つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する
akaitoriaoitori.jpg

あかいとり、あおいとり。
久しぶりに色鉛筆を握ったら、いったいどうやって塗っていたのかわからなくなっていた。


年度末、なのですね。友人たちの日記を読んでて、「あ、そうか、節目の季節なんだ」とふと気付く。お疲れ様&いってらっしゃい、だね。みんな(^^)

☆☆☆
自分のサイトの絵置き場を久々に眺めて、直視できる絵がこの半年分くらいになってることにちょっとびっくり。劇的に絵柄が変化した、というわけではないのだけど、気付かないなりに、描けるものが増えたり、技術的に進歩しているのだとしたら嬉しいなあ。例え進歩したのが絵だけだったとしても。

春は優しいので、一番後からゆっくりついていくものの手も、忘れずに引っ張っていってくれる・・・のかもしれない。そんなことを思った、三月の終わりでした。

取り敢えず、好きな物だけ忘れないようにトランクにつめて、四月に乗り込むか。
行き先未定の旅が、またはじまる。でも、心細いばかりでもないね。たぶん。

☆☆☆
自分用メモ:今日のMステ、見逃すな!Coccoだよ、ライブだよ~!・・・「流星群」歌ってくれるって、ほんとかなあ?あのシングルで、一番好きなんだけど。
(追記:間違えました・・・!一番好きなのは「どしゃ降り夜空」だった。何で間違えたんだろう?曲が始まるまで、勘違いしてたよ。
でもそれはともかく、今日のあっちゃんはこないだにも増して素敵だった><ワンピース、可愛かったしね!)
スポンサーサイト
ブックマークに追加する
mizutamadarake.jpg

「水玉大好き!」

今日は、小学校の友人、チョコくんに会ってきました(最近、mixi上でばったり発見!あそこは時々、思わぬ人に会います)。現在は関西の大学院生になってるチョコくん、ちょうど春休みで岡山に帰って来てるんだー、折角だから久しぶりに話でもしたいね、ということで、十二年ぶりの再会となったのでした。
お互い中学校は別だったので、記憶にあるのはちっちゃい小学生の姿。これは、待ち合わせ場所に行ったらどっちもわからないんじゃないかなあ・・・と思ったけれど、そんな心配は杞憂でした。チョコくんの方が、あっさりこちらを発見。何でも、
「車の中から、だいぶ遠くで信号待ちしてる姿を見ただけで『あ、あれだ』ってわかる位、変わってなかった(笑)。」
・・・そうです(汗)。うーんうーん、これ、久々に会う小中高の友人(あるいは先生)たちが口を揃えて言うんだよね(それも必ず、開口一番)。おっかしいなぁ、多少は内面も変わってるはずだし、昔とはだいぶ、髪型も違えば眼鏡もしてないのになあ。そういう問題じゃないのか?喜んで良いやら、成長の無さを悲しんで良いやら、複雑です(笑)。
対するチョコくんですが・・・まあまあまあ、大きくなったねー!(笑)ちょっとこう、親戚の子を十年ぶりに見るおばちゃんの如き心持ち。やあ、すっかりスポーツマンのお兄さんだなあ。
でも、中身のほうは全然、変わってませんでした(^^)クラスで一番快活でお喋り上手な子という印象のチョコ君でしたが、そのマシンガントークはそのまんま(いや寧ろパワーアップしたんじゃ)!やー・・・「喋り過ぎで喉を壊したことがある」という人には、初めてお目にかかりました(笑)。お蔭で、小学校卒業後から現在までの彼の人生がダイジェスト版で目に見えるようにわかって、ものすごく面白かったです。やっぱり、テニス部での青春が一番楽しかったんだね。あとすごく、モテたんだね(笑)。
話を聞きながら、男の子同士の友情っていうのもいいなあ、と思ったり。女の子のお喋りとは、また違うんだろうなあ。男の子ばっかりでドライブにいって、一晩外で喋って過ごす、というのも、なんだか楽しそうではないですか。やってみたいなー、そんなの。どんなことを喋るんだろう?

そんなこんなで、ひたすら昔を懐かしんだり近況を言い合ったりしつつ、王子ヶ岳と鷲羽山周辺をうろうろしてまいりました(タヌキかイタチみたいなのがいた。猫に挟み撃ちされて、困惑してた)。山の上から海を眺めたんだけど、曇り気味の空にも関わらず、ものすごく綺麗なんだ。ところどころ鮮やかなピーコックグリーンで、それが刻々と移動するの。いいなあ、絵に描きたい。風景画は、描けないんだけどさ。
車の免許取ったら、こういうところにふらっとくるのも良さそうだねえ。カーブ多くて、自分の運転には若干不安を感じるけど・・・(汗)。

とにもかくにも、楽しい再会でありました。明日からまた西宮かー。頑張ってね~!

さて、いつもは別記事なんだけど、今日は一つの記事に。ノゾムさんのところで貰った、閲覧者強制バトンです(もらったよーv)。
・・・・と言っても、例によって強制はしないんだけどね。

あまりにも長いので、読んでもいいよ、っていう人だけ「続きを読む」からどうぞ(あ、mixiから入ると、全部表示されちゃうんだっけ;)。
⇒ つづきよむ? ブックマークに追加する
mayonakaatorie.jpg

街は ぼくの アトリエ。

ここのところ、絵がややスランプ気味。描きたい題材自体はいくつか浮かんでて、メモには取ってあるんだけど、いざ描こうとなるとどうも・・・。手が、心や頭をずるずる引っ張って、やや無理やり描いてる感じになってる。こういうときは、大抵絵を描く動機が「逃避」「はけ口」になってるからなんだよね。いかん。
自然に帰れ。・・・まちがい、初心に返れ。

「児童サービス論」テキスト、一回目読了。あー、これは確かに、簡単には受からないかも(汗)。ぱっと見簡単なテキストなのに、書かれてることを自分の肉にするには、結構骨が折れるのね。
でも、内容としては面白い。参考文献が山のようにあるんだけど、できればどれも読んでみたいものばかり(勉強じゃなく、趣味として;)。絵本関連の書籍は、絵を描く上でも参考になるんじゃない?なんて、打算的なこともちょっとだけ思ってみたり。
仕事や主婦業をしながら勉強してる人に比べて、勉強の時間があって申し訳ない、なんて卑屈になっていたけれど、どうせならもう開き直って、その時間で出来るだけ沢山の文献を読んで、練り込んだレポートを書いてやろうじゃないの・・・!それでできるだけ早く、受かってやるんだい。
珍しくやや前向き思考の、ねこのさんなのでした(落ち込んだ反動で、一時的なものだったら、どうしましょ)。

☆☆☆
午後から、手続き書類のための写真を撮りに行って来ました。もちろん、機械で撮るやつ。
これってロクな撮れ方したことないんだよなあ、前は眼鏡が反射して、片目が完全に無くなって写ってたし・・・そもそも写真撮られるの、嫌いなんだよ・・・なんて思いながらぼーっと座ってたら、カシャリと音がして、写真完成。出てきたのを、恐る恐る見る。

・・・ぶふっ。(←噴いた)
うん、顔がイマイチなのは、機械のせいではありません。だから「写真うつり」のせいになんてしない・・・けど、なんだこの表情は!
私はぼーっとすると、目が細くなる癖があるのです。写真になるとそれがモロにわかっちゃうので、今回は心持ち、目を見開いてみたんだけど。

見開き過ぎた・・・。何かね、こう、地球外生命体にでも遭遇したかのような、驚愕の表情なんです・・・(@@;)どうしたんだ、ワタシ。しかも口は、またとんがらかしてるし(これもクセ)。わーん、また失敗したー!
この写真が貼られた学生証、早く使わなくて済むように、頑張ろうと思うよ・・・うん(涙)。

傷心(大げさ)を抱えたワタシは、そのままふらふらと地下街を徘徊し、悲しみをお買い物で癒したのでした(本日のお買い物。アラニス・モリセットのCD。イラストレーターの入門書。緑茶の匂いのする香水。雑貨屋さんの安い腕時計。)はっきり言って、買いすぎ。バイト代何回分に相当するんだろう・・・???ちょっと、○村うさぎさんの末裔(?!)みたい。恐ろしい・・・。

☆☆☆
ふと思い立って、お守りみたいなものを作ってみた。とは言っても、願かけや魔よけのためのものじゃない。ある種の安心感を得るためと、逆説的に自分の理性を確認するためのもの。
作りながら、映画「式日」のワンシーンを思い出した。このお守りは、あれほど思いきったものではないなあ。
ブックマークに追加する
senteisagyoumoto.jpg

思春期剪定作業。

切っても、切っても、大丈夫。だって涙で、どんどんのびる。


ごぼごぼごぼ。だいぶ浮上してまいりました。毎度のことながら、心配かけてごめんなさい・・・(涙)。いい加減うんざりしてる人もいそう~。昨日は、全然周りが見えてませんでした。落ち込み始めると、ダメだなあ。目隠しをした暴走機関車トーマスに、引っ張られてるみたいになっちゃう自分がおそろしい・・・。・・・トーマスは、暴走しないかもしれないけど(それにしてもあのシリーズは怖い顔をしてるよね・・・小さい頃、あれ見て泣いた)。
今日からまた気を取り直して、色々励みたいと思います。あ、学籍の更新(というか再入学の手続き)、しなきゃ。やることはいろいろあるなあ。
「児童サービス」の教科書を見て、気を引き締めなおしております。うむ、これは気合いれなきゃ、受かんないわ・・・。がむばる。ういっす。

そうこうしてたら、落ち込むとか立ち直るとかいうレベルでなく、思考が一気に切り替わるようなニュースが飛び込んできました。
ええと、これ。う・・・うそー!

