つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
20130821nekoteno.jpg


グループ展のために、アクリルガッシュで描いた作品のラフ。たくさん色を使うので途中でわけがわからなくなったら困るな、と思って珍しく色まで付けたラフを作ってみたの。これやると失敗は少なくていいんだけど、あまりに時間がかかるので他の絵はぶっつけ本番で塗る方法に戻しちゃった。

☆☆☆
またちょっと更新が途絶えちゃってました・・・。ここ数週間は、8/24からはじまるグループ展の準備をしてたんだ。
このところずっと、他の作家さんに混ざって作品を出すということに怖気づいてしまって(というか作品以前に、熱意を持って創作している人たちの前に顔を出すのがつらくて、と言った方が的確な気もする)ほとんどの創作イベント参加をお休みしていたのだけれど、このたびご縁があって、ギャラリー&アトリエCoCoさまで開催される「猫の祭展」にえいっと飛び出してみることにしました。えいやー。


まずは、展覧会の詳細ね。

猫の祭展 Mysterious Cats ~真夏の夜の夢~

いつですか:2013/8/24(土)~9/15(日)月・火曜日休廊
      11:00~19:00(金曜日のみ20:00まで)
どこですか:ギャラリー&アトリエCoCo
      (〒700-0812 岡山市北区出石町2-8-3 tel.080-3172-3774)

芸術作家50人による、猫をモチーフにした展覧会です。
平面作品・立体作品・音楽~幅広いジャンルで猫を表現します。(DMより引用させていただきました)

私は、アクリル画4枚(3枚が新作。1枚は昨年描いたもの)、それに絵本「nekomachi」を出展させていただいています(絵本は少部数ですが販売もしています)。これは猫・・・なのか・・・???っていう絵もあるけど(汗)、ギリギリ猫です。猫なんで・・・す・・・!

あまりに久々の、「観る人」を意識した創作だったこともあって、いざ描こうと思ったら緊張でしばらく何にも浮かばず、描き始めてからもいろいろ逡巡してなかなか筆が進まず、ちょっとハラハラでした・・・。
でもだんだん頭と手が軌道に乗ってきて、ああ以前はこういう感じで描いていたなあ、テーマが先にあるときはこういう頭の動かし方してたなあ、っていうのがぼんやり頭によみがえってきたの。そんなわけでなんとか、今の自分の中にあるものをキャンバスに落とすことができたような気がします。集中して空想と取っ組み合いするためには、ある程度の負荷が常に必要なのかもしれないなあ。

・・・という私のごちゃごちゃした述懐はともかくとして、本当にたくさんの作家さんが出展されている展覧会なので、きっととっても素敵な展示になるとおもうのです。搬入で少しだけ見せていただいた作品、どれもわくわくしたもの。
良かったら、ぜひ足を運んでみてくださいませ。ギャラリーさんの公式ブログはこちらです。facebookページにも、詳しい情報を載せていらっしゃるので、よければそちらもご覧ください。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
20130806chou1.jpg


「蝶1・標本箱のゆめ」

☆☆☆
※注意!!!!今日の記事には蛹および蝶の画像がたくさん含まれます!!!!虫が苦手な方は追記をクリックしないようにしてください><※

前回のアゲハの成長記録、載せて大丈夫だったかなぁ・・・とちょっと心配していたのだけど、思いのほか楽しんで見て下さった人が多いみたいで一安心(*・v・*)ほっ。
そんなわけで、後編は羽化当日から無事旅立っていくまでの記録になります。「つづきを読む」で写真がいっぱい出てくるので、今回も苦手な方はここでストップしてねー。では、いきます☆
⇒ つづきよむ?

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
20130801torinoki.jpg
「散歩:あるいは鳥のなる木」

数字でできた音符でうたう


画像クリックで、大きいサイズが出ます。

☆☆☆
※注意!!!!今日の記事は蝶およびその幼虫画像がたくさんあります!!!!(一応幼虫のほうは追記のほうにまとめてるけど、)蝶が苦手な方はこの後の部分をスクロールしないように気を付けてね><※

ここ数年、ハーブ等の植物の種や苗を見るたびに育てたい衝動に駆られてしまう私のせいで、家の内外に植物があふれかえっている我が家。芽が出てきたり花が咲いたりという変化のほうにもっぱらの興味があるので、おしゃれに育てる、っていう観点が抜け落ちていて、あまりきれいに手入れされているとはいえない状態なのです(そのためミントなんかは繁茂しすぎて廃屋チックになっている)。

それに加えて猛暑の影響か、今年はやたらに虫が多い。カエルバッタカマキリセミに蝶・・・あたりはいいとして、とびぬけて多いのが毛虫&イモムシ。育てている植物の半分以上がこれにやられてしまい、葉っぱは穴だらけだし、なんだか変な糸みたいなので覆われてるしで頭を抱えていたの。そんな中でも、鉢植えにしていたヘンルーダ、って植物は毛虫の被害を受けることもなく、かえって強い日差しの中すくすく育ってたのです。そろそろお花も咲かせるかな?なんて楽しみにしてたんだ。
そしたらある日ふと、葉っぱにぽつっと黒いものが。虫の糞かなー、でも見たところ何の虫もついてないし、と思ってあまり気にも留めてなかったのです、が。
その虫のフンみたいなやつが鳥のフンくらいのサイズになったとき、ようやくわたしは気付いたのです。
「・・・これはフンじゃない、虫だ・・・・。」

ヘンルーダはミカン科の植物。そういえばハーブ辞典には「この植物はアゲハの好物です」って書いてあったっけ・・・。あわててネットで画像を調べたら、果たせるかなやっぱりナミアゲハの幼虫ではないですか!ギャー!!!!
はるか昔の小学生の頃、虫が平気な友人にアゲハの幼虫を手のひらに載せられたときの恐怖体験がよみがえる。あのときは手の上でうにって動いたんだ。そしてなんだかものすごくでっかかったんだ。この幼虫もいずれあのおぞましい姿になるのだろうか・・・。こ、こ、怖い・・・。
・・でも、その時点でもう幼虫はずいぶん育っていて、なんとなく駆除しちゃうには忍びない感じ。ちょうど庭にはアシナガバチやジガバチが頻繁に来てて、同じ時期に発生したモンシロの幼虫はすべて食べられてしまったようなので、ひょっとしたらこやつもそうなるかも。
よし、この幼虫が蜂にも見つからず、無事に終齢幼虫(あの緑色のやつね)になるまで大きくなったら、安全な場所に移してやろう。そんで怖いけど育ててみよう。

・・・と、しばし悩んだ後私は決意したのです。(この時点で結構情が移っていたのかもしれない。)で、それから数日後、鳥の糞にそっくりだった幼虫は、見事に脱皮して緑色の小さな終齢幼虫になりました。5cmくらいの大きさになる、って聞いてたけど、3cmもないくらいの小さな子(子!)。あ、ちょっとかわいいかもしれない・・?
というわけで、この日ヘンルーダの鉢を自室に移し、アゲハと私の同居生活が始まったのでした。葉っぱから移動して踏んづけたら立ち直れない、と思って、鉢を段ボールで囲い、毎日動向をうかがったのです。
終齢幼虫は結構活発に動くしたくさん食べると聞いていたのに、この子(子!)はそんなに活発じゃないなあ、むしろ葉っぱでぼーっとしてることが多いけど大丈夫なのかしらん、ひょっとして寄生虫でもいるんじゃ、あるいは与えた葉っぱに農薬がついていて死にかけているんじゃないか、そういえばもうとっくに蛹になってもおかしくないのにまだ幼虫のままだし・・・なんて、育ててみたら完全に愛着がわいてしまい、来る日も来る日もアゲハの様子を気にする私。写真もいっぱいとりました。50枚くらい(病気)。

で、結論から言うと、その子が昨日、無事羽化したのです!ばんざーい!その羽化までの過程はなかなか興味深く、蛹から出てくる瞬間は不覚にもうるっとしてしまうくらいだったんだ。あああ生き物って面白い!なんて精妙にできてるんだろう。
↓それがこのアゲハです。じゃじゃーん(蝶画像注意)

gensen_3.jpg

これはいよいよお別れする直前のアゲハさん。この画像だったらみんな大丈夫かな?気持ち悪くないかな?ドキドキ・・・。
上でも言ったように、ここに至るまでに毎日写真を撮ったのです。で、せっかくなので青虫時代から蝶になるまでを追って貼り付けてみようと思うのだ。しかし何せ画像が多いので、ここでは青虫~蛹時代までを貼ってみるね。
以下、鮮明なイモ虫画像がたくさんあるので、苦手な人は「追記を読む」を押さないように(あるいはスクロールしないように)してね。では残りは、追記から。










⇒ つづきよむ?

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード