをすっかり忘れていた。

そして、考えたくはないけれど、いつかは「ひとり」になるのだということも。
この場合の「ひとり」と、私がしょっちゅう言ってる「一人になりたい」という言葉の絶対的な質の違い。全然、覚悟なんて出来てなかったけど、もう、そういうことを考えてもいい年なのだ。

一人で生きていく覚悟、なんてほんとは全然できてないんでしょう?だけど考えておかなきゃ駄目だよね。老いていく親を支える力も、つけなきゃいけないんだ。
わたししかいないんだ。こんなふうに、ひょろりとしていてはいけないんだ。

人にすぐ甘えちゃう、泣き言が多い、ワガママ、人と上手く付き合えない・・・大抵「一人っ子の欠点」として言われる性格的欠点を、私は全部持ってるのだけど(汗)、周りの一人っ子の友人たちは全然そんなことなくて、寧ろものすごくしっかりしてるので、どうしてこうも性格が違うんだろう?ってずっと思ってた。もしかしたらこの自覚の違いとか、「一人っ子である」ということに対する捉え方の違いが、根っこにあったのかもしれないなあ。私って、ものすごく子供だったんだな、やっぱり・・・としみじみ思った日でありました。(だからなんなんだよ!って言われそうな日記でごめん・・・。殆ど、自分の頭の整理のために書いてるんです;)

さて、ぼちぼち、「図書館概論」の勉強も始めなきゃね。反省したところで、学業再開、ですわー。
ブックマークに追加する
「人間はひとりである」
「人間はひとりじゃない」

どちらもまぎれもない実感だと思います。
前者は生物の基本的な本質で、後者は社会的な本質だと。
人間は社会でひとりでは生きられないけど、でも生き物って、もともとひとりで生きるようにできてたはずなんですよね。その矛盾。
というか、重複してる。近年ほんと実感しました。

田口ランディさんの「できればムカつかずに生きたい」にも、家族のことがしばしば出てきます。
もしかしたらその中にイチリアル、かもしれません。

【2006/02/10 Fri】 URL // こつ #- [ 編集 ]
こつさん、おはようございます。わー、こんなプリミティブすぎる雑感にお付き合いくださり、ありがとうございます(><)この年までそんなことがわかんなくてどーすんだ、と読み返して少々恥ずかしくなってたところだったので・・・。

「できればムカつかずに生きたい」には、家族の話が出てくるんですね~。最近、色んな意味で家族について考えることが多いので、近いうちに読んでみようかな、なんて思いました(^^)ランディさんの、全くの未読なのです、実は・・・。

「ひとり」であることと、「ひとり」ではないこと。
ずっとずっと幼い頃、社会的な意味において「人間なんて、ほんとはひとりなんだから」なんて、うそぶいていたこともあった頃をふと思い出しました。あれからオセロみたいに何度も価値観をひっくり返しひっくり返されて、この日記に書いたようなことが実感として分かるまで、随分かかってしまった気がします。

こつさんのコメントを読んで、人間の持つ性質って、横から見たオセロ駒の一つみたいだなあ、と思いました。白だけでも、黒だけでもなりたたないはずなのだけど、ときどきその一方しか見えなくなる。
私は、ついついどうしてもそのとき表に出ている一方の色しか見えないときが多いのですけど(今回の日記も、ややその傾向ありですね)、こつさんみたいに、ちゃんと盤面を真横から見て、白と黒の両方を意識することができるようになれたらよいなあ、と思います。
うーん、がんばろう・・・。

色々考えさせられる書き込み、ありがとうございました(コメント返しが見当はずれだったら、ごめんなさい;)。
【2006/02/10 Fri】 URL // nekono #- [ 編集 ]
何を隠そう私もひとりっこです^^;
まあ、ひとりっこは色いろ困ったちゃんですね。
私も結構似たところがありますよー

とりあえず、ぬくぬく育ってしまう環境ですよね。
おやつの取り合いもなければ、お父さんやお母さんの愛情の取り合いもないしね。

でも、自分の世界にひたれるというのも、ひとりっこの得意なところで、よい面を生かしていきまひょ。
困ったところは、徐々によくしまひょ。

両親のことはこれからの世代の人の重量な問題。
思う気持ちがあること、すばらしいと思うよ。
兄弟姉妹がいても責任のなすり合いなんて醜い話もきくからね。
【2006/02/11 Sat】 URL // aibon #FIYNZbEU [ 編集 ]
aibonさん、こんにちは(^_^)
わ、aibonさんも一人っ子仲間でしたか!そうですね、「自分の世界に浸る」っていうのは、まさに一人っ子の得意とするところですよね(笑)。私が絵や読書に集中するようになったのも、多分一人っ子という環境によるところ大だった気がします~。
うん、一人っ子ならではの長所をのばしつつ、もっとしっかりしなきゃという部分は徐々に直していけばよいのですよね(^.^)今はまず、自覚したということで初めの第一歩かな、と思っております(笑)♪

ではでは、また。いつも優しいコメント、ありがとうございます(>_<)
【2006/02/11 Sat】 URL // nekono #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。