・・・なんでこんなにびっくりしてるかって言うとね、この三作全て、丁度大学のとき私が卒論(というか中身は感想文;)に使った作品なんです・・・!この監督が前に作った「第七官界彷徨」も観たかったんだけど、今回のは、それ以上に気になる(><)全国上映、してくれるのかしら(いや、しなくても観に行きたい)。嬉しいなあ、嬉しいなあ~。わくわくわく。
だけどこれ、卒論のときにやってくれたらよかったのに(笑)。かえってそれに影響され過ぎちゃったかな~?

☆☆☆
ここのところMASSIVE ATTACKばかりだったBGMを、コーネリアスとフジファブリックのアルバムに換えた。MASSIVE ATTACK、すごく好きだけど、気分がどんどん沈潜していくことに気付いたので。そろそろ楽しい曲も聴こうかな、ということで。スピッツなんかも、良いなあ。
音楽に心が影響されているのか、それともそのときの気分が曲を選んでいるのか、どっちなんだろう?と、時々思う。
高校のとき習った「浸透圧」に、ちょっと似てるような気もする。

↓おまけ↓
senteisagyou.jpg

気まぐれにデジタル版。線画抽出、っていうのを使って、色々塗ってみた。
本当はフォトショで塗りたかったんじゃないんだけど、本来使おうとしたソフトは使い方がまだわからなかったのです(笑)そのうち、リベンジ。
ブックマークに追加する

綺麗なお花とかわいいクマたち。

でも、われらが友人の花嫁姿には敵わなかったよ!

ほんとに、おめでとう!




ブックマークに追加する
oyasumikokuti2.jpg

昨日の日記は、一つ前の別記事にしています。絵もそちらに貼りました。

四月から、自動車教習所に通うことになりそうです。そろそろ行かねばならないよなあ・・・と思ってたところに、ついに、父からお達しが出てしまいました(汗)。
別に責めるような口調で言われたわけではないけれど、言外に「資格の勉強がまだ終わらないなら、せめてその間に車の免許くらい取っておけ」という含みがびしびし感じられました。無理も無いことです。無いこと、なんですが・・・。

みるみるすくみあがる気持ち。ああ、ついにこの日が来たか、という感じ。
いやだー。心底、恐ろしい。今から教官に嫌われたり怒られたりするところをシミュレーションして、泣きそうです(早)。

そんなわけで、地元のお友達に私信。車の免許を取った方で、どこの教習所が一番行きやすかったよ、っていうの、もし知ってれば教えてくださると嬉しいです・・・(><)
はー、気が重い。けど、これくらいはやらないと。今まで逃げてたのが悪いんだし。大抵の子は、学生時代に取ってるんだし・・・。

☆☆☆
ここからは、精神衛生上宜しくない表現満載の、恒例ウツウツ愚痴吐きです。
影響されて憂鬱になってしまいそうな人や、甘えてんじゃねえ!オレは愚痴愚痴言うやつは嫌いなんだー!って人は、ここでストップ、ね(ほんとはこんなこと書くくらいなら、自分の心に留めておくべきなんだけど;ごめん)。
⇒ つづきよむ? ブックマークに追加する
hanayomesan.jpg

昨日日記。

昨日は、高校時からの大事な友人の結婚式でした。一ヶ月ちょい前くらいに「結婚するんだー」というサプライズニュースを聞いてから、この日を楽しみに待ってたんだー。期待に違わず、とてもいい式だったと思います・・・(><)おめでとう、ほんとにおめでとー!!!

ここから先は、結婚式の大体の模様と感想。ちょっと長くなったのと、内容がごく一部の友人向けなので、続きは追記にて。読んでもいいよ、という方は、「続きを読む」を押して、どうぞ。
⇒ つづきよむ? ブックマークに追加する
harumekukimoti.jpg


心が舞いあがる、春。

いい天気、なんだけど、ほんの少し心には雲(上の絵のコメントと見事にあわない)。
司書の勉強、まだ最低一科目が残ってるという事態を知って、父の機嫌がみるみる悪くなったから(当たり前)。そこにもってきて、街に出た途端親の知人と遭遇。開口一番、「娘さん就職決まりました?」と言われてしまいました。ああ…タイミングが~(泣)
単なる社交辞令の先を削って、「まだ働いてないの!この怠け者が!」という叱責の言葉に脳内変換してしまうのは、私が一番それを自覚してるからなのだけど。
…凹。

…って、そうそうたびたびくよくよしても仕方ないのです!それよりも、明日は久々に大きなイベントが。それを考えたら、自分の小さな悩みなど取るに足らないことなのだ。うんうん。
…今日もそのためにお化粧の練習。と言っても、前回平面マネキンみたいになってから一度も練習していなかったので、これでようやく二回目なんだけど(汗)
。友人たちのアドバイスを参考に、前回よりは色んなものを使って、研究してみたのですが、出来上がった顔は…。

…女装???…っぽい、気がする…(爆)。

髪型のせいなのかそれ以前の問題なのかよくわからないけど、どことなく、男の子が罰ゲームでお化粧したかのような顔が出来上がりました。う~ん、まあ、一応人間の顔してるから、いい…のか?(よくない)ま、いいことにしちゃおう(汗)
明日私の顔を見ても、断じて噴いてはいけません!と、友人に、私信しとこう・・・。
しかし、難しいなあメイクって…。

☆☆☆
明日は日記、完全にお休みです。月曜日にまとめて書くよ。

あと、私信です!宅配便(違)、無事届きました(>_<)本当に有難うございます~。お礼メール、また週明けに改めて送りますね(^_^)
ブックマークに追加する
ushimitumeruhen.jpg

ウシミツメルヘン。

図書館日和。こないだのテストの資料を返して、ちょこっとだけ「児童サービス論」の関連資料にも目を通してきました。
帰りに、前の日記で触れたバスケット、買ってしまった・・・。お、お花見のときに、使おうっとー。
「売りきれてたらどうしよう?」なんて思ってたけど、前と全く置き方も個数も変わっていなかったところを見ると・・・あんまり買う人は、いないらしい(笑)。嬉しいような、淋しいような。

さて、今日はそこはかとなく春を感じた出来事。と言っても、「あら、お花が咲いてるわ」なんてロマンチックなものではありません。寧ろちょっと、気持ち悪い話。

我が家には、ヌイグルミがたくさんあります。その殆どが、幼稚園や小学校の頃からのもの。洗濯しても埃を払っても、もうだいぶ薄汚れた印象は否めないのだけど、なんとなく捨てるには忍びなくて、部屋の本棚の上にずらりと並べてあるのね(ヌイグルミ嫌いの人には、怖い部屋だと思う)。そのヌイグルミに、この時期必ず起きる現象があるのです。

現象って言っても、ポルターガイストよろしく勝手に動き回るとか、そういうことじゃない。でも、私にとってはもっと恐ろしいこと。

それは、どこからともなくやってきたによって、ヌイグルミが食われるという事態・・・(死)ある日ふと見ると、ヌイグルミの白い毛の部分にはりつく、米粒をもうちょっと小さくしたような、黒い体に白い斑点をもった、おぞましい虫がいるのです。ぎゃー!!!

この虫ね、ヒメマルカツオブシムシ、っていうらしい。毛糸などの衣類とか、保存食品とかも食い荒らすし、昆虫標本なんかも好物なんだそう。うっかり防虫剤を切らしていたら、去年コートに十箇所くらい穴を空けられていた。ヌイグルミも、素材によっては全く見向きもされないのもあるのに、襲われるヤツは毎年、ちょっとずつ食われていくのです。うわーんやめてくれー!
い・・・一応、人並み程度には綺麗好きだし(と思うんだけど、そうでもないのだろうか)、掃除機だってちゃんとかけてるのに、完全に追い払うってことができない(だいたい、食い荒らしたものの中に潜んで越冬するらしいので、もしかしたらヌイグルミの中にいっぱいいるのかもしれない・・・ひ~)。毎年、この時期になると二三回は半泣きで潰すはめに・・・。うう、無益な殺生は嫌いだけど・・・けど~!!!

こんな春の風物詩(違う)はいらない、と思いながら、ヌイグルミに掃除機をかけまくる管理人なのでした。うう、共存してもいいから、私の前に姿を見せないでくれ~(TT)。
・・・爽やかさの欠片もない話で、ゴメンナサイ。

☆☆☆
大学時代の学部のお友達、Iちゃんと半年ぶりくらいに電話。元気そうな声がきけて、良かった!彼女と喋っていると、何だかこちらも優しい気持ちになるから不思議です。いい子だなあ、ほんとに・・・(涙)。もうすぐお仕事開始なんだ、体に気をつけて頑張ってね。
他の仲間たちの近況も聞けて、ますます会いたさが募りました。と言っても、ついつい自分から連絡をとらないのが悪いところ(そうそう、Tちゃん、某所の書き込みに気付いてなくてごめん!先週返信しました;ここ、目に触れるかどうか不安だけど、私信です。)。忙しいみんなを、私が遊びに誘って良いのかな?といいう気後れがあるのも事実だけど、いつか会えるっていうのに安心してたら、そのままずっと会えなくなりそうだし、近いうちに連絡回してみようと思う。どんな風に変わったんだろう。どんな風に、変わってないんだろう。考えただけで、楽しみです。
ブックマークに追加する
greenlion.jpg

春の装い。

春の陽気に誘われて、というわけじゃないけど、ちょっとだけ、出かけてきました。今年初めて、スプリングコートに袖を通した。
なぜだかうまく言えないけど、周りの空気と自分自身が、しっくり調和した日。バス停でバスを待っているときも、人の多い地下街を歩いているときも、いつもの緊張が無かった。空気か背景に、自分が溶け込んでる感じ。こういうのって、いいなあ。

用事を済ませて、久々にスタバに寄り道。新製品(なのかな?)の、抹茶ティーラテ、というのが美味しかったです。かなーり甘い(そして熱い!舌火傷した)んだけど、ちゃんと抹茶の苦味もあった。何よりあの抹茶色が、ほっこりした気分を増幅させます(笑)

スタバには就活中らしき、同年代の人がちらほら。流石に「頑張ってる!」っていう引き締まった彼らを見ているとかすかに胸が痛んで、馴染んでいた空気が皺皺になって、自分を締め出そうとしてる気が一瞬した。でもね、そんなのは自分の思い込み。お茶を一口飲んで、ふたたび復調。

お茶が冷めるのを待ちつつ、読みかけの小説の続きを読む。途中眉間に皺を寄せたり、目をウルウルさせたりしていたので、ちょっと変なお客だったかもね(^^;)。飲み物が冷める頃に、読了。貸してくれてありがとー!すごく、いい小説だったと思うよー。感想は読書ブログに書いたので、またそちらで(私信)。

読み終わって、ほうと溜息。しばらく脱力していたけど、気を取りなおして帰ってきました。今は、最近買いまくった(買いすぎた;)CDを聞きながら、こうして日記を書いているところ。

これが終わったら、ちょっとずつ、勉強も再開しなきゃだな。明日はまた、図書館です。
ブックマークに追加する
友達に貸してもらった本。高校時代の恩師葉山先生への想いをずっと抱えつづける、工藤泉という女の子の長い長い、片思い。片思い、って言ってもいいのかなあ?うーん、でもやっぱり、そうとしか言いようがない部分を感じるなあ。

薦めてくれた友達の言う通り、とても読み応えのある作品だったと思う。

面白かった!すっきり、というのではなく、寧ろかなり辛い気持ちになるところが多かったんだけど(読んでて後半何度も泣きそうになった)、それでも惹きこまれて読んでしまうタイプの本。たぶんこの本は、読む人によって反応する場所は違えど、ごく個人的な体験や思い出を呼んでしまうんじゃないかなあ。



恋愛小説、というものがだいたいあまり得意でない私でも、これは割とすっと入っていけた。たぶんそれは、私が恋愛小説において「苦手だな」と感じてしまう、ある種の「恋愛を楽しむ」余裕とか、相手の人間性を値踏みする(言い方は悪いけど)冷めた目線がないからなのだろう。転がり落ちていく自分を真っ直ぐに眺めながら、だけど少しもスピードをゆるめることの出来ない悲しさ。青い火を見ているみたい。落ち着いている印象を与えるのに、ほんとうは情熱的な赤色の火より、ずっと熱い。



抱えきれないほどの情熱なのに、あくまでもそれを表現する内面描写が理性的なのも、いいなあと思った理由。女の作家さん(だけじゃないけど)は、内面描写を結構感覚的に表現してるものが多い気がする。印象的な風景や、物をぽーんと置いて、その感覚を共有できる読者を選んでしまうというか。そういう作品、私はかなり好きだけど、この作品みたいに、そういうものに頼らないで、繊細な内面描写が出来るのって、実はすごいことなんじゃないかと思う。



ここからは、ごく個人的なこと。この小説の中心は葉山先生と泉で、ほんとうに胸がつまるようなやりとりがたくさんあるのだけど、私が一番辛くなるのは、二人の場面ではなかった。泉が付き合うことにした小野君の台詞とか、後輩柚子ちゃんの「手紙」のあたりが、一番胸をえぐられるようだった。とても苦い記憶とか、ずっとずっと解決できていない嫌悪感みたいなものがあまりにも生々しく甦ってきて、これを読んでいた喫茶店で、目が潤んできてちょっと困った(笑)なんかこう、瞬間的に頭に血が上ったのね。



小野君の心の痛み、分からないわけじゃない。だけど読んでいる間、私はこの人がとても憎かった。この人のしたこと、というか、こういうことする全ての人が許せない、と思った(この人の支配的な言動も、ちょっと引っかかる)。泉の心ががさがさ乾いていく過程に、無意識のうちに入り込み過ぎてしまった。泉は小野君のこと、憎まなかったけど。私は泉の、こういう根本にある聡明さ(?)がとてもいいと思う。感覚的な好き嫌いの部分で相手を切ってしまわないところ。ああ、この人はこういう人なんだなあ、と、すうっと受け入れていけるところ。作者もそういう人なのだろうか。だからこそ、こんなにそれぞれ魅力的な人物が描けるのかしら。なんかね、個々の人物の内面が、嫌味なく、クリアに描かれてるなあという気がします。



読み終わった瞬間、はーっと溜息をついて、しばらく天井を眺めた。

なんだかそうしないと、自分の周りにまだ、雨が降り注いでいるようだったから。



痛みと引き換えに戻ってもいい過去なら、欲しかったな。そんなふうに人を好きになること、いつかは出来るのだろうか?と思うと、かすかに淋しくもあるね。



・・・また、この人のは、読むだろうな。いい本を貸してくれて、ありがとう。


ブックマークに追加する
hanagatyoutyoni.jpg

「プレゼントは花束・・・のはずが」。

今日は朝から色々嬉しいことがあって、お天気にもめげず元気一杯なねこのです(笑)ありがとうございましたー(私信)♪
昨日までの日記を編集する前に、今日の日記とバトンを書いておこうっと。

さて、今日は久々に毛刈り・・・もとい、散髪に行って参りました。試験直前の頃なんて鬱陶しくてたまらなかった髪が、ようやくまたさっぱりショートになった。
今日は美容院にお客さんが私一人しかいなくて、いつも切ってくれるお姉さんのほかに、店長のおばさままでがお喋りに参加して、非常に賑やかな散髪タイムでした(笑)。昨日のWBCの詳しい試合の模様とか、体のサイクルと髪質の関係とかを、前髪切ったり、洗髪のために顔にタオルかけてるときまで、喋られるの(^^;)相槌打ってると髪が切れないし、でも無視するのもなんか悪いしで、楽しいんだけどなかなか大変だったのです。ふいー。

さてさて、この後は、mixiでのお友達、せんちょさんが回してくださった(ありがとうございます~^^)、ふしぎなバトンです。んーと・・私は仮に「お題バトン」と呼ぼう。『』の中に、前の人から指定されたお題を入れて、質問に答えるっていうやつね。

せんちょさんが私に回してくれたお題は・・・『メルヘン』でした!おおっ。いい響きです・・・にやり。

そんなわけで、楽しんで答えてみようと思います!どんな質問かなーっと。

Q.1 パソコンまたは本棚に入っている『メルヘン』は?

パソコンには、私の作業を手伝ってくれる小人さんが住んでいます。私がレポートや試験に煮詰まってたり、放り出して寝ていたりすると、代わりにやってくれようと、パソコンから出てくる。
でも、飼い主(?)に似て怠け者なので、すぐに飽きてパソコンの中に帰ってしまうので、私が起きたときには一行も進んでいないのです。

・・・こらこら、そこ、ひかない。(笑)

本棚に入ってるメルヘン・・・。あ、本棚の半分くらいが、児童文学と幻想文学です。
あと、メルヘンチックな置物やら小物やらが、ひしめいてる(笑)
 
Q.2 今妄想している『メルヘン』は?

基本的に、妄想過多な人間です(笑)。妄想は絵の原動力かもしれない。
そうねー、今思い描いてるメルヘン的情景はねー、

魔法使いが出てきて、キリンの模様の色を変えたり、シマウマの縞模様を水玉模様に変えたりしてる。

・・・ほんとに妄想だなー。そのうちこれも絵に描くよ、きっと。

Q.3 特別な思い入れのある『メルヘン』は?
 
