つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
tobiraten_tobira1.jpg
「かくれて泣くための部屋」


tobiraten_tobira2.jpg
「ひみつの恋の部屋」


tobiraten_tobira3.jpg
「ひとさらいの部屋」


前回アップした「扉を略奪された街」とセットで壁展示した、ミニ扉たちの一部。扉を開くと絵が出てきて、扉の裏側にはタイトルが貼り付けてある、という形でした。水彩用紙、アクリルガッシュ、それに色画用紙。扉の切り方ががたがたなところに、不器用さが垣間見えるのは・・ご、ご愛嬌・・ということで。それでも興味を持って開けてくれた方が少なからずいたようで、うれしかったです。

もう少しかちっとした素材で作りたい、凝った演出にしたいという気持ちもないではなかったのですが、これまでいくつか展示をしてみて、「あまり背伸びしすぎると、工作部分に気を取られて絵の内容が中途半端になる」ことがいつも後悔として残ってしまってたので、今持ってる技術で最大限やれることをする、と今回は割り切りました。
でもちょっとずつ、見せ方にももう一工夫できるようになれたらいいなあ。イベント前にドロナワ式でやるんじゃなくて、普段からあれこれ試しておくのがいいんだよね、きっと。

☆☆☆
ところで。
前々回ちろっと書いたプラバン(この年までプラ板のことを「プラパン」と発音してたのですが、あれはプラバン、と読むのね・・・。知らなかった・・・)アクセサリー、こないだちょっと試作してみたのです。ポスカ(乾くと油性になるマーカー)で線画を入れて、焼いて、そんでもって裏側からアクリルガッシュで色を塗ったの。

で、こうなりました。(お隣の絵はプラバンに絵を移すときに使ったもの。原画を拡大してだいたいB5サイズにしたんだよ。かなり縮みます)
IMG_0879.jpg

焦げたらどうしよう、って焦ったせいなのか、取り出してから重しをかけるまでにもたもたしたせいか、なんだか板がちょっと波打っているのです・・・。そしてプラバンに結構厚みがあるものを選んだせいか(あれはいくつか種類があるみたい)、線の部分と色塗りの部分が少しずれて見えるのが気になる><線も思った以上に目立ってしまって、ちょっと成功とは言い難い感じになっちゃったんだけど、せっかくの試作第一号だし、自分のカバンにでもちょこっとつけてみるかなあ。
初回にいろいろ失敗したことによって、気を付けるべきところがなんとなくわかったので、次はもうちょっとうまく作れるといいな。今度は線をもう少し控えめに、普段の絵に近い感じで作ってみよう。絵の合間に少しずつ、練習してみようと思います。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード