FC2ブログ
つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
yuudouhyoushiki.jpg

別館Web Windyに、作品を一枚追加しました。そんなわけで今日のこちらはラクガキ。
もう何枚かは、ぼちぼち更新していきます。どんな状態でも絵だけ描けるなんて、矛盾している。

☆☆☆
まだちょっと気分的にぐらついているのですが、一区切りついたので、金曜日からのことを書こうと思います。この日記を書いた後で、コメントやメールに返信をするつもりでいるのですが、まだうまく文章がまとまらないので、メールは明日まで遅れてしまうかもしれません(><。)不義理でごめんなさい~(号泣)ううううう。

ここ最近コメントで励ましてくれたオン&オフのお友達に対してとても申し訳無いのですが、教習所、頑張れませんでした。今日正式に、退校の手続きをしました。

残りは、それについてごちゃごちゃ書いたものですので、言い訳がましい&メンヘル寄りの文章が苦手な人は、ここでストップしてください。

ランキングに参加中ですe_03.gif  にほんブログ村 イラストブログへ

教習所のこと。
オフの友達と、以前からのオンラインでのお友達が知ってるとおり、私は大学を卒業して以降、殆ど就労経験がありません。それどころか、学生時代にはバイト一つもしなかったし、卒業以降に紹介してもらったバイトも、基本的に、「はい」「いいえ」「わかりました」プラス愛想笑い、だけで対人関係は事足りるようなものしか出来なかった(もちろん、これはそのバイトが簡単だった、という意味じゃないよ!私信)。それですら、たまに人と接することが多くなると失敗して、折角紹介してもらったにも関わらず、それ以降、お仕事を引き受けようとはしませんでした。どうしても、知らない人や叱責への恐怖心を克服できなかった。
だけど、いつまでもこんな生活してちゃいけない、っていうのはわかる。だから何とか、「これは私はちゃんと身につけた」っていうスキルが欲しいと思いました。叱られても、それがあれば何とか自信を失わないでやっていける気がした。そうしてやり始めたのが、図書館司書の勉強です。心から司書になりたくて勉強している人からすれば、とんでもない話だと思います。すごく不純な動機だ。だって、ほんとは絵がやりたいなあ、だけどそこにストレートには辿りつけないから、自信をつけるために、まずはそこそこ好きな本の仕事につこう、なんて。甘い。
その勉強も、最後の「児童サービス論」を残すだけになって。とりあえず、レポートも試験も受けてしまって、やっぱりさらに動かなきゃならないと思った。それで、教習所に行くことにしたのです。自動車の運転に必要性を感じたわけじゃなく、対人恐怖症的なところを克服しよう、指示に対して機敏に反応できるように訓練しよう、と思って。教習所に行くと決めたとき、父はものすごく喜んでいました。だって、数年ぶりに娘が「まとも」になったのだから、嬉しかったのだと思う。私も、これから徐々に良くなるんだと能天気に考えてた。これで、働いてる友人たちに会うのを躊躇しなくても、絵を描いてる自分に罪悪感を感じなくてもよくなるんだ、なんて思ってた。

けど、実際は結構失敗の連続で。でも、なかなか運転できないのは実はそんなに苦じゃなかったのです。運動神経、もともと良くないのはわかってるし、それは努力次第でいつかはどうにかなるだろうと思ってた。だけど、教習所の雰囲気や、教官の注意に対して過敏になる反応だけは、自分でコントロールできなかった。それどころか、毎回毎回、どきどきや息苦しさがつのってきたり、ちょっとしたことで涙が出そうになってくる回数が増えて、それが一番怖かった。けれど、優しいアドバイスを沢山頂いて、それをできるだけ実行してたら、徐々に、落ち着けるようになった。水曜日なんて、それでだいぶ調子がよかったのです。このままなら、だんだん慣れるかなあ・・・と思ったのだけど。
お休みの木曜日、自主練習から帰ってきたら、ポストに大学からのレポートが返って来てた。結果は・・・「一部再提出」。噂の赤ペンびっしり添削で、直すところがいっぱい指摘してあった。全体の講評はボロカスではなかったんだけど、そしてある程度この結果も予想していたんだけど、ものすごく、落ち込んだ。まだこれをやらなきゃいけない、この結果が返ってくるのはいつだろう。私はいつ、まともに働けるようになるんだろうと思って。冷静になれば、また書き直せばいいだけのことなんだけど、そのときはびっくりするくらい凹んで、それでそのまま、金曜日の技能教習になって。
始まる前から、全然、集中してなかった。ずーっとレポートのことが頭をぐるぐるしてて、初めなんか、どきどきしてるけど上の空で、ハンドルが宙に浮いてるような運転で。こんな状態では、先生がものすごく苛立つのは当たり前で、それまで割とあっけらかんとしていた担当教官に、かなり厳しい口調で怒られたのです。そりゃ、あのぼんやり加減なら、どんな先生でも、怒るよ。

だけど、その後からの自分がおかしかった。一気に恐怖感がピークになって、また馬鹿みたいに涙がだらだら出るわ、汗びっしょりになるわ。ずーっと、コンクリートの上を金属のものを引き摺るような音がガリガリ聞こえてて、何か怒ってる先生の声が、あんまりよく聞こえない。どうもめちゃくちゃにハンドルを切って、全く指示と関係無いところで曲がったり止まったりしたみたいなんだけど、あんまり覚えてない。ただ、終わった後すぐトイレに駆け込んで、思いっきりリバースして(汚くてごめん)、次の時間まで泣いて、それからもう一時間教習を受けて、帰った。なんだあいつ、無様だなあ、って、周りの人の目が言ってるような気がしたけど、それはたぶん、自意識過剰というやつでしょう。
がっくりして帰ったら、ナイスタイミングで、こんどは試験の結果が返ってた。初めて「不可」という結果表示を見た。たくさん書いて、手応えがあっただけに、これもショックで。ここ一週間くらいの失敗を全部並べて反芻していたら、なんだか頭がぐちゃぐちゃになった。できないできないなんにもできない。部屋で奇声を発してごろごろ転がってるとこを、母に見つかって、長いこと話をした末に、今回はもう、やめようということにしてしまったのです・・・。
「もうやめよう、今回は休もうよ、のんびりいこう」と言ってくれた母の言葉が、情けないことにものすごく、救いだった。ほんとに、なさけないけど。

教習所、もう一週間頑張れば、この恐怖感を克服できたのかもしれない。だけど、もうどうやっても、頑張る自分の姿がイメージできなかった。次は車内で吐くんじゃないか、教官に向かって喚いてしまうんじゃないか、それどころかアクセルでも踏んで、わざと障害物にぶつかろうとするんじゃないか、っていう、自分自身への恐怖感がどうやっても拭い去れなかったのです。土曜、日曜、月曜日になっても、ダメだった。それどころか、キャンセルしてなかった技能教習のことでかかってきた教官からの電話すら、自分で取れなかった。どうしてできないんだろう?多分、ほんとは少しも怖いことじゃないはずなのに。どうしても、自分の甘えだ、という考えにしか行きつかない。
今回は責められなかったけど、やはり父の落胆ぶりは、隠せないものがありました。申し訳なさ過ぎて、はなしかけにくい。うう・・・。

正直まだ、自己嫌悪というか自己憎悪的な気持ちからは抜け出せない。だけど、やっぱり、きちんと働けるようにはなっていかなきゃならない。お休み中考えて、とりあえずまず最初は、「児童サービス論」の再レポ&再試験を受けて、それから事務が出来るように、きちんと一度パソコン講習を受けることにしました。アドバイスしていただいたように、「ゆっくり・マイペース」にでも、進んでいければいいのだよね、たぶん。今回のは運動神経もネックになってたから、できないこともあったのだ・・・と思う。きちんとゆっくり指示を聞いて覚えていけるパソコンならば、もうすこしきちんと出来るのではないか・・・と信じたい(弱気)。これもできなかったらどうしよう・・・いやいやいや、前向きに(;;)働けるのいつになるかわからないけど、ちゃんとお金を稼ぐ身分になったら、とにかく親にお金を返そう・・・。

・・・ただ、しばらく、もうちょっとだけ、心が元に戻るまで、お休みを貰おうと思います。それからちゃんと、歩くよ。

ものすごく長い独り言になっちゃった。ここまで読んで下さった方、ありがとうございます。自分でも、こんなことまで日記に書くのは、自分が精神的露出狂なのか、露悪趣味なのか、単純に同情を欲しているのか、はたまたその全てなのか、よくわからないのですが(xx)ただ、客観的に自分のやったことを書いたら、ちょっと落ち着いた気がします。明日からは、いつもの日記に戻ります。 ブックマークに追加する
おつかれさま♪
おーおー、色々自分の中で葛藤があったみたいですね・・・
でも、逃げ出したなんて思っちゃ駄目です!
自分が決めた決断は正しいのだと思うときが来るはずです。

人は辛い時に自分をさらけ出してしまうことがあります。
しかし、それは当然のことなんですよ。
自分でどうにもならなくなったときに人は
他の人にそのことを話すことで楽になれます。
それは「人」が「人」である故にのことですよ。

悩んだとき、迷ったとき、人は自分の中で「答え」を必ず持っています。
でも、その「答え」に踏み切る勇気が無い時に他の人に
「勇気」を求めます。
それで良いんです、一人で抱え込むほうがもっと危険!
つらいときは泣きなさい、楽しいときは笑いなさい。

自分は他人にはなれません、他人は自分にはなれません。
だから「普通」と言われるレベルはとても難しいんです。
でも、羽ばたこうとしたじゃないですか?
必死になってもがき苦しんで失敗したじゃないですか?
「失敗しない人間」なんて人間じゃないです。
人は失敗してはじめて成長するんです。
だから新しいことにチャレンジしましょう♪
昨日までの自分に囚われちゃ駄目ですよ。


最後の最後に教習所話・・・身近な実話
うちの妹は運転免許の最終実技試験の時に事故に合いました。
二重追い越しをして急ブレーキを踏んだ車に追突です。
ニュースにはならなかったけど新聞には載りました。
一応免許の試験は後日再試験を受けて合格しました。
でも、うちの妹はもう2度と車の運転なんてしたくないと言います。

人生どんな判断が正しいかなんて判ったもんじゃありません。

無駄だと思ったことが後になって役に立つなんて事は良くある事です。


・・・長々とゴメンナサイね。
【2006/07/03 Mon】 URL // たらの字 #- [ 編集 ]
自殺でもしないかと冷や冷やしていました。(^^;A

まぁ。。。なんですか、車の免許が無くっても世の中生きていけます。(笑)
変な話、ニートなんか人と対面せずに生きています、勉強する訳でもなく何をする訳でもなく飯だけ食っているのです。(死)
それに比べればどれ程、真面目に生きている人間と思えるでしょう?

それに対人は慣れです。とにかく出来る事から自信をつけてみる方が良いかも、例えばコミケなんかに出店して自分で売って見るのも一つの手かもしれません。
人間、手に職をつけないとと言われたりしますが、何をどうすれば良いのか、それが解れば大抵の職種は誰でも出来ます。変な話、5教科の勉強って実はそれなんです。だから逆に学校の勉強って面白くないんですけどね、過程が無視されてどうすれば良いという暗黙、短調的なものが複雑になっているだけだから。(^^;A
(↑クリエイティブ系以外の職種)

