つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
huusenill.gif

再びイラレ練習(下のも)。ブラシ機能しか使ってない(つかえない)よ(涙)。描き終えてから、消しゴム機能を発見したおばかさんは私です。ずっと「どうして消しゴムついてないんだ?」と思ってた・・・。

お絵描き掲示板とかで、マウスだけで細かい絵を描く人がいるけど、あれは神業だと思う。うーん、収入がもっと入るようになったら、ペンタブ買おうかなあ・・・。


☆☆☆
各方面に私信:レス、もうちょっとお待ち下さいませ~(^^;)午後から図書館と歯医者。ぎゃー。

☆☆☆
今日も明日も明後日も、本、本、本。今読んでるのは、「児童サービス論」用の専門参考図書。いままで読んでた図書館員さんの回顧録とか、子ども論と違って、文章がかたくてまじめなんだ・・・(--)
児童書の選書論や、子どもが読みやすい絵本の特徴の箇所は、とても勉強になってる(図書館の勉強としても、創作の上でも)。なってるのだけど、ちょーっと、読んでて「うっ」てなるところがあるんだよね・・・。

一つは、私が「あ、これいいなー」「これ好き・・!うっとり」ってなる児童書や絵本には、あまり高い評価が与えられていないということ。もちろん文学としての価値がないと言われているわけではないのだけど、子供がお話を楽に理解したり、ストーリーに入り込んだりするための要素が欠けている、という評価になっちゃうのね。例えば江戸川乱歩の少年探偵団は、キャラクターがステレオタイプで生き生きしてない、とか、北原白秋の童謡、小川未明のお話なんかは、日本人特有の情緒過剰に陥りがちで、ストーリーそのものに力がない、とか(号泣)、坪田譲治の子供ものは、「童心」というものを理想化して描き過ぎてる、とかね・・・。うわあー、イタイ。耳がイタイ。

うーん・・・ストーリーの骨太さよりも、情緒に走りがちな作品が多いっていうのは、児童書に限らず言えることだから、それを言われるとかなりツライ。子どもにいきなり観念的な世界をつきつけても、理解しろというのが無理だろうな(勿論色んな子どもがいるから、一概には言えないとは思うけど・・・)。個人的には、情緒過剰なもののほうが好きなんだけど、それは色んな経験をしたり、色んなものを見た後の大人の感覚なのかもしれない。

あと、童心を理想化してるというか、汚れない理想像として描こうとしちゃう、っていうのは、自分の描くものにも言えることだから、ぐさりときました。それがいいか悪いかは別として、失われたものを愛惜する態度に溺れてるのは確かだと思う。
今自分が絵本を描こうと思ったら、絶対こちらのタイプになっちゃうだろうな。うーむ・・・(悩)

もうひとつ「うっ」ってなったのは、「マンガ」というものに対する敵対的な態度。まー、どの本を読んでも、マンガは悪役なのね(テレビも)。必ずと言って良いほど、「マンガ」という言葉の周辺には「安価で、低俗な」「口当たりの言い」「ガムやチョコレートのような、甘さだけけの」というような言葉がちりばめてあるのです。これは、漫画好きにしたら、ちょっとツライものがある。

たぶん著者たちは、言葉からイメージを想起していく子どもの発達過程を重視してるだけで、マンガというのが全て俗悪だって言いたいわけじゃないんだと思う。正直、ごく幼いうちは、私だって漫画よりは本を読んで欲しいと思うし(漫画を下に置いているのではなく、言葉の獲得や物の捉え方のプロセスの点で)。だけど、そんな判で押したようにどれもこれも漫画を悪く言わなくてもいいじゃん!と思ってしまうのですよ。なんか、過剰に敵対意識をあらわにしてる気がする。・・・しょんぼり。

そんなこんなで、時々ひっかかるものを感じつつ、でもあんまり反論も出来なくて、ジレンマに陥りつつの勉強なのでした。ちょっと、疲れるなあー。好きな物が貶されてると、あんまり面白くないのさ、理屈抜きに。

↓おまけ↓
usatomoill.gif

アップすると色が濃く暗くなるのよねー。なんでだ。
ブックマークに追加する

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。