つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
2016xmas.jpg

「天使がくれたプレゼント」(絵をクリックで拡大):色鉛筆

バード2006さんで開催されていたX'mas展に出展していた絵。めずらしく各モチーフの位置を几帳面に決めて描いてみたのです。いつもは割と適当だったりするんだけど。
割と構図としては気に入っているのだけど、もうちょっと色を濃くしたほうがよかったかもしれないなあと思っています。薄く塗り重ねるより、もうちょっと筆圧自体をかけたほうがいいんだろうかどうだろうか。
ここのところ色鉛筆が続いたので、またちょっと別のもので描いてみたくなってきた移り気なわたし。

以下はこの秋から冬にかけての展示で使った作品たちです。こまめに更新できなかったので、最後にまとめてベタベタはっちゃう。これ以外にもあるんだけど、web用のデータを作ってないのでまたそのうち。

どれも絵をクリックでもうちょっと大きくなるよ。

↓赤ずきんちゃん展で出していたミニ額絵ふたつ。わたし割と小さいものに描くの得意だと思ってたのですが、ミニ額サイズは思いのほか苦戦してしまいました><細かいところをきれいに仕上げるのが難しいねえ。

「どちらもわたし」
20161212akazukin2.jpg
「どうぞめしあがれ」
20161212akazukin3.jpg

↓「夢見るとり展」に出していたポップいろいろ。一枚絵を描くよりこういうのを描く方がアイデアは浮かびやすいみたい(悔しいけど)。鳥のシリーズはまたちょこちょこ描きたいなー。来年は酉年だしね。としおんな・・
アオアシカツオドリとペリカンが特に気に入っています。
2016toritenyumemirutori.jpg
2016toritenokame.jpg
2016toritentobenaitori.jpg
2016toritenmejiro.jpg
2016toritenperikan.jpg
2016toritenaoashi.jpg
2016toritentenshi.jpg
2016toritentamagodori.jpg

さて今年も終わりです。年々一年があっという間になる。人生は重き荷をもて坂道を上るがごとし、って言った人誰だったっけ、ちょっとうろ覚えなので全然違う言い回しだったかもしれない(汗)。なかなか含蓄のある言葉だなあと思いつつ、どっちかっていうと私の感覚だと重き荷と一緒に坂道を転がり落ちて行ってる、ってほうがしっくりくる。なーんて。

世の中的には激動の2016年でしたが、私自身は相も変わらず。生活としては変わらぬながら、絵に関しては1年を通してひどくもがき苦しんだ1年のように思います。相変わらず憂鬱に足をすくわれて動けなくなったり、年々自分のスタイルを見失うことに落ち込んだり。どんどん腕を上げていく周囲の人たちに対する羨望を抑えきれぬ一方、努力を怠る自分に自己嫌悪したり。一方で少しずつではあるけれど、描くことが楽しいと思える日も増えてきたように思います。あれこれ手を出しては失敗している描き方や画材の中にも向いているものもあり、お、これは時間をかければ自分のものにできるんじゃないかしら、という希望もちらっと見えてきた、かなー。まだまだ時間はかかりそうですけど!
2017年がどんな年になるのか、どんなわたしになるのかは皆目わからないけれど、きっとまた悩んだり甘ったれたりしながらもなんだかんだ絵は描いているんじゃないかと思います。いつか振り返った時、泥の中でじたばたしているようなこの一年が無駄ではなかったと思える日が来ますように。そして自分の人生をそれなりに愛せるようになっていますように。

一年の締めくくりにしては相変わらずぐだぐだした独白で終わっでしまいましたが、ともかく今年もありがとうございました。
来年1年がみなさまにとっても平穏で楽しい1年になりますように。それではよいお年を(・v・)ノシ
スポンサーサイト

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
201612akazukin.jpg

「さみしい おおかみ」(絵をクリックで拡大)

赤ずきんちゃんと森の動物たち展、無事終了いたしました。足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました!西洋の童話をテーマに絵を描くのは初めてだったのですが、頭を悩ませつつもとても楽しい展示になりました。観て下さった方にも楽しんでもらえるような絵になっていたらいいなあ。

会期が終わったので、こちらにも作品を貼ります。ミニ額の方もそのうち。
赤ずきんちゃん、と聞くと私の中ではどうしてもメジャーな童話になる以前のダークな(そしてだいぶ性的な)お話のほうが先に浮かんでしまい、そのせいか最初に浮かんでくる絵はどれも怖いものばかりだったのです。だけど私がダーク路線を描いてもどこか借り物の安易な表現になっちゃう気がして、うーんうーんと頭を抱えてひねりだしたのがこれ。赤ずきんちゃんにフォーカスを当てるんじゃなくて、オオカミが主役と考えたらどうだろう?と思った結果、同じオオカミ繋がりの七匹の子ヤギたちが狼をにらんでるのが浮かんだのです。そこから「あ、童話繋がり」ということになって、それからはわりとするすると構図が浮かびました。
描いているときは個々のモチーフを描く楽しさが先行していたのであまり気にしてなかったんだけど、もうすこし背後の子たちをバランスよく配置したり、大きさを考えたりしてもよかったかもしれないね。
(ただ、描く段階であまりにも緻密にバランスや配色について考えていると、どんどん最初にあった描く楽しさが色褪せてしまって、絵を描いているというより設計図を描いているような気分になってしまって辛いのです。この辺の折り合いをつけるのは本当に難しい。何も考えなくてうまく描けるほど天才肌ではないしね)

普段描いたことのない狼、ヤギ、豚たちにチャレンジしたのもいい経験になったよー。最初は写真見て真似て描いてみたりしてたのよ。あんまり反映されてないけど。これを機に、少し描ける生き物のバリエーションを増やしたいな。

☆☆☆
さて。
今年もあと一か月を切り青ざめるばかりなのですが、もうひとつだけ展示を残しているのです。こ・・・今年はあんまり展示に参加しないと言ったような気もするのですが(汗)。うーんまあ、とにかく。

「X'mas展」

どこですか:ギャラリーカフェ バード2006さん(倉敷市阿知2丁目22-3-2 奈良萬の小路2階 086-422-0162)
いつですか:2016年12月20日(火)~25日(日) 10:00~18:00


いつもお世話になっているバード2006さんのクリスマス展。いつも多彩な作品が見られて楽しい展示です。
クリスマス展は、今年で三度目の参加。昨年出した絵が自分の中ではやや悔いを残す出来栄えだったため、今年はわりと気合いを入れてのぞんでいます(><)今回もまた、色鉛筆によるイラストを出展する予定です。
ギャラリーとしてもカフェとしても、とても居心地のよい大好きな場所です。お近くの方は、よろしければお越しください。

ブックマークに追加する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。