つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
2008kabotya9.jpg


「おばけのもり」

おやつは
ひとりぶん


☆☆☆
今日は絵だけです。明日のジョー並みに真っ白に燃え尽きました・・・つかれたヨー
今週はややハードな日々が続くので、美味しいものしっかり食べて、とりあえずあと二日乗り切りたいものです。ふー。
スポンサーサイト

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya8.jpg


「おじゃまむし」

スープのだしにしちゃうわよ


☆☆☆
ここ一ヶ月くらい、街のすみずみが金木犀の香り漬けになっています。

昨日わたしの地元では選挙があったのですが、投票会場に行くまでの雨の道もやっぱり優しい甘い香りが立ち込めていて。だけどあのおなじみのオレンジの花はなくて、あれ?と思って見回したら、どうも近くの病院の垣根から、その香りは来ている模様。

金木犀がそのまま白くなったような形の花だから、あ、じゃあこれは噂に聞く(?)銀木犀かな?と思いきや、家族は「いやいや葉っぱがギザギザだし、これはヒイラギだろう」と言う。いやいやヒイラギがこんないい香りって聞いたことないし、でも金木犀の葉っぱにはトゲはないし・・・・とひとしきり論争していたら、木に留めてあった案内板には

「ヒイラギモクセイ:ヒイラギとモクセイの雑種」

とありました。雑種!!!そんなのがあるのね・・。あまりにもわかりやすく半分づつ両者の特徴を受け継いでいるので、人間でもなかなかこうはいかないよなあ・・・と妙な感心をしてしまったわたしなのです。ちょっとこう、ボーイッシュなお姫様型お花なので、ここは雑種とよばずハーフと呼んであげたい。なんとなく。

(ここでためしに調べてみたら、この花は雄株しか知られてなくて、結実しないお花なのだそう。なのでお姫様っていうのはちょっと変か・・・。ともかく、中性的な感じも私の好みなのです。またひとつ好きな花が増えた!)

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008dokushonoaki.jpg


「司書とウサギ」

おかたづけのえほんがほしい

職場の方のご厚意により、ちょっとした行事でイラストを使ってもらえる機会ができました。で、そこに描かせてもらった看板用の絵。お仕事という扱いではない&あまり公に出回る絵ではないので、こちらにもアップ。今の仕事は絵とはまったく関係ないと思っていたので、思わぬ機会を頂いてほんとにありがたやありがたや、なのです(><)うれしいうれしい。むふふ。

この絵柄にする前に、本関連でいくつか描きたいのが浮かんだので、忘れなければそのうち描く、とおもう。

☆☆☆

やっとおやすみ!た・・・体調悪い・・・!この休みは風邪なおそう・・・。

☆☆☆
ぴんぽんぱんぽん。嬉しいお知らせ。

11/8,9の二日間、東京ビッグサイトで行われるデザインフェスタにて、私が参加しているクリエイターズサイト「CREATORS BANK」さん主催の「CREATORS BANK in DesignFesta2008 」というイベントが行われます。

そこで、作品コンテスト部門&クリエイターによるMyリスト投票で決まるCB部門で選ばれたクリエイターさん(FAVORITE CREATORS)の絵が展示されるのですが、なんだかびっくりなことに、どうやら私もその「FAVORITE CREATORS」に選んでいただいてもらったみたいなのです。CB部門で。ほぎゃあ。

これまでコンテスト系のものには殆ど縁がなく、今回もみんなが出るのをうらめしく眺めてたデザフェスに参加できる(?)というのは、やっぱりとても嬉しいです(><。)Myリスト、っていうのに入れてくださってた人がいたのも嬉しかった。これで運使い果たしたんじゃないといいなあ。夢でもないといいなあ。
欲を言うと、できるならば会場に行きたかったなあ。マイミクさんの作品もあるのに!でもたぶん仕事だろうな・・・(涙)。日帰りで行くと翌日に響くかな・・

当日は、CBブースさんのほうで私を含む20人の方の展示、ポストカード販売があるそうです。参加される方は、良ければ覗いてみてね。もし行かれることがあったら、私にもどんな展示だったか教えてくださると嬉しいです。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya7.jpg


「ゆうたい・りだつ?」

かわいいかわいいおんなのこ
たましいだって かわいかろ
ほねもりんりん なるだろう


ハロウィンは、数あるかわいいイベントの中でも最も私の創作欲に火をつける行事です。
(あ、あと食欲にも火をつける。)
楽しくて次から次へと描きたいものが浮かぶのだけど、本番まではあと一週間ちょい。あと何枚くらい描けるかな。楽しい気持ちでお絵描きできるって、いいな。

☆☆☆
鈴木いづみのエッセイ集「いつだってティータイム」をバスの中で読んでいます。
不機嫌でやけっぱちで眠そうで悲観的で、だけど飢餓感はいつでもフル稼働。もうもうと立ち込めるタバコの煙の向こうで、鋭い眼でこちらを睨んでいるような、そんな文章。わめいたり拳を振り上げたりするような攻撃性はないけど、でも決して友好的でもない。常に「わたし」から逃れられないところに、勝手に自己投影してみるわたしなのです。
そしてアラーキーさんの表紙写真は、このエッセイに似合いすぎるほど似合っている。すてき。

そんなわけで猛烈に好きです、この本。もう絶対、シリーズ全部集めちゃうわ、これ。

☆☆☆
今日はなんだかとっても頭と体が疲れた、だけど充実した一日でした。仕事の関連で研修に行ったのだけど、知らないことを聞くのがこんなに面白いとは思わなかった(とはいえ理解できたのは3分の2暗いでしたが)。こういう言い方はちょっと軽薄だけれど、リアルプロジェクトエックス、みたいな講師さまだったなあ。尊敬~。
私の中の一番、は、やっぱり絵だけれど、だからといって今やっている仕事に百パーセント興味がないわけでも、百パーセント苦痛なだけでもないんだなあ、というのが自分でわかったのは、ちょっと驚きでした。

こんな風に思えるのは、最近すこうしだけ、心に余裕が出てきたせいかもしれません。いつのまにか前の課よりも今の課で過ごした日々が長くなり、家で前日の復習とその日の反省会をしなくてよくなったこと、それと職場における自分の仕事のポジションが以前より見えてきたことで、打ちひしがれてばかりの日々から少しずつ、抜け出せつつあるような気がします。(とはいえ、いまだに自分の理解力のなさと気の利かなさには落ち込むこともしばしばなのだけど。)
描ける絵の量が増えてきた。七月からの三ヶ月一冊も読むことのできなかった本が読めるようになった。以前のようにお風呂で絵や言葉が浮かぶようになってきた。少しずつ、お手紙もかけるようになってきた。頭の中の思考が切れ切れじゃなくなってきた。

そういうことができるというのは、心から張った糸がちゃんと体のパーツを繋げてて、自在に動かせているという感じがして、とてもうれしい。

できればこの状態が一時の浮き上がりじゃなくて、ちゃんと一山越えた結果もたらされたものであるといいな。明日もこんなふうに、ゴキゲンでいられますように。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya6.jpg


「魔法・失敗」

シンデレラに ごめんなさいだわ


王子さまと言ったらカレーの王子様かカボチャパンツくらいしか思いつかない私なのでした。今日は絵のみ。もうすぐ日付がかわるわー。おやすみ!

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya5.jpg
2008kabotya51.jpg
2008kabotya52.jpg


わん・つー・すりー。いずれも「植林魔女」。

背景を緑っぽくするつもりで描きはじめ、一枚目の段階で「これでやめておいたほうがいいかも・・・」と思ったにも関わらず塗ってしまったのが二枚目。なんだかしっくりこなくて、フォトショップの色調補正に頼ったのが、三枚目。

いったいどれが一番いいのか、並べてみてもよくわかんない。

☆☆☆
いかんなあ。最近の私ってば「好かれる」絵を描こうと躍起になってる気がします。目に見える形で評価されることへの誘惑に抗えなくなってる。あああ、自己嫌悪ー(><)

自分の中の観客も批評家も眠らせたまま、無心に絵が描ける人間になりたいなあ、とよく思います(向上心を捨て去る、ってことでなく)。煩悩まみれの私ですから、そんな境地に到達するには百年くらいかかりそうだけど。


テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya4.jpg


「おちこぼれ まじょたち」

おっとっとっと とっとっとっと
せかいがわれらに まほうをかける


☆☆☆
オン&オフのお友達へ。ほぼ私信。

いつもメッセージ有難うございます。折角気にかけてくれているのに、あまねく音信不通になっててごめんなさい(><;)
決して忘れてるわけでも、無視してるわけでもないので、お便りが出せるようになるまで、気長に待っていてくださると嬉しいです。

そうそう。次回サイト更新時に、リンクの変更をさせていただこうと思っています。今後とも何卒よろしくお願いします!

☆☆☆
このおやすみはたくさん絵が描けてわりとハッピーでした。充電した!という感じ。やっぱり二連休はありがたい。
微妙にスランプに入りかけの兆候があったのだけど、なんとかその一歩手前でカーブして回避することに成功したので、ひとあんしんです。ほっ。スランプってる場合じゃないもんなー。

明日からまたちょっとプレッシャーのかかるお仕事が控えているけれど、次のお休みまではあと二日!ほどほどに地に足をつけて、軽やかに土曜日へと渡っていこうとおもいまする。ぽんぽん、とね。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya3.jpg


「夜間清掃・そのに」(前作とのつながりなし)

晴れ渡る秋空、なんて常套句をみんな信じているから
秋は手入れが かかせません

☆☆☆

古いスケッチブックを燃やしたら、炎色反応のごとく色んな色で燃えないだろうか。

大学卒業前後くらいから現在までの絵がスケッチブック30冊くらいになったので、最近ちょっとずつ絵の整理をしています(捨ててるわけではない)。自分ではそれなりに絵柄も変わったつもりだったけど、親に聞いたらえー?そう?とのことだったので、実はそんなに進歩がないのかもしれない。それはちょっとががーん。

絵柄はともかく描いている世界には確実に変化があるみたいで、数年前にはあったコミカルな絵、キャラクターたちが屈託なく遊んでる絵は最近とんと描けなくなってしまいました。表情のパターンもぐっと減ったしね。
それはある程度「お洒落な絵」「少女性の強い絵」に特化しようとして意識的にやったことではあるのだけれど、想像力も一緒にそぎ落としてしまったような部分がないでもない。物を何かに見立てたりするのもあまり得意じゃなくなったし。
昔描いていた絵に戻りたい、というわけじゃないけれど、もうちょっとこう、発想で遊んでみるような絵、単純に笑ってしまうようなイラストも、今の絵柄で描けたらいいなあ、と思います。雑念が多くて、難しいんだけども!

☆☆☆
嶽本野ばらの「タイマ」を読みました。予想を裏切らない内容だなあ(よくも悪くも)というのが読後感。野ばらちゃんは、「強かに」弱い、人です。
でも彼の本からじわじわ伝わってくる、お洋服や音楽に対する執着はいつ読んでもうっとりします。私はロリータメゾンのお洋服は着ないし(嫌いではありませんが。むしろ好きですが)ニルヴァーナはピンとこないけど、それでもそれらをよりどころにして生きる姿勢(とか、趣味嗜好を通して同志?を選別してるとことか)には激しく共感(って言葉は安っぽくて嫌いだけど、他に言いようがない・・・)します。物に執着する、というか、そこに精神性を見出して自己投影するという滑稽な行為が、私はとても好きなのです。自分でもやめられないし。

ノー、ステキナモノ、ノー、ライフ、だもんね。さ、次は「アラジンと魔法のお買物」を読むのだ。

☆☆☆
おまけの色違い。どうも最近配色が直感的に出来ないの!
2008kabotya31.jpg

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
ringodorobou.jpg


「対価」

林檎泥棒!

ならば物々交換を
(みつ と つみ は似ています)

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
junk20081012.jpg


「しのびよる不安」

めをあわせたら だめなのよ
さびしそうでも だめなのよ


数日前にあったハチクロ映画を観てたら、クレパスが使いたくなったのよ。あの映画はあこがれすぎて胸が痛くなりますね。蒼井優のかわいさもひっくるめて。

☆☆☆
車の運転免許についての話が出ると、いまだになんだか落ち込んでしまいます。笑い話にしてはみたけど、小さなかさぶたのように傷口が傷む。

もたもたしてて教官に怒鳴られる恐怖が克服できなかったこと、涙が止まらなくなったことが原因でやめたというのは、客観的には「なんだその程度で!」というレベルのことなんだと思う。実際私もなんでこんなことで最後までやれなかったのか、と思うし。
だけど、もう一度やってみたら?と言われたってできないのです。どうしてもこれだけは、できない。事故るのが嫌なんじゃなく、いまだどうしても克服できない幼い頃の叱責への恐怖、失敗したときの自己否定感に再び向かい合わなければならないのが怖い。小学校一年生の、「何故そんなことができないの」といわれ続けていた情けない自分に逆戻りしてしまうことがとてもとても怖い。叱責の記憶はカプセルみたいになっていて、ふたを開けると無数のカプセルが飛び出してくる。同じ色の、とても苦い。

恐怖の原因をこうやって文章にするのは驚くほど簡単。だけど、それを口で他人に説明するのはうんと難しいことに思える。だって結局、それって不幸自慢だもの。こんな辛いことが昔あったんです、だからその話題について触れないで、根掘り葉掘り聞かないで、なんて、ばかみたいな話だ(そんなばかみたいな話を、文章にならいとも簡単にやってしまうこの矛盾)。私はただの根性無しじゃないのよ、って言いたいのかしら、私。やっぱり根性なしじゃないの。

もうやめよう。一人二役で叱りっこ劇なんかするの、不毛なことこのうえない。とりあえず気持ちが沈んだ理由は文章化してはっきりしたので、あとは半日絵で昇華しようと思います。たちなおれよわたし。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya2.jpg


「カボチャオミクジ」

あたりがでたら
もういっこ


一週間かけてようやく一枚完成。最近のわたしの絵は、なんだか色がうるさすぎて不調和だなあ、と、おもう。
あとまったく関係ないけど、美味しいカボチャプリンが食べたい。たーべーたーいー。

☆☆☆
ここ一週間ほど体調が優れません。あちこち痛いったら・・・(><)うう、はやく健康体に戻らねば。
でもまだ連休は遠いのです。とりあえず、明日行ったらお休み!ほどほどに、がむばろう。

おひさしぶりの日々スケッチ

キンモクセイ/アリスのウサギの耳の蜘蛛の巣/シャツワンピース/カランコエ/カシュカシュ/白兎さん/100円ショップ/ハナちゃん(イヌ)/カレンダー/記憶喪失/謎のはらいた/グリム童話はとってもシュール/千匹皮の衝撃/60年代ファッション/ウテナ/ハロウィングッズ/フレームめぐり/早生みかん/値札のついた鳥

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
2008kabotya1.jpg


「おばけ・餌付け」

賞味期限の切れたのがいい


☆☆☆
はろーはろー。ごぶさたしてます。

十月にも入ったことだし、暫くはハロウィーンな感じの絵がつづくよてい。とりっく・おあ・とりーと!

☆☆☆
おまけ。
無印で新型のエコバッグを見つけたので、久々に絵を描いてみた。20081005222052.jpg
携帯カメラではこれがせいいっぱい。暗い・・。

アップにすると、こんなの。
kabotyakaban.jpg

クレヨンだとやっぱり目がうまく描けないなあ。布クレヨンも楽しいけれど、マーカー系で布に描けるもの(もちろん耐水性になるやつ)ってないのかな。
絵は一面にしか描かなかったんだけど、もう一面にも何か描こうか、シンプルに無地にしておくか悩むところです。

・・・・ところで、自分で作った布バッグやらバッジやらをつけて外に出るのって、客観的に見ると相当滑稽なものですね。たぶん。

自分としては、別段自慢でも褒めてもらいたいわけでもなく、絵を描く自分と常に繋がっているためのおまじないだったり、ある種の自己防衛(というのは言いすぎか。お守りって言ったほうがしっくりするかな・・・)だったりするんだけど、それってつきつめればやっぱり自己愛なんじゃない?って自分にツッコミ。はははは。は。

わーはずかし。・・・自覚したからってやめるつもりもないのだけれど。

テーマ:絵本・制作・イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブックマークに追加する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。