あと、本当に仕事の能力のある人ってそうそういないと思いますよ?
正直、日本ってヤバイです、30代までの人間で各会社のノウハウを蓄積出来ている人って殆どいませんから。理由は正社員を削って派遣や契約ばかりを雇ってきたからです。
アメリカの景気に陰りが見えている為、1年後にまた不況が来ると今度は本当に日本の経済自体が危ういです、技術系の会社がまた大量に倒産するでしょう。生き残れる会社は転売や手数料で利益を上げる営業職です、恐らく株やローン、銀行系の会社は今後景気が良くなるでしょう。
日本は資源も無ければ自給自足も出来ません、それに技術を失ったらどうなるか、貿易が成り立たなくなるのは目に見えています、スパイラル状態になるのは当然の成り行きです、この危機感を政治家も世の企業も余り深刻に受け止めていないという事です。
そして人間、誰でも対人関係が万能な人っていないです、必ず苦手な人がいますし、堂々としてたり落ち着いて見えても実は内心で多少のびくつきは持っている筈です。就職活動の時、指導の先生に言われませんでしたか?苦手なら相手のネクタイを見ておきなさいって、それです。(死)

そうそう、車の運転って多少でも楽しく思うか、目的が無いとなかなかやる気出ないです。次に教習所に行く時は運転する事が楽しいと思える様になれると良いですね。ちなみに私は講義ばっかし受けて実技をため込んだ上、仮免時効の数日前ギリギリで卒業しました。(死)
↑授業中のビデオはバック音楽ばっかし聞いて授業の内容を聞いていなかった人。(←阿呆)
【2006/07/03 Mon】 URL // 穂樹 #mQop/nM. [ 編集 ]
・・・もぉそんなに自分を責めなさるな。
人を怖いと思う事、自分をダメだと思う事、誰にだってあるさ。
出来ない事だっていっぱいある。私だって内心ブルブル震えながら今まで色んな事を
何とかこなしてきたよ(-"-;A ...そりゃもぅ必死で。
死ぬ程恥ずかしくて転げ回りたくなったり発狂しそうになる事だってそりゃもぅ沢山;;

人間恥をかいて生きて行くもの。成長していくもの。
他の誰かに頼って助けてもらって生きていくもの。いわゆる「普通」でいる為に必死なのです(^^;;

高校生の頃喫茶店でバイトしてて追加注文を書き忘れてお客さんがもういらない!って
帰っちゃって、マスターに何で?って訊かれても言えなかったし
レジで『声が小さくて金額がいくらかわからないっ!』って男の人に言われて
怖くて益々声が小さくなってもっと怒られて。。泣きそうになったり
お客さんがバナナジュースを注文したのに店の人がオレンジジュースを何故か作っちゃって
私気が付いたのに言えなくて・・そのままお客さんに出した(ρ_;)
そんなんばっかでもぅ嫌で嫌でたまんなかったさ~!自分がっ!!;;

未だに恥ばっかかいてるけど、もう開き直ってしまったよ☆(^^;;
『すんませ~~ん!!バカなんですぅーーー(>▽<;; 』って。
そしたらみんな笑って許してくれた;;nekonoちゃんはバカでない分私よりずっといいさ!笑

お互い何とかこの世界と折り合い付けてやって行きましょう・・(メ●´__________`●)
【2006/07/04 Tue】 URL // みき。 #- [ 編集 ]
ぼくにとって、本当に人生で本当に逃げ出したい、と思った出来事ベスト5に入るのが、自動車教習でした。

ぼくは合宿でした。山形の方言で、毎日どなられました。

仮免が通っても本当に憂鬱で、一度やめようとしましたが、仮免まで通ってるし・・と受付のおばさんに説得され、なんとか続けました。けどそのときは、本当に無理だと思いました。
自動車教習は命がかかってるぶん、けっこうきびしいのでしょうね。

本当にしんどいことはやらんでいいと思います。ぼくも結構投げ出したり、あきらめたり、たくさんします。

しんどいけど続けられることは、もうちょっとだけやってみたらいい。
絵を描くことだって文字を並べることだって、楽ではないのと同じように。

精神がつよくなる、というのもよくわかりません。

今までで、自分にとって楽しかった出来事を並べてみるだけでも、なんだか良い気分になれます。

「座って半畳、寝たって一畳」でいきましょう~
【2006/07/04 Tue】 URL // kotsu #- [ 編集 ]
う、う、う(涙)ありがとうございます…
ううー、こんなに暖かい励ましのお言葉やアドバイスを一杯頂いているにも関わらず、全然レスができなくてすみません~!携帯からだと一度に少ししか送れないので、明日改めてお一つお一つにきちんとお返事いたしますね(>_<)
コメント、ほんとに嬉しかったです…ありがとうございました(;_;)
【2006/07/04 Tue】 URL // nekono #- [ 編集 ]
おへんじそのいち:たらの字さんへ
たらの字さん、こんにちは(><)力強い励ましのコメント、ありがとうございました。「でも、羽ばたこうとしたじゃないですか?」という一言に、本当に救われた思いがいたしました・・・(涙)

弱さをさらけ出してしまうことは「人」であるが故というお言葉、何度も噛み締めています。ここで何度も「弱い自分」をさらけ出してきたにも関わらず、そのたびに自分の中で「他の人はぐっとこらえる理性があるのに、どうして私はこう甘ったれているのだろうか」という葛藤があったのですが、たらの字さんの仰った言葉に、少しだけ自分を「これでいいんだ、こういうときもあるんだ」と肯定してあげられそうです(あ、でももちろん、全肯定してはいけないし、堪えられそうなときまで泣き言を言ってはいけないですよね;;;)

ひとしきり泣いて迷ったら、後ろばかり見ずに次の一歩を踏み出していこうと思います(><)ほんとうに、有難うございました!

追伸:妹さんの事故、そんなことがあるの!?とびっくりしました・・・(汗)最終実技試験、路上だったのですね・・・。命に別状のない事故で良かったです(><)でも、そんなことがあったら、確かにその後車に乗るの、怖くなってしまいますよね~。ううう・・・。
【2006/07/05 Wed】 URL // nekono #- [ 編集 ]
おへんじそのに:穂樹さんへ
穂樹さん、ほんとうに、ほんとうにご心配をおかけしました・・・(涙)コメントを切っている間も、毎日ブログを覗いて下さっていたのですよね・・・ありがとうございます。あの日記の辺りは本当に客観的な目というのが失われていて、一番書いてはならないような事を書いてしまいました(過去にも何度か、そんなものがありましたよね・・・懲りない!)。うう、申し訳ないです~!(平伏)

そうですね、対人はやっぱり、慣れや場数、ですよね(><)いきなりハードルを高くせずに、少しずつでも人と関わる体験を積んでいこう・・・と思っています。ついつい失敗に懲りて、しばらくは貝のように引きこもってしまうのが私の悪い癖なのですが(苦笑)。く、くじけません・・・!
そして誰しも程度の差こそあれ対人関係が苦手というご指摘、ほんとにそうだと思います。私から見ると「あんな風に積極的に人と関わっていけたらよいのに・・」と羨ましくてならない友人たちだって、内心はものすごく対人関係でドキドキして、気を遣っているのだと聞いた事があります。社交的な人たちは、私の何倍も努力して、あれだけの社交性を身につけているのかもしれません。持って産まれた能力の差だなんて思わないようにしなきゃですね~。
そうそう、就職活動の指導の先生・・・というのがいるのですね・・・!(驚愕)もしかしてうちの学校にもいたのかもしれませんが、就職系のことは殆ど学校からは言われませんでした(^^;)あ、でも「ネクタイ」の話は、高校受験前(太古の昔)に中学の先生に言われたような気がしますっ。ネクタイの結び目、見るんですよね(^^)

車の運転、ほんとに今度取ろうとするときには、心から「乗りたい」と思ったときにしようと思います。日本一周旅行に出たくなったとか、そういうときに(笑)!そんなときが今後来るかどうかはわかりませんが、その時には、もう少し自分に対して肯定的になれていればいいなあ、と思います(^^)

たくさんのコメント、ありがとうございました(;;)(そしてメール、数週間止まっててごめんなさい><今週中にはお返事を出せる予定です~)
【2006/07/05 Wed】 URL // nekono #- [ 編集 ]
おへんじそのさん:みき。さんへ
みき。さん、コメントにメール、本当に有難うございました・・・(;;)ほんとうに助けられました。

みき。さんも色々な経験をされて、今のような優しくて心の広いお母さんになったのですね・・・。昔の失敗談のお話、とても勇気付けられました。お話してくださって、有難うございます(><)躓いたり転んだり恥を掻いたりしないと、越えていけないものもきっとありますよね(><)今回のことも、その一つだったのだと思い始めています。ダメージが大きかった分、得たものもきっと大きいのですよね・・・!

人間は「他の誰かに頼って助けてもらって生きていくもの」というの、きっとそうですね・・・。今回の痛手も、お話を聞いてもらったりアドバイスを貰ったりしていなければ、正直乗り越えられなかったと思います・・・(;;)私も他の人の苦境に、きちんと手を差し伸べられる人でありたいと思います・・・!自分自身の苦悩ばかりにがんじがらめでいるのは、あんまりですもんね~(^^;)

コメント、本当に有難うございました。恥もかきつつ、べそもかきつつ(笑)、世界と喧嘩したり仲直りしたりして、ぼちぼちいきたいですね・・(^^)
【2006/07/05 Wed】 URL // nekono #- [ 編集 ]
おへんじそのさんの追記(みき。さんへ)
大事なことを書き忘れました!みき。さんはバカなんかじゃないです~~~!決して(><)日記の文章やいつものコメントからも、心の細やかさや思慮深さがいっぱい伝わってきますし・・・(^^)

追記でした(笑)
【2006/07/05 Wed】 URL // nekono #- [ 編集 ]
おへんじそのよん:kotsuさんへ
kotsuさん、お久しぶりです~(><)ブログお引越しなさったんですよね(^^)今度のブログも、楽しく読んでいます♪

そしてコメント、有難うございます(><)そう、kotsuさんも教習所で苦労なさったのですよね・・・確か以前ブログにもちらっと書かれていたと思いますが、思っていた以上に辛い思いをして、でも頑張って取得なさったのですね~(;;)人生で逃げ出したいことベスト5に入るくらい辛いことを完遂されたのですから、心から尊敬いたします~!

にも関わらず、「本当にしんどいことはやらなくてもいい」と言って下さって、ありがとうございます・・・(;;)私はkotsuさんの十分の一も色んなことに挑戦していないにもかかわらず、その多くを放り出してきたので、お恥ずかしいのですが・・・、それでも、とにかく「それでもまだこれは頑張れる」と思っていることにだけでも、かじりついていきたいと思います。

そうですね、絵も、言葉を紡ぐことも、必ずしも「楽」だったわけではないですよね・・・。もうずっと、そのことすら忘れていました(目的が「逃げ」に変わりかけていたからかもしれませんが・・・)。思い出させて下さって、有難うございます(><)

自分にとって楽しかったこと、とか、自分の好きなものを思い出すのって、確かに良い気分になれますよね~(^^)早速、実行中です。うん、豆電球から白熱電球一個分くらいに、心が明るくなってきました(笑)♪この調子、この調子、ですね!

「座って半畳、寝たって一畳」、いい言葉ですね(^^)心のどこかにぺたりと貼りつけて、ぼちぼち、頑張って行こうと思います!

コメント、有難うございました。日記の更新、密かに楽しみにしていますね~。お仕事(などなど)、頑張ってくださいませ~!

【2006/07/05 Wed】 URL // nekono #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード