つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
huruyukidaruma.jpg

「だるま ゆき」

ご親切にも 完成品
(でもプロセスが だいじなの!)


いやはや連日寒いですね。机を置いてあるスペースが極寒の地なため、ストーブの前で体操座りでお絵描きする日々なネコノです。目にも腰にも悪そう・・・。

早くこの寒さが和らいで欲しいと思うけど、でもちょっとあったかくなったら今度は花粉だからなあ・・・(**;)今年は割と飛ぶそうですよ!恐ろしいことです。うう。

☆☆☆
そんなことはともかく。

グループ展、無事終了しました!今日、出していた作品や感想ノート、差し入れていただいた素敵な品の数々が返ってきたので、さっきまで眺めてはにやにやしてました。うふふ。

ノートにたくさん感想を書き込んでくれたお友達、素敵すぎる差し入れをプレゼントしてくださったお友達(かかかかわいすぎる・・・大事に使わせていただきますー!)。そして、会場に行けなかったわたしにたくさん写真を送ってくれたお友達&親戚さんたち。お忙しい中観に行ってくださって、本当に有難うございました。

ブログいつも見てます、って書いて下さっていたお客様。こんなひっそりやっているブログを見つけて読んでくれて、しかもグループ展まで観に来てくださったなんて感激でした・・・(><。)ほんとに、嬉しかったです。
他にも、作品についてとても丁寧に感想を下さっている方や、一緒にグループ展に参加した方やギャラリーオーナーさんからのすてきなメッセージもたくさんたくさんノートに残されていて、仕事でぐったりした気持ちが一気に明るくなりました。わたし、絵、描いてて良かった。描き続けてて、ほんとに良かった・・・。
絵がいきづまったときや、自分がちっぽけに思えてどうしようもなく落ち込んでしまったときは、きっとこのノートを開いて眺めるだろうと思います。そのくらい、嬉しかったのよー。

もうすこし絵の見栄えや額とのバランスを考える必要がある、とか(あ、ギャラリーさんはとっても綺麗に展示してくださってたのです。あくまで自分が買った額のこと)、ちゃんとポストカード用意しておくべきだった(ごめんなさい、あれ、売り切れたんじゃないんです!時間がなくて、作れなかったんです・・・涙)とか、そういう反省点もあるけれど、これは次回の課題にしよう。今は、この余韻をもう少し味わいたいな。にひ。

改めて、観に行ってくださった方にありがとうなのです。ぺこ!
これからもがんばって、絵、描く!ので、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
http://chibinekono.blog44.fc2.com/tb.php/1258-528d6514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。