つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
kinokoyume.jpg


「夢の分岐点」

こんにちは
悪夢ですか


☆☆☆
絵、停滞気味。描けない描きたいしかし描くのが怖い。うひー。

漠然とした不安感に襲われて、うまいこと絵筆が握れません。しようと思っていたことも、描こうと思っていたものもたくさんあるはずなのに。スケッチブックに向かうと、イメージがインクのように溶けて流れてしまう。困ったなあ。時期的には、もう好調期に入っているはずなのに・・・どうしてなんだろう。
絵だけじゃなく、他の事に対しても意欲減退気味になっているみたい。これじゃなんのために時間がたくさんあるのかわからないよ!しっかりしてよわたし。

花粉症で頭が働かないのだ、ということにして、あまり深刻にならずに描ける時期を待ちたいものです。うーでも焦る。焦る焦る。ううううう。
一枚絵を描ききる自信がない今こそ、普段やらない練習をしたほうがいいのかも。いっちょやってみようかしら。うん。

☆☆☆
もうあと数週間で今の家ともお別れ、ということで、自宅周辺をうろうろしています。あまりこの地域に愛着はなかったのだけど、いざ離れるとなると寂しい。そんなわけで、唯一お気に入りだった古本屋(というかガラクタ屋)へ行ってみる。お別れのつもりで。

以前何回か書いたように、ここのお店の荒廃っぷりは尋常じゃないのですが(お店の前には粗大ゴミのように家具が打ち捨てられており、中は本がものすごく無造作に並べられている。床にもテキトーに雑誌が積んである、というか転がしてある。汚れとか日焼けとかホコリとかおかまいなし!)、幻想文学とか耽美寄りの本の品揃えだけは充実してるのです。
それで、立ち去る前に以前から買いたかった本だけでも買い占めていこう!と思ってそのコーナーに行ったらば・・・
書架と書架の間の通路の両側に、本がうず高く積み上げられていて通行不能になってました(涙)。入れないよ・・・。どうするのよ・・・。
本の隙間から覗いたら、中にはやっぱり面白そうな本のオンパレード。なんとかして中に入れないものか、とうろうろするも、すぐ後ろのカウンターに座っているおじさんは、ぼーっとこっちを見てるだけ。十分ほど逡巡した挙句、意を決して行動に出る私。元職場で鍛えられた体力を武器に、通路を塞いでいる本の山をできるだけ両手に抱え(もはや雪崩寸前)、なんとかまたげる高さにしてよっこらしょ、とまたぎかけ・・・

た、ところでおじさんに「ちょ、ちょっと待って!!!」と止められました。しぶしぶながら、入れるように通路を作ってくれた。最初から頼めばよかった。それにしてもあの置き方はひどい・・・(><;)もしかしてあのコーナーだけおじさんのお気に入りで、手放したくなかったりするんだろうか。そんなばかな。

そんな苦労を経て買った三冊は、どれも面白そうです。1991年の「太陽」(荒俣宏の想像力博物館特集!)と、マグリット・ユルスナールの「東方綺譚」、それにルイ・ポーウェルとかいう人の「超人の午餐」。
読むのいつになるかわかんないけど、面白かったら、また感想書くかも。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
古本屋さん
この本屋さんの
人が入りにくくしている一角は、
ぜひ覗いてみたいものです。

私がたまに行く神田神保町の古本屋さんの地下にも、
カテーンに隠された一角があります。
昔は部屋の1/10ぐらいでしたが、
今では1/3以上になっています。
覗くと単に未整理の山(倉庫代わり)なんですが、
遠くから「あっ!あれは!」みたいな本の一部が覗けたりして
とても中に入ってみたくなります。
でも、入ったら何か買わないといけなくなりそうで、
いつか出会う日を楽しみにしているところです。
【2009/04/10 Fri】 URL // キイチロウ #- [ 編集 ]
神保町
キイチロウさん、こんばんは!お久しぶりです(^^)

神保町というとあの!古本屋さんいっぱいの街ですよね・・・!いつか訪れてみたい場所です。うっとり。
隠されたスペースを持つ古書店、神保町にもあるのですね!しかも地下というのが素敵です。
もしかして私の古書店に対する認識がおかしいのであって、ああいう「入りたいのに入れない」聖域を持つのが由緒正しい古書店だったりするのでしょうか・・・。

日記に書いた古本屋さんには是非キイチロウさんをご案内したいところですー!きっと本も喜ぶことでしょうに・・・。はるか昔の少年少女漫画雑誌なんかも埋もれているんですよー(><)
【2009/04/18 Sat】 URL // nekono #iYPCPh8Q [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/1285-d166ba31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード