つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
2009kabotya1.jpg


「みんなでおめかし・そのいち こすぷれおばけ」

コスプレと変装と仮装の正確な定義がよくわかってないんだけど、これはどれになるのだろう。コスプレって言っても良いのだろうか。うーむ。

ハロウィンになると俄然元気が出ます。かぼちゃはいいねえ。

☆☆☆
頭の中がひとり障害物競走。なかなかゴールにたどり着けないー!うぬー。

☆☆☆
虫の話をつらつらと。

家の中をあれほどせっせと走り回っていたハエトリグモが、寒くなったせいか一匹また一匹と姿を消していきます。夏なんか各部屋に3匹くらいいて、たまに頭上に落下してたんだけどなあ(それもどうなのさ)。
割と・・・というか、かなりハエトリには愛情を持っていたので、ちょっとさみしい・・・。越冬させてやりたいけど、この家寒いから無理だろうなあ。くすん。

ハエトリグモだけでなく、女郎蜘蛛なんかもたくさんいる我が家なのですが、ほかにもいろんな虫を見かけます。ショウリョウバッタとかオンブバッタとかヤモリとか(虫じゃないか)カミキリムシとか。小さい頃にあまり外で遊んでないので、怖いの半分興味半分で見てる。わりとたのしい。
そのへんはいいのだけど、ついはに蛍光色の毛虫まで大量発生・・・。葉についてるのを駆除して(もらって)安心してたら、木の幹や塀にびっしり繭がーーーー!!!!!上を見上げてハスコラ状態に戦慄しました。刺されてもないのに、皮膚がぶつぶつしてきた・・・
駆除するのも怖いなー、だけど刺されるのもやだなー、なんて逡巡してたのですが、本日玄関付近でもっと恐ろしいやつを見つけてしまいました。

・・・スズメバチの巣。しかもでかい。

植え込みの中に入っていたせいか、今まで誰も気付かなかったみたい。そう言えばたまに蜂がぶんぶん飛んでたのだけど、集団じゃないから大丈夫ー、なんて気楽に構えてたのよね・・・。
やっぱりこういう巣は、業者さんに頼んで取ってもらうのでしょうか。多少気が咎めるけど、刺されても我慢できるわ!ってほど慈愛に満ちた人間にはなれないので、やっぱり駆除してもらうしかないだろうなあ・・・。どうせならこう、私に気づかれないところに営巣してくれたらよかったのに。うう。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
蜂の巣
ども、お久々ですお元気そうで何よりですw
というかこの日記についてる絵メチャ気に入りました♪
久々ですわこういった絵に出会えたのは・・・
実物みたいなと思うくらいw

さてさて、蜂の巣ですが・・・アシナガバチや地蜂の類の巣の駆除は素人でも可能ですが、ミツバチやスズメバチといった1つの巣に対して個体数が圧倒的に多い種は少々コツがいるそうなので業者に頼んだほうが安全かもしれません。
もっともアシナガバチの場合おとなしい蜂なのでこちらから攻撃を仕掛けなければ攻撃される事は無いので共存可能です。
もし、個人で駆除をお考えなら厚手のレインコートを着てフルフェイス(頭を顎も含め全部覆うバイザー付のヤツ)を着用、獣皮性のグローブを装着します。(決して肌を出さないでください)
この時出来るなら白や黄色などの明るい色のもので全身を固めてください、黒や茶色は蜂が本能的に攻撃炉集中する色なので注意。
で、こちらの武器ですが、
・巣の位置を特定するための懐中電灯
・バズーカタイプの高射程距離の対蜂用スプレー
・強めのシャワーの出せる蛇口のホース(こちらはスプレーがきれた時及び蜂の巣本体の攻撃に使います)
・巣に接敵した際に巣を一気剥がす用のスコップ
・除去した巣を包み込むための防針型の厚手のビニール袋を使用します。

で、攻撃手順ですが2種類あります。
強襲型と殲滅型です。
オススメは強襲型。

強襲型は夜に行うといいでしょう。
蜂は昼行性なので夜は皆巣に戻っております。
巣の規模にもよりますが主にスズメバチの巣の出入り口が1つなのでそこを狙います。
蜂に気付かれず接近できたらシャワーホースまたは殺虫剤をそこから中に突っ込み照射します。
もし接近するまでに気付かれたらスプレーで牽制しながら接近し、ホースで本体を狙います。
こうする事で水や殺虫剤が付着した蜂は無力化するので、さっさと巣をスコップで掘って厚手のビニール袋に入れてしまいます。
念のために複数の袋で2重3重に覆ってしまうのがいいでしょう。
で、このあと30分くらいは生き残った残党がそこいら中を飛んでいる事が多いので、しばらくは暑くても防護服を脱がないでください。
あと汁が付着した場合毒である場合が多いのでちゃんと洗濯しましょう。

で、殲滅型ですが・・・こちらは長野などのプロの蜂取り名人が行う方法です。(巣の中のハチの子を採取する事が目的なので巣に対しスプレーは使いません)
蜂の姿を視認するために昼間に行います、
こちらはスプレーで蜂をひたすらうち落としながら強引に蜂の巣を分解し袋に詰めてしまいます。
そして残党をスプレーで駆除しながら巣のあった場所を離れます。
大規模な群れを作るタイプの蜂は巣が無くなると混乱状態になり散り散りにどこかへ行ってしまいます。
ただその分しばらくは蜂が御怒りになってしまうので1時間程度は近付かないでくださいね♪


まあ状況を聞いてると民家の側なので強襲型がオススメです。


まさかやるとは思いませんが、個人で駆除する場合こんな感じですね。

長文失礼いたしました。
【2009/10/30 Fri】 URL // たらの字 #- [ 編集 ]
バ・・・バズーカ・・・・!!!?
たらの字さん、お久しぶりですー!めっきり寒くなってきましたね~。なんだか月日が経つのはあっという間です・・・(よぼよぼ)

それはともかく!わあ、ハロウィン絵気に入っていただけて嬉しいですー(><)ちょっとこれ、キャラクターの描き方を変えてみたのでどうかしら、と思ってたのですけど、反応が良くてえへへですっ。この感じ、ちょっと覚えておこうかな・・・と思ったりしています。

で、蜂退治情報!ひゃー詳しく書いてくださってどうもです・・・!そしてやっぱりちょっと、これは私を含め我が家のメンバーには無理そうですね~(><)防護服から探さねばです。しかし思っていたより危険なんですね、ハチ・・・。
そんなスズメバチですが、実はまだほったらかしです~(^^;)なんかあまり、蜂の姿を見かけないんですよね・・・(いるにはいるんですけど!)。
冬になったら殆どいなくなってしまうみたいなので、それから取ろうかな、と思ったりしています。
玄関を出るとちょうど蜂君も頭を覗かせていて、こないだは暫く見詰め合ってしまいました。これってやっぱり危険なんでしょうかね・・・(汗)。慣れてくると愛着湧きそうで怖いわたしです・・・!
【2009/10/31 Sat】 URL // nekono #iYPCPh8Q [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/1331-09b1f3b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。