つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
20130806chou1.jpg


「蝶1・標本箱のゆめ」

☆☆☆
※注意!!!!今日の記事には蛹および蝶の画像がたくさん含まれます!!!!虫が苦手な方は追記をクリックしないようにしてください><※

前回のアゲハの成長記録、載せて大丈夫だったかなぁ・・・とちょっと心配していたのだけど、思いのほか楽しんで見て下さった人が多いみたいで一安心(*・v・*)ほっ。
そんなわけで、後編は羽化当日から無事旅立っていくまでの記録になります。「つづきを読む」で写真がいっぱい出てくるので、今回も苦手な方はここでストップしてねー。では、いきます☆
まず、前回のおさらい。これが当日の朝です。この後どんどん蛹は透明になってゆき、次第に羽の部分の細かい模様も見えるようになっていきました。
sanagi_3.jpg

そしてお昼過ぎ。一度ものすごく透明になった蛹は、頭の方だけ少しぼやけた感じになっていました。これはそろそろなんじゃない?まだかな?とそわそわしながら蛹に目をやった瞬間、

お!
(このとき、かすかにペリペリって蛹が破ける音がしたのはたぶん気のせいじゃないとおもう)
uka_1.jpg

おおお!
uka_2.jpg

おおおおお!頭が出てきた!
uka_4.jpg

枝につかまった!がんばれ!(ここで思わず大声を出してしまった私)がんば・・・
uka_3.jpg

「ズルッ。」・・・!!!?
uka_5.jpg

・・・この間、十秒かかるかかからないかくらいでしょうか。蛹の頭の部分が開いた!激しく動いてる!出てきた!と思った瞬間、一気に全身が出てきて、そのときにはもう上のように葉っぱにぶら下がってたのです。びっくりした・・・なんという早業!
蛹によってはこの段階でうまくいかずに、かわいそうなことになってしまうよう。この子はものすごくスムーズに羽化できたんだろうなあ。小柄だったのも幸いしたのかしら。関係ないか。

さて、羽化がすんだら、今度は羽を伸ばさなくてはなりません。くしゃくしゃだった羽はみるみるのびて、下のようなきれいな羽に。ここまではほんとにあっという間。


羽が一応のびたので頑張って乾かしてます。最初は羽を少し動かすだけだったんだけど、次第に活発になっていき、時々羽を開いたり閉じたりし始めました。ちょっとラジオ体操の深呼吸に似てるなと思ったよ。
手前のは、さっきまで入ってた蛹です。こんな狭いとこに入ってたのねえ。
chou_1.jpg

で、二時間ほど経過した頃でしょうか。
「羽化後三時間ほどで飛び始める」って聞いてたので油断してたのです。二時間半くらい経ったらベランダに鉢ごと出しておいてやればいいかな、って。そしたらいきなりこれ。

バッ!!!!!
chou_2.jpg

鉢からいきなり飛び立って床にボトリと落ち、あわてて近くのマガジンラックによじ登ったところ。気が早いよ!もうちょっとゆっくりしてけばいいじゃない。
背中側の模様は意外と黒が多くてシックなんだなあ。
chou_3.jpg

しかしやっぱり早く外に出たいのか、しばらく羽を休めてはまた飛び立って低空飛行、を繰り返し始めたアゲハさん。羽が傷つくんじゃないかと気が気ではない。なんとか外に出さなくてはと、部屋で育ててた水栽培ペチュニアのボトルを近づけてみました。ほらほら、花の蜜があるよー、こっちに移ったら外に出してあげるのよー
gensen_1.jpg

「・・・・・・」あんまり気持ちは伝わりませんでした。このあとまた飛んだ。そうそうこの段階で、お尻から余分なお水を出してました。体軽くしてるのかな。
gensen_2.jpg

これはコピック入れの籠によじ登ったところ。ここはなんとなく気に入ったみたいで、ゆっくり準備運動してた。めげずにペチュニアを近づけて、ようやく茎に上らせることに成功。おそるおそる部屋から出て、無事ベランダに移動させることができたのでした。
chou_4.jpg

網戸越し。
sudachi_1.jpg

どアップ。口、くるんとしてますね。あとお目目真っ黒でかわいいね。
sudachi_2.jpg

そして最後の写真が前回貼ったこれでした。
gensen_3.jpg

ベランダに出してからおよそ一時間くらいかな。外に出してからは、見てないうちに飛んで行っちゃう可能性が高いと覚悟していたのですが、「まだいるかなー」と思って外をのぞいたそのタイミングで、アゲハはペチュニアから飛び立ちました。
飛び立った瞬間風にあおられてべしゃりと地面に落ち、そのまま風に飛ばされかけて肝を冷やしたけれど、次の瞬間彼(彼女かも)はうまく風に乗り、力強く羽ばたきながらベランダを越え、そのままお隣の庭のほうへと消えていきました。あ・・・あ、もうちょっと家の周りを飛んでくれてもいいのよ・・・?(涙)無事に育てた嬉しさを噛みしめつつ、割と本気で心にぽっかり穴が開いたような気持ちになってしまいました(;v;)さみしーい!わーん!

思えば今の家に来て何度か縁あって虫の幼虫を育てる羽目になることがあったのですが(冬場に取り込んだ植物に幼虫がついてたりとか、もらったバジルに青虫ついてたりとか)、無事に成虫にして送り出せたのはこのアゲハだけだったの。ほかのは蛹になる段階で放してやったり、真冬に羽化させちゃってかわいそうなことになったり、ついぞ蛹のまま出てこなかったりだったんだ。そういう意味でもうれしかったのです。あと、変な話だけど、この子が蛹から成虫になるということに、なにか自分の未来の願掛けをしてるようなとこがあったのかもしれません。えへ。

アゲハ蝶が成虫としてお外を飛び回るのはだいたい三週間くらいだそう。私たち人間の時間からいうとあまりにも束の間の命だけれど、生き物にはその大きさに応じた時間が流れているはずだから、きっと彼らの一日は私の一日よりずっと細かい粒でできてるんじゃないかなあと思ってみたりする。たくさん飛んでたくさん蜜を吸って、パートナーを見つけておくれ。またうちに来て卵産んでもいいよ。ヘンルーダ、丸坊主にしない程度にね!

こうして、私と一匹のアゲハの同居生活は終わりを告げたのでした。一ヶ月間宿と食事を提供してくれたヘンルーダはすっかりみすぼらしい姿になっちゃったけど、外の陽を浴びたらみるみる元気を取り戻しつつあります。枝にはまだ、アゲハの残した蛹がぽつんとくっついていて、時々それを見てはさみしいような楽しいような気持ちになる私なのでした。


テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。