うーん。ヘルマン・ヘッセの『メルヒェン』かな。あれはすごく哲学的で、美しい話が多かったので。
あとね、阿保美代さんっていう漫画家の方が描く、メルヘンシリーズが大好き!「アボさんのふるさとメルヘン」とか。メルヘンといえばこの人かなー。

ところでメルヘンとファンタジーって、どう違うのかなあ。ドラゴンが出てくるのがファンタジーで、悲しいピエロが出てくるのはメルヘン?ちょっと大雑把過ぎるよね、きっと。

Q.4 5人にお題つきで回してください

どうしようかなー。こないだバトン回したばっかりだから、今回はここで止めておこうかな。でも、「やりたい!」っていってくれる人がいたら、こちらからお題、指定させてもらうよー。密かに、待ってる(笑)。

↓本日おまけの一枚↓
kahundeyowaru.jpg

例年の七割って言ったって、かゆいものはかゆい。うう。
ブックマークに追加する
oyasumikokuti1.jpg


まず私信。借りてる「ナラタージュ」、よーやく読み始めたよ!面白い、というか、引き込まれつつあります。

んでは、20日と21日の日記、まとめて。
20日はね、撤退してしまったダイエーが入ってたビル「ドレミの街」がリニューアルしたのを見に行ってきました。雑貨屋さんが入るって聞いていたので、それをお目当てに。
「スリーミニッツハピネス」っていう、コムサみたいな雑貨屋さんは、安くてシンプルな小物屋さんでした。ちょっと、無印に似てるかなあ。100~300円くらいで、ちっちゃいフラスコ花瓶とか、透明な南瓜みたいな、霧吹きとかが売られていて、ときめく。おおおお、あれはそのうち、買いたいなあ・・・。
けれど、ここのお店以外には特別「これ!」ってときめくものはないかも・・・。ちょっと残念だなあ、物足りないなあ・・なんて地下に下りていったら、もう一軒、ありました、雑貨屋さん!
こっちはね、ナチュラルなんだけど、もうちょっとカントリー(?)な雑貨や小物が多くて、より私のストライクゾーンだった(笑)鞄や部屋着、キッチン用品もあったし、子供向けの絵本みたいな文房具もいっぱい。こいつは、いい~!!!

雑貨好きな友人には、一度行って見ることをお勧めします。うん、そのうち、一緒に行こう。ほんとにかわいいよー。

21日は、ちょっと前の日記でも触れていた「国吉康雄展」を観に、岡山県立美術館まで足を伸ばして来ました。珍しく、一家揃って。
美術館周辺は、沈丁花の香りが立ち込めていました。沈丁花って、ちょっとだけ、金木犀の香りと似てる。どっちも好きな香りなんだけど、こちらはちょっぴり、レモンみたいな爽やかな酸味がある香りだよね。
槿と木蓮も咲き始め。もうちょっとしたら、公園を散策したり、写真を撮ったりするのもよさそうだ。

で、肝心の展覧会。これは、行っておいて正解でした!前の郷土出身の画家展のときには、国吉康雄の画風の中でも最も有名(らしい)な、仮面と不安定な構図や色彩の絵ばかりが飾られてて、それはそれでとても魅力的だったんだけど、今回の展覧会は、彼の画風がそこに行きつくまでの、初期、中期、太平洋戦争の頃に描かれた絵・・・などもかなりたくさん展示してあった。ほんとに、見ごたえありました。
初期の絵は、セザンヌ(だったっけ?ごめん、うろおぼえ)の影響等を受けているらしい、暗く濁った色彩に、ぼやけた輪郭で描かれてる。筆が、ふわーって立ち上る煙みたいに動いてるせいなのか、実際のサイズよりも絵に迫力がある。一人で絵の前に立ってると、だんだん自分がちぢんできてるような気がします。

その後に展示されていたのが、鋭い(見様によっては、かなり悪意のある)目つきの子供が出てくる絵。国吉さんはあんまり子供を「かわいい」存在とは捉えてなかったそうだ。うん・・・たしかに、愛くるしさのかけらもない(笑)。でも、そういう作品に混じってちらほらと、童話の一場面のような作品が混ざってて、それはツボにはまりました(雨乞いの為にカエルがミミズをくわえてる絵が、ユーモラスで好きだ)。あと、牛の絵はどれも良い。国吉康雄の描く牛(に限らず、動物はみな)は、妙に知性的な目をしているのだなあ。
画風が写実に傾いてくる中期の、みなどこか同じ印象を湛えた女性の絵も好き。モデルは結構官能的なポーズなのだけど、みんな目元のあたりがふっと暗くて、悲しい表情をしているの。それがとても、美しい。

後期の絵はねー・・・それぞれ、思わずじっと立ち止まってしまう魅力や迫力があるんだけど、それらが描かれた背景を読んで、絵に描かれたそれぞれの要素の解説を知ってしまうと、素直に絵に入り込んで、いいなあと思えなくなっちゃった。あまりにも、背景に政治的なものや、アイデンティティの分裂の苦悩がありすぎて、見ているととても辛い。
自分がどこかの国に属している、という意識は、それが外から批判的に語られたり、貶められたり、逆にその国が自分を圧迫して来たりするときにこそ強く働くものなのだなあ・・・なんて、あんまり絵と関係無いことを考えて、ちょっと複雑な気持ちになった。

それにしても・・・絵に限らず、芸術をプロパガンダに使わせようとするのって、醜悪だよね。それはたしかに、とても効果的な方法なのだけど、やっぱり冒涜だって思う。

・・・とまあ、いろいろ考えるところもあったのだけど、とても楽しいひとときでありました。
わー、また、長くなっちゃったなあ・・・。ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした(^^;)
ブックマークに追加する
(携帯記事を、編集しました)

出来はまあ…まあ。完璧、とは言えないけど、いいさ。受かってますように(>_<)
大阪は、ちらほら桜が咲いてました。雪とともに。

帰りに、梅田の大丸にてクレー展を観ました。クレーって、実はいろんな画風があったんだなあ・・・。水彩の滲みを利用した絵(なんか、手法が音楽用語なんだけど、忘れた;)もあって、新鮮だった。
造型も好きだけど、多分私が一番クレーの絵で好きなのは、色なんだろうなあ。一つの色の下に、かすかに違う色が見える、あれ。じーっと見ていると、どんどん奥へ奥へ連れていかれそう。
「喪に服して」というタイトルのついた絵が好き。悲しそうにうつむいた人が単純な線で描かれてて、確かその中がタイルみたいに色んな色の四角で塗られていたの。悲しいタイトルだけど、見ているととても安定する絵。
後は、天使シリーズが好き。「おませな天使」とか「忘れっぽい天使」とか、楽しいタイトルがついてる。これは、谷川俊太郎の詩がついた本が出ているらしいので、また買おうかな。

それにしても、クレーの絵は、優しくお茶目なスフィンクスみたい。解けなくても食ったりしないけど、容易に解けない謎を「これはどうだ」って出されてる気分。

時間が押していたので、あんまりゆっくり観られなかったのが残念。珍しくポストカードを買わなかった。印刷にしたら、全然良さがなくなる(減る、というレベルでなく)絵もあるのね。色が全然違う。
ブックマークに追加する
試験会場に到着。外は霙まじりの雨で(傘ないのに!)とてつもなく寒いけど、私の口と胃の中は今たいそう熱いです。というのも、さっきお昼ご飯に入ったモスのチリドッグが、死ぬほど辛かったから(汗)。ひーはー。
来る途中ずっと眠かったので、眠気ざましも兼ねて辛いの頼んだはいいけど…辛い物大好きな私でも固まる辛さでした(チリソースじゃなくて、何故かピクルスが激辛)。辛いって言うか、痛いよ!口が。これ、絶対明日胃が痛くなるわ。ああ…すでに胸焼けしてる(泣)
…でも、ばっちり覚醒。は…吐かないように、頑張ります(>_<)
ブックマークに追加する
keshigomu.jpg

消えたものたちは、どこへ行くの。
久々に、鮮明かつ変な夢を見たのでその話題から。
今朝の夢は二本立て。一本目は、割とスプラッタな夢。左手の小指の一間節分が突然取れちゃって、流血の大惨事になってました(泣)。で、慌てて落ちてる指を探して拾って、包帯で縛って繋げるの。「こんなんで、ちゃんと治るのかなー?」とか言いつつ。治るわけ、ないじゃん…。怖いけど、わりと呑気な反応が私らしい夢(笑)。

二本目は、十階建てビルの高さまで積まれた座布団のてっぺんに登って、その上に並んでる綺麗な和菓子を選ぶ夢。見晴らしは良かったけど、ぐらぐらしてちょっと怖いのね。下で、何故か母が「三番目の、水色とオレンジ色のお菓子を選んでよ!」って叫んでた。
そこからまたえっちらおっちら降りたら、今度はでっかいお雛様がうろうろしてるホテルに連れていかれて、そこでお雛様たちのやる式みたいなのを眺めることに。めでたい感じなのに、何故かBGMは般若心経!「これは一体何の儀式なんだろう…にしても、お腹減ったなー」というところで目が覚めた。
相変わらず、支離滅裂な夢だなあ…だれかこの夢、解釈してちょうだいな!

☆☆☆
さて、馬鹿なことばっかり書いてるけど、明日は試験を受けに大阪です。あと二十四時間を切ったのに、まだ頭がぼんやりしてる。それどころか、「試験済んだら、近くのCD屋さんで掘り出し物を探すぜー」とか、「帰り道、梅田でまたおなまさま(※過去日記参照。ナマズのこと)に挨拶したいなあ」とか、「ついでに大丸梅田のクレー展にも寄れたらいいなあ」とか、心はすでに試験後の楽しみに向かっているのでした
うーん、大丈夫か私。
ブックマークに追加する
nekogundan2.jpg

そろそろ絵のストックが切れてきたので、また使いまわしの加工絵。すこーし、元の絵より輪郭をぼかしてみた。
テストバイトテストテストテスト。ああー、あと、三日。
ちょっぴり荒み気味の管理人ですが、そんなところに素敵なバトンをいただきました。mixiにて、一穂さまから「絵師バトン」です!ご指名、有難うございました・・・(><)ものすごく嬉しかったですv

そんなわけで、大喜びで答えさせていただきます。お絵描き系のバトンは、楽しくてよい。

■回してくれた方の絵の印象

色鉛筆の優しいタッチといい可愛い子供たちといい、画面全体から優しさが伝わってくる絵です・・・v生み出す作品の中の世界を、とっても大事に大事に描いてるんだろうなあ、って想像してしまいます。壊さないように、そっと耳を澄まして見ていたい絵だなあと思いました。

■周りから自分のイラストにもたれる(と思われる)印象5つ

んんん?どうなんだろうか・・・。
・柔らかめ。ほんわか。
・子供がいっぱい
・絵本にも漫画にもなりきれていない絵(これは実際に何度か指摘された)。画風が中途半端。
・メルヘン
・時々密かにブラック・・・。
とか・・・かな?

■自分の好きな絵柄5つ述べてください

・繊細で優しい世界の絵。
・可愛い絵。
・物語もしくは音楽を想像させる絵。

でも、これとは全くベクトルの違う、
・シャープな線で描かれた絵
・病的なまでに緻密に描き込まれた絵
・・・というのにも惹かれます。この二つは、全然自分の世界と共通性がないので、かえって新鮮なんだ。

■では反対に苦手な絵柄

・筋肉や胸がリアルに強調された絵。どっちかというと、凹凸のない体のほうが好きなので、あんまり「男!」「女!」って感じの絵には拒否反応が出る。ごついのとか、くびれてるのとかはあんまり好きじゃない(もうちょっと言い様はないのか)
・猟奇的な感じがしすぎる絵。グロテスクなのもダークなのもそんなに嫌じゃないけど、直接的すぎるものは生理的に受けつけないかな。
・写真みたいにつやつやしてる絵。もしくは、左右対称というか、何もかもが完全に整ってる絵。崩れてる部分がある絵のほうが好きだったりする。

色々描いたけど、実際に絵を見てるときに「この絵柄は好きじゃない」って思うことはそんなに無いかも・・・。割とどれもそれなりに好きになってしまう(節操がないのか)。
絵柄と言うよりは、題材に拒否反応を起こすことのほうが多いしね。

■自分が描きたい、描けるようになりたいと思う理想の絵柄、スタイル

これはいっぱいあるんだよなー。その気になれば、2000字くらい書けるんじゃないだろうか。でもま、そんなに書くのも何だから、軽くまとめると、

・見るからに絵本、というくらいに画風を単純化(?)するか、もしくはもうちょっと立体感や動きを出して、漫画らしい絵柄にするか、どっちかにしたい、です。
・そしてもうちょっと色遣いを洗練させたい。
・背景や小物をもうちょっと凝って描きたい。それ以前に建物とか描けるようになりたい(涙)。というか、これは画風とは関係ないか。

■自分のイラストを好いてくれる人に叫んでください。

ああああ、有難うございます~。そんな奇特なあなたが大好き(><)

■そんな大好きな人にバトンタッチ15名(絵の印象つき)

わっ!これまた多いなー。でも、好きな絵の人はいっぱいいすぎて、多分15人じゃおさまりません。
とりあえず、比較的交流のある好きな絵師さんにだけ、書こうかな(手抜き!)。もうこれはファンコールみたいなものだから、バトンを受け取ってくれなくても全然オッケーです(確か、もう貰ってる人もいるはず)。では行きます。恥ずかしげも無く、愛をこめて(笑)。

まず、オフ友絵師さんから。
白兎さん。あのシャープな絵柄とすらっとした中性的なキャラクター造型は私の憧れなのです・・・。細いのに、力強さのある絵。きりりとした表情の中に慈しみがあるところも好き。

しゃわこさん。キャラクターの目が、なんとなく遠くを見てところが好き。絵の中の人物が、画面上には描かれてない世界を一緒に連れてきてるような感じ(今トップにいる女の子、好きよー)。

ヒノキちゃん。健康的にセクシーでコケティッシュなキャラクターが好き!特に、微かに微笑んでるときの人物の顔が色っぽい・・・v私もいつかあのような表情を描いてみたいけど、むりか・・・(笑)。

円城さん。画面に華があるところが好き。「おっ」って目が吸い寄せられる、華やかさ。
うまく言えないんだけど、どのキャラクターにしても、気高さや誇りを宿した目をしてると思う。そんなところも好き。

キナ子さん。すんごい可愛い男の子からナイスなおばさん(笑)まで、どれも「ドア開けたらそこにいて、ちょっと不思議な世界に引っ張り込んでくれそう」な感じがするキャラクターを次々に生み出すところ、尊敬しております・・・。ファンタジックな感じとすごくリアルな感じが、絶妙なバランスで混じってるような・・・。これは絵柄だけじゃなくて、ストーリーについてもなのだけど(><)

紅夢リオさん。もう、子供とか女の子の生き生きした表情にメロメロです!私は特にリオさんの描く人の笑顔が好き。こんなにいい笑顔の絵はみたことない!っていうくらい、ぱぁ!って光る笑顔なのです。優しい気持ちになれる・・・。

ノゾムさん。いいなあ、お洒落可愛いなあ・・・vっていう絵。配色が絶妙。
八頭身のかっこいいお兄さんの絵もものすごく好きなんだけど、私は彼女の描くデフォルメ絵、ちびっ子絵がとてもツボでした。ぐりぐりなでなでしたい。転がしたい可愛さなの・・・(最近日記復活で嬉しいよー:私信)。

つぎっ。オンラインの、絵師さん。
イヌイムさん。ど、どこから魅力を語ろう?女の子の溢れる可愛さとか、建物や不思議な生き物の魅力とか、静かなユーモアとか、一抹の淋しい風が吹くところとか、色々あるんだけど、一言で言うと、
どんなに賑やかな絵でも、その中にはしいん、と静まり返ったところがあって、でもその静けさの中からは色んなものが聞えて来るよ、っていうところが好きなのです。音楽を感じる世界・・・。(・・・って、一言じゃないじゃん)

pikoさん。様々なタッチで絵を描かれているpikoさんですが、私が特に好きなのは、やっぱり絵本の時の絵。顔の表情とかからだけじゃなくて、線のタッチでキャラクターの感情とか、楽しい(もしくは淋しい)雰囲気って伝えられるんだ!ということを思い知りました。
あのちっちゃい人物が、ふと机の上とかに遊びに来てたら素敵だろうなあ・・・なんて考えてしまう。

せんちょさん。もう、あの色遣いとタッチに一目ぼれしてしまいました。せんちょさんの絵を見ると、必ず晴れの日の夕方の気分(どんなんだ)になるのです。ふわっと、ノスタルジックな気分が湧きあがってくる・・・そんな感じ。アニメーションになってたら、うっとり眺めてしまいそうです(><)

とっぷりん。さん。実はとっぷりん。さんの絵は、まだmixiの一枚しか拝見したことがないのですが、あの優しい可愛らしい絵にはいつもほっとするのです。色が、ほんわかしてて・・・。
日記の文章を読むと、ああ、あの絵を描く方だなあ・・・とすごく納得します(^^)

穂樹さん。私が絶対描けない、かっこいい大人の女の人を描かれます。何気なく遠くを見てる目が、どこか意志的なものを感じさせるりりしい女性像。もっと絵、見てみたいです。
でもトップにいる不思議なキャラクターも、なんか好きです・・・(笑)

・・・と、ここまで。放言に近い感想だったので、気を悪くする人がいたらごめんなさい(><)
他にもマイミクさんやコミュニティの参加者さんで、ラブコールしたい人はいっぱいいるのですが・・・ちょっと恥ずかしいのでやめます(笑)

長々お付き合い、ありがとうございました!さーてと、勉強。
ブックマークに追加する
nijiirotegami.jpg

君の気持ちは確かに受け取った。

さて、何色から読もうかな。


珍しく、音楽をかけてない午後。テスト勉強と、ひさびさのバイト仕事が入ってるから。流石に頭が分散しちゃうし(クラシックとかだと逆に眠くなるしね;)、仕事にミスが出てしまっては困るし。集中、集中。

折りしも、晴れの国岡山は思いっきり、雨。カーテンみたいに家の周りに降り込めてて、周りの音が全然聞こえない。唯一の音といえば、部屋のテーブルヤシの花(南天の実くらいのサイズで、黄色い。良く見ると、真ん中へんが笑ってる口のように見える・・・。)が散らばるぱらぱらって音だけ。おかげで部屋の中まで、雨降りのようだ。
こういう日は、ちょっと心細いかもしんない。花粉症の症状は出なくていいけど(笑)。

音楽かけたーい。カラオケいきたーい。絵は・・・描いてるから、まあいいや(^^;)
☆☆☆
そだ、久々にサイトを更新しました(頂き物ページも)。こんなときになにやってんだ!って感じだけど・・・うん、分かってる。現実逃避よ、最後のgenjitutouhi(笑)。
これで日曜の試験まで、気を散らすことなく頑張れる・・・はず。たぶん!

☆☆☆
自分用メモ。
MASSIVE ATTACKというバンドのCD、近々聴いてみること。特に「TEARDROP」という曲の入ってるやつを。昨日たまたまTVで特集してるのを観て、ヒトミミボレ、した。
地下を流れる水のように、暗くて、冷たい音楽。可愛らしい音楽と同じ位、こういうものも欲しくなる。

あと、四月の第一月曜の毎日新聞朝刊で、Coccoが連載を持つらしいって話を小耳に挟んだ。うあ・・・!毎日、取ってないよ。
書籍化するのを待つか、根性で毎回買いに走るか・・・悩むところだなあ。

ブックマークに追加する
某雑学の番組の最初に出てくる、アイザック・アシモフが集めたいろんな雑学知識の本です。どこから読んでもいいね、この本は。



アシモフさん、SFで有名な人なんだよね・・・「われはロボット」とか。そちらはまだ読んだことないんだけど、この本はなかなか、面白かったです。訳に、ショートショートの名手星新一。訳の文体にかなり星さん色が出てる気がする。そっけないんだけど、それがまたおかしいというか。

表紙と中の挿絵が楽しい。ちまっとした線画で、どことなく昔風な感じが好きなのです。真鍋博という方の絵なんだね・・・どっかで、見た事あるような気がする。



自然現象、生き物、人物、文化、スポーツ、芸術、エトセトラエトセトラ・・・。どれも「へぇ~」って、お決まりのあのアクションをしたくなるような雑学ばかり。あ、でも正直、最初の四十ページくらいはちょっと退屈だったんだ・・・このへんは天文とか気象とかの、数字に関するトリビアが続くんだけど、あんまり数字が大きいと、ぴんと来ないんだよなー。「ふーんそうなんだ・・・」止まりになっちゃうの。でも、ある程度そういうのに敏感な人ならびっくりできるかも。



ワタシが好きなのは、やっぱり動物や有名人の項目だなー。ゾウリムシの増殖スピードにびっくりし、蚊に歯があることを初めて知った。あの有名人って実はそんな奇行に走ってたんだ!?って驚愕し、他人の功績を自分のとして発表しちゃった科学者の多さに苦笑し・・・やー、面白かったです。人間離れした人もいっぱい出てくる。



ごくたまに、ちらっと皮肉が利いた箇所もある。それもまた、味だなあ。



内容については、読んだときの衝撃のためにこのくらいにしておこう。ぜひ「へぇ~」ってびっくりしてくださいな。それにしても、自分が知らないことをしたときの喜びって、どうしてこんなに大きいのかしら。
ブックマークに追加する
hukahukanonemuri.jpg

ふかふかの眠り。

ほーら、あなたはだんだん眠くなるー(嘘)。


ここ数日、花粉症の症状がひどくなる一方です。昨日油断して外に出たからかしら、今日は特に苦しい。うあああ~目が痒い痒い痒~い~~~ばかやろ!!!(癇癪)目というか、目の縁がひりひりします・・・(xx)くそぅ、何の恨みがあってヤツら(杉)は我々花粉症患者を苦しめるんじゃ・・・。ごしごしごし(顔中こする音。真似してはいけない)。ぐしゅぐしゅ。

そんなこんなで、今日はもう、引きこもって勉強です。窓も開けないし、暖房も我慢!何だか、脳細胞にまで花粉が詰まってるんじゃないかと思うくらい進まないけど・・・(涙)。
あと二問、問題作成が残ってる。今日中に済ませないと、バイトのお仕事と重なって頭が煮える・・・!がむばる。

☆☆☆
昨日出かけたときに、書店で「ダ・ヴィンチ」という雑誌を衝動買いいたしました。軽めの書評中心のカルチャー誌、という説明でいいんだろうか?とにかくわりと、面白い気がする。いつもなら、図書館で借りるのだけど、「文化系女子」という特集記事に、ついね(あ、いしいしんじの特集もありました。お友達にも、好きな人多いので、ご報告!)。
文化系女子、とか、文化系乙女、とか、文学少女、とか。時には「頭でっかちの自意識過剰な女」を指して侮蔑的に使われる言葉ですらあるんだけど(そしてそれは、そんなに外れてもいない)、私は割と、このカテゴリに入りたいと思ってしまう。普段は「どんなものであれ、カテゴリ分けされたり、ラベル貼られたりするの、いや!」なんて思ってるのに、どうしてこの言葉にだけは、ある種の特権(?)というか価値を感じて、そういう風に呼ばれるような振る舞いをしようとしちゃうのかなあ。意識的にも、無意識的にも。
矛盾してる、という自覚はあるのだけど。

ま、そんなことはともかく、この記事は面白かったです。おすすめの本のリストを眺めて、あ、これ読んだ、とか、わーこの本はまだチェックしてなかった、とか、ついつい勉強そっちのけで、夢中になってしまう。あと穂村弘の対談記事・末映子のインタビュー、渡辺ペコの漫画が面白かったよー(皆初耳の人ばかり!読んでみたいな、作品も)。
「言葉を多用するのはセクシーじゃない」っていうの、肝に銘じておきたいものだ(・・・といいつつ、べらべら喋ってるワタシ)。

あと、ちょっと蛇足。名前はなんとなく出さないでおくけど、前はかなり好きだった作家さんのインタビューに、かすかに違和感を感じた。少数派であることとか、特殊な嗜好であること、人に受け入れられないということにアイデンティティを置き過ぎるのって、どうなんだろう・・・と思って。この人の属している世界はもう、自分で思ってるほどマイノリティじゃないし、すごく自己矛盾起こしてる気がした。

あー、なんか今日の記事は、半分くらい読書ブログのほうに書くべきことだったかも(汗)。ま、たまには、いいよね(^^;)

☆☆☆
自分用メモ。「バカ姉弟」という漫画、書店で探してみること。面白そうなんだー。
ブックマークに追加する

きれいに さいたよ




ブックマークに追加する
2006whiteday.jpg

バレンタインデーほど印象に強くない日なので、うっかりスルーしてしまうところでした(^^;)
この絵は、くみちゃんにプレゼント。ピンクがモチーフの絵、これでどうだろう?ちょっと、ピンクというには濃い色が多いかなー。


ホワイトデー、ですね。私は今年は(や、今年も、っていうのが正確?)父にしかあげていないんだけど、きっと彼は今日がホワイトデーなんてこと、これっぽっちも覚えていないと思われます(笑)。
「お返しちょーだいな!」って言っちゃおうかとも考えましたが、父のチョコレートの大半は私がせっせと食べ尽くした手前(やー、ウイスキーボンボン、美味しいですわ!)、それはちょっと図々しい?と思って、自粛。ううっ、でもなんか美味しいお菓子とか、ひょっとして買ってきてくれないかしら?お酒でも良い(笑)。一抹の期待もしてみます・・・。

☆☆☆
今日も今日とて、県立図書館へ。テスト勉強に行き詰まったので、参考文献の力を借りに。・・・というのは名目で、一日家にいると腐るので、ちょっと散歩も兼ねてるのだけど。雪の舞う中、くしゃみ連発しながら行って参りました(笑)。

いつもと一本違う道を歩いただけで、色々面白いものが目に入ってくる。古アパートとか、鉢植えの珍しい(?)花とか(ポピーに花の形と葉っぱが似てるんだけど、花びらはもっと多い。んで、色の種類が結構いっぱいあるの。誰かわかるかな?)、ギリシア彫刻みたいな建築の建物とか。あー、カメラ持ってくれば良かったなあ。今日はロモでも撮れるくらいのお天気だったのに。

でも一番のヒットは、某たこやき屋さんのシャッターに貼られてた紙。「本日卒園式のため、お休みします!」って走り書き。「所用につき」「急用のため」じゃないところが、なんかいいなあと思って。きっと店主はお父さんかおじいさんなんだろうな、嬉しくて、思わずわざわざ「今日は子供の卒園式なんだよ!」って書いちゃったんだろうなーって想像すると、微笑ましい。

帰り道は、某遊べる本屋さんについ吸い寄せられて、よりみちー。ここでちょっと、また見つけてしまいましたよ、可愛いもの・・・!!!ああっ(嬉しい悲鳴)。
一つはトランク型の、バスケット!ピクニックに行けそうなやつね。絶対持ち運びには不便だし、奇異な目で見られそうだし(ま、それはたいして気にならないけど!)、家に置いておいても邪魔なんだけど、だけど、だけど・・・!!
欲しいです、めちゃくちゃ(目がハート)。これに文庫本とスケッチブック入れて、お出かけしたい・・・(><)割とリーズナブルだし、「メルヘン少女におすすめ!」みたいなポップにもやられた(笑)。し、し、試験が終わったら、買っちゃおう・・・かなあ~。もしそれまでに売りきれてたら、縁がなかったってことで、諦めよう。
もう一つは、ここでも何度か言ってるプチブライス。久々に、可愛い子を見つけた。あーうー、こっちも欲しい・・・でもでも、これは何とか我慢できるかな?どうだろう(笑)。

試験後の楽しみも見つけたし、目の保養も出来たし、今日からまたエンジン全開で頑張れる気がします♪るるん。しかし、私の日記ってば高頻度で物欲記と化してるなあ・・・(汗)。

☆☆☆
本日のBGMは、フリッパーズ・ギターの「Singles」(エンドレスリピート!)。「Camera!Camera!Camera!」が大好きだー。歌詞がいいのは勿論なんだけど、最初の伴奏を聞くたびに、銀色の弦の上を滑り降りていくようなイメージが浮かんで、それがとても心地よいのです。絵に描きたいけど、うまく描けないのでやめた。
ブックマークに追加する
tonsouganbou.jpg

遁走願望。フジファブリックの「虹」を聴いてて浮かんだ絵。

意図するところが正確に伝わり難い絵になっちゃったような・・・(汗)。


テスト週間に入りました。そんなわけで、また書くことが単調になりそう(^^;)ぜ、善処します。
外は青空晴れ晴れ・・・だけど、雪、舞ってます!?えええ・・・びっくりした・・・。
気温は低いけど、やっぱりお日様の元気度とか風の匂いは、二月の頃とは違うね。こういう日には、100円ショップとかでシャボン玉の液を買ってきて、ベランダから飛ばしたい。綺麗だろうなあ。

携帯電話に入ってるメールや着信履歴やら、電話帳やらの記録を全部消すように迫られるって夢を見た。現実の私はそれほどメールや電話をしないんだけど、夢の中では切実に、消去ボタンを押すのが怖かったのです。周りの人の存在が、そのボタンで全部灰燼に帰すと思って。
どうして、そんな風に考えたんだろう。どうしてあんなに、怖かったんだろう?
そもそもなんでまた、こんな夢を見たんだろう。暗示的な感じはするのに、それが暗示するところの本質が、わからない。うーん。

☆☆☆
ここのとこ、どっちかっていうとセンチメンタルな歌詞の曲ばかり聴いているせいか(感傷癖万歳!万年思春期上等、ってね。そう言えば感傷的な歌詞の曲は、男の人の歌い手に多い気がする。なんでかな?)、昔の記憶が入ってる引き出しがパカパカ開いてる。
古い記憶は、小包を開けるときに似てるなあ、と思う。先に当時の風景が思い出されて、それをがさがさ開けるとそのときの感情が出てくる。その微妙な時間差。
ひとつ違うのは、小包の包装紙はすぐ捨てちゃうけど、思い出の場合は、風景のほうが長く残るってとこかなあ。そのときどう感じていたか、は忘れちゃっても、そのとき見ていたものは、やけに鮮明に覚えてるんだ、ずっと。

ブックマークに追加する
minnaegao.jpg

サムネイルです。クリックして元サイズ。

「いちばんいいかお、して」。
・・・管理人は今も昔も写真で微笑むのが苦手です。いっつも、引きつってしまう。
「ほら、笑って!」なんて言われた日にゃ、もう。


いつもの通り今日はパソで長文が打てないので、諸々の私信と、メモ的昨日日記だけ。まず私信。
・返信遅れ気味でごめんなさい(>_<)月曜火曜には!これは、何人かの方に向けての私信。
・目、お大事になさってくださいませ(泣)結果が良いことをお祈りしています(>_<)(直接書き込みたいのですが…ごめんなさい)

あとは、昨日日記。
久々にお化粧をしてみた。そろそろ、練習(笑)しとかなきゃ、まずいかなということで。
取り敢えず、あんまりお化粧してない感じで、かつ頬の辺の肌荒れが隠せる程度がいいな、ナチュラルナチュラル!と思ったんだけど・・・。ファンデーションと、口紅と、チークだけうっすらやってみたら、やっぱり違和感。なんてのかしら・・・こう、出来の悪いマネキンみたいに、顔が平面的になるんだよ・・・(--;)こっ怖い!自分の顔が、不気味だ!(泣)もとからなんて、いわない!
色々読んでみたら、違う色で重ね塗りしたり、影をつけたり、かなりいろいろやってるみたい。ほへー。

ナチュラルメイクっていうのは、実は相当技巧を凝らして出来るものなのね(みんなどのくらい時間かけてるんだろう。ちょっと知りたい)。ナチュラル、とは対極にあるのですな。なるほどなるほど。

で、すぐに剥がすのも(笑)何なので、その不気味顔のまま駅前に新しく出来た本屋さんに行ってきました。「セルバスクエア」っていうの。新しく出来たビルの一階にあって、地下街からも行けます。
理系の専門書みたいなのはあまりないので、そういうのがいる人にはあまり役には立たないと思うけど、アート系の本(ここは重要)と、雑誌の品揃えは良いです、かなり!何より雰囲気がいいの。お洒落な内装で、棚の色が黒っぽくて落ち着いてる。んで、ジャズがかかってるんだ。うあー、これは長居出来るわ。
画集とか、紋切り図柄の本とか、色々面白そうな本にわくわくしてたところに飛び込んできたのが、ヘンリー・ダーガーという人の画集。かなり大きな画集なんだけど「非現実の王国」というサブタイトルに惹かれて、手に取ってみた。

う・・・うわあ・・・これは・・・。

最初に見たのはお人形さんみたいな幼い女の子たちが可愛らしく並んでるページ。可愛い優しい色なんだけど、かすかに「可愛い」と呼ぶにはしっくりこない雰囲気が漂ってる。これはどっか、ねじれてる。歪んだ感じ。なんだろう?
・・・と思って、ページを飛び飛びにめくっていったら、だんだん怖い内容の絵が出てきて。女の子達が、ものすごい虐殺のされ方をしてる(涙)。血。ばらばらの手足。徹底的、というか、その描き方に何だか執拗なものを感じて、怖くなって本を閉じてしまった。これは一体、どういうの・・?

はっきり言ってとても気持ち悪かったんだけど、あの画集には何だかものすごいエネルギーというか、人の心臓を掴んで離さない(というか、強く掴み過ぎて掴んだ心臓が変形しそうな)な何かがありました。題材の割に淡い色も、不思議な感じ。
またあそこに行ったら、懲りずに手に取ってしまうかもしれない。
ブックマークに追加する
sayonaratree.jpg

その花は、あの子の白い手に似てた。
さよなら。さよなら。またいつか。


昨夜の「耳をすませば」は何度観てもやっぱり胸がきゅーん!でした。あの映画は、主人公と年が離れれば離れるほどリアルに感じられる映画な気がする。ふしぎ。
ラストは、何度観ても大声を出しながらのたうちまわりたいほど恥ずかしいけど(笑)・・・、主人公が無我夢中で小説に取り組んで、終わった後で大泣きするあたりには、何度も観てるのにやっぱりほろり。ファンタジックな映像には別の意味でほろり。主人公が大人しい文学少女じゃないからこそ、あのお話は生きてくるんだろうなー。

それにしても、骨董屋のおじいさま&主人公のお父さんは素敵すぎです・・・。落ち着いてるけど、言うべきことは言ってくれる大人。セイジ君より、あの二人にときめいてしまうワタシなのでした(笑)。

今日のは日記じゃないけど、まあ、いいよね。
ブックマークに追加する
springprincess.jpg

プリマヴェーラ。
服の模様、もっときちんと図案化したものを描けばよかったなあ、とちょっと後悔。中途半端にリアルにしようと思ったら、イメージしてたのとずれちゃった;


今日からテスト勉強開始。今回はちょっと、余裕がある、やも。

ここのとこ、高校卒業してから最大の視力低下期を迎えているようです。たまにつけるコンタクトが合わなくなってきたなあ、とは思っていたけれど、ほぼ毎日かけてる眼鏡の見えが、あきらかに悪くなってる。私は壁際のカレンダーの曜日とか、本棚の文庫本のタイトルなんかを視力低下の目安(?)にしてるんだけど、あれが最近、ぼけぼけで読めないんだよね(--;)うーん。

毎日パソコンの前に座ってるのが悪いのか?と思ったけれど、考えてみたらこんなに視力が落ちる前から、結構ネットはやってたし。
やっぱりあれかなー、絵、描き過ぎなのかなあ。そういえば一日一画ペースにしてから、目の疲れや肩凝りが増えた気がする(汗)。ありゃー・・・。

でも、絵を頻繁に描くようになる前は、その時間に本読んでたから、やっぱり目は酷使してたと思うんだけど。暗いとこで、寝っ転がっての読書なんてしょっちゅうだったし・・・。今はちゃんと灯りの下で、できるだけちゃんとした姿勢で描いてるつもりなんだけど、それでもこっちのほうが使うのかなあ、目。
何にしても、ちょっと気をつけたほうがいいかもしれないなー。緑内障とか、怖いもんね(親戚に二人もいたので、ちょっと恐れている。あれは割と遺伝するって、ほんとかな;)。それと近いうちに、ちゃんと眼科に行こうっと。先生怖いから、行きたくないんだけどなー・・ううっ。

・・・花粉症による、一時的な視力低下、とかだったらいいなあ。そんなわけ、ないか。
ブックマークに追加する
kuronekoakumu.jpg

青空が割れた。閉じ込められているのは、誰だ。

今日は、だらだら書きます。あらかじめ予告。

再提出になっていた「図書館サービス論」を出してきました。こんどこそ、受かると良いなあ(切実)。
このレポートが通って、今度試験を受ける「図書館概論」のレポート&試験が合格すれば、残りは「児童サービス」一つ。お願いだから、もう再提出は勘弁して・・・(涙)。

ここまできて、随分ほっとはしてるのだけど・・・結局、2年間の学籍更新が切れる間に、全ての単位が取得できなかったことだけが心残りです。「児童サービス」だけ(残ってる教科がもし不合格なら、それも;)はもうどうやっても今月の試験には間に合わないので、再入学の手続きをして、四月以降の受験ということになってしまったの。もちろん、出来るだけ早く取っちゃう気ではいるのだけど、自分の不甲斐なさにちょっとしょんぼりします。一昨年の抜け殻だった自分に、ばかやろうって叫びたい。
・・・逃げたツケは、ちゃんと自分にはねかえってくるようになってるんだな、何事も。

・・・と、まあ、ちょっとだけ心を暗くする要素はあるんだけど、それでもひとまずレポート出せて晴れ晴れ!ということで、お決まりの散財コースを辿ってしまいました(笑)。「ネコノの浪費の法則」なんてできそうです。レポート後、試験後は必ず財布の紐が緩んでる、っていう感じのやつ(^^;)
本日はタワレコにて、CD(それもアルバム!)を二枚購入。数日前に言ってたフジファブリックの「FABFOX」と、フリッパーズギターのシングルコレクション。小沢健二のニューアルバムは、もうちょっとだけ、我慢。
フリッパーズギターのCD、相当古いのにまだちゃんと新品が売られてるんだね~。タワレコ、恐るべし・・・。
今、順番に聴いてます。まずはフジファブリックから。うーん、じわじわ効いてくるなあ・・・。少しずれた風景みたいで素敵。妙な擬態語みたいなのが多いとこも、好き。これはやっぱり、はまるかもね。

<追記>ちょうど入れ替わりに「コミュニケーション論」のレポートが返却された(もう返って来てる錯覚に陥ってた;)。やった!これは、無事合格。しかも最高評価だ~、嬉しい・・・(涙)。散々悩んで書いた甲斐があったよ・・・。

☆☆☆
CDと共に、お化粧の記事を求めて珍しくファッション誌を買ってみる。
ぱらぱら読んでみたけど、すでに挫折しそうじゃ・・・(色んな意味で)。ファンデーションと口紅とチークだけじゃダメなのか?マスカラとか、目の回りにする鉛筆みたいなのがめんどくさい~(><;)ああ、前途多難・・・(おおげさ)。
他の記事も色々読んでみた。うー、アオリ文句に一々「モテ」って入ってるのが、ちょっとひっかかる・・・。そりゃ、可愛いにこしたことはないのですが、あまりにも異性からの目を意識した価値観がばんばんあって、ちと疲れました。日常的に参考になるファッションはこういう雑誌のほうが多いけど(実際、可愛いなって思うものもたくさんあった)、正直なところ、読み物に関してはゴスロリ系の雑誌を眺めてるほうが楽しい気がした・・・。ああいう閉鎖的なカルチャーというか、自己満足(とか自己陶酔)を追及してるもののほうが、性に合うというか、気楽に読める、かも・・・。

そしてひとつ疑問。「ちょいワルオヤジ」ってなんですか。や、そんな記事がね、載ってたのです。イマイチ定義とカッコ良さがわからなかったんだけど、今日日の若い娘さんの多くは、ああいうキザで下心をくるんだような人が好きなんだろうか(私はもうちょっと、枯れたオジサマ、というかオジイサマが好きですよ!)?そんなことも、ない気がするんだけど、特集組んでるくらいだから、そうなのかなー。よくわからん。

とにかく色々「???」が駆け巡る、ひとときでありました。

☆☆☆
地下街で、地元の美術系専門学校の卒業・進級展をやってたので、一通り眺めて帰ってきた。うわあー、楽しそう!巧拙を超えて、好きなことを勉強してるって感じが伝わってくる。
こういうのを見るたび、中学、高校三年のとき、美術系を受験したいって親と喧嘩してわんわん泣いたときのことを思い出して、かすかに切なくなるんだ。

その都度今の選択をしたのは自分だし、その選択を大後悔してるかと言われたらそうでもないし、何よりもし違う選択をしていても、それで幸せだったかどうかはわからないのだけど。
でも、もしこういう勉強が出来てたら・・・?って想像することくらい、いいよね?
いつかはこんなかすかな痛みも、忘れてしまえるように生きたい。大泣きした自分に、「十年もすればほら、この涙も無駄じゃなかったと思うようになれるよ」って、いつか言ってやれたらいいなと思う。


・・・ほんとに今日は、支離滅裂な話題だったなあ。しかも真ん中へんはちょっと感じ悪いかも(汗)人の価値観を否定しようと思って書いた訳じゃないので、あしからず!
ブックマークに追加する
namidanotane.jpg

うめたて・なみだ。

昨晩TVで観た社会派の映画「私は死にたくない」に打ちのめされたネコノです。せっかく楽しい気持ちで帰ってきたのに、お、重過ぎる・・・。夜中醜悪な映像イメージに苦しむ羽目になってしまった。あああ。
人がリアルに死ぬ映画とか、死の恐怖や憎しみみたいなのを生生しく描いてる映画って、結構精神にこたえるので、苦手です。観なきゃ良かった。秀作だとは思うけど・・・。

ええい気分をかえなきゃ!ということで、ノゾムさんのところで、地元バトンを貰ってきましたー。地元大好き!ここに骨を埋める所存よ!と思ってる身としては、やらないわけにはいけません(笑)。岡山ラヴ。
んーと、ものすっごく長い上、たぶん岡山人じゃない方にはそんなに面白くないかもしれないけど、ま、変則観光案内みたいなものだって思ってくださいませ。ちょっとちがうか。
んでは、いざ。

■晴れの国をキャッチフレーズにしているが、実は日本で一番晴れの日が多いのは、東信濃地方だという事実には目を伏せている。

え?そうなの?なんとなく、沖縄だと思ってた(ばか)。

■JR岡山駅の祭り寿司の看板を見ると、岡山に帰ってきたことを実感する。

あー、そうだなあ・・・・でも、私もどっちかっていうと、高島屋のマークを見たときのほうが「帰ってきたな」と思うよー。


■新聞は山陽新聞、銀行は中銀。デパートは天満屋。

ううーん、新聞はそうかも(家、山陽新聞じゃないんだけど・・・ごめん)。銀行はトマト銀行じゃないの?

■出る杭はことどとく打ち、人の足をひっぱるのが好きだ。

ええ!別にそんなことはないぞ。というかこれ、岡山の県民性って言われてるんだ?ひどいっ。

■ドラマで長門勇を見ると郷土の誇りを感じるが、なぜいつも彼が長刀を持っているのか不思議に感じている。

ごめん、だれ?ながといさむ?いさみ?

■岡山名物ではあるが、ママカリは、あまりおいしい食べ物ではないと感じている。

そうね、私は苦手です。少なくとも御飯をお隣に借りてまで食べたくなるものではない・・・。

■それなのに岡山コンベンションセンターの名称が「ママカリフォーラム」というのは、けっこう恥ずかしい。

うん。すっごく恥ずかしい(笑)モモとママカリとマスカットしかないのか・・・!

■東京や関西はもちろん、他府県の文化にまったく影響されない。

?関西の文化には影響されてるんじゃない?よしもと劇場ある(あった?)し。

■岡山市内では車体がトラカラーの「タイガースタクシー」が走っていると他県の人に話し、うそつき呼ばわりされたことがある。

話したことはあるけど、うそつき呼ばわりされたことはない。爆笑されたけど(笑)
ほんとに、走ってるんだって!

■語尾を伸ばす。

うん。伸ばす。日記でも割と伸ばすー。

■「西の軽井沢蒜山高原」のキャッチフレーズは、もうダサいと思う。同時に「 日本のエーゲ海牛窓」も、かなり苦しいと思っている。

西の軽井沢!??そんなキャッチフレーズがありましたか(笑)。牛窓は、いいんじゃない?

■今にも壊れそうな鷲羽山ハイランドの乗り物に乗るときは、いつも命がけだ。

乗ってみたい。というより行きたい、鷲羽山ハイランド。もう随分行ってないなあ。友達諸君、どう?壊れそうなジェットコースターに、一緒にどうですか。

■県北ではしばらく前までは「つるや」がコンビニの代わりだった。

そうなの?つるやって、お弁当作ってるとこだよね、たしか。お花見の時行ったことがある。

■山陽放送のオールナイトウェザーに映るか実験をし、夜中に友人に電話をしたことがある。

その番組を知らなかった・・・天気予報かなあ。

■「桃太郎ランドってどこにあるの?」と聞かれたことがある。

ない。
どこにあるの?それはなに????

■ 名所が「後楽園だ」というと、プロレスの興業をやっているのと間違われるのが嫌。

ま・・・間違われたこと、ないよ!(汗)。プロレスの興行をやってる後楽園っていうのがあるの?

■ 駐車場といえば、林原。

うんうん。林原。岡山三大有力者のひとつ、らしい。

■ 随一の繁華街はイオン倉敷。

そんな~!一応駅前か、表町周辺でしょう!???(泣)
駅前はちょっと今、閑散としかかってるけどさ。他県から来た人に「駅前何もないね」って、言われるけどさ~(TT)

■ 県民スローガン「燃えろ岡山」の横断幕が、消防署にかかっていてもさほど違和感を感じなかった。

いや、思いっきり違和感持ってました。それでいいのか。

■キャバクラの宣伝カーの音がうるさい。

うん、うるさいよね。これはここ数年で酷くなった。他県はそんなことないのかなあ。
でも正直、キャバクラよりう・・・・(自主規制)のほうがうるさい。


■香川県には親近感を感じているが、隣の広島県は遠い存在である。

そうなんだよねー。なんでかなあ。海挟んでる香川は、ごくごく近所って感じなんだけど。
香川の人は、どう思ってるのかなあ。岡山のこと。

■ 「ベネッセコーポレーション」なんて言われても「福武書店」は福武書店だ。

うん、結構長い間、そう思ってた。今でも「ベネッセ」って言った後に「よく、生きる」っていうサブタイトル(?)みたいなのをつぶやいてしまう・・・。

■ でもその「ベネッセ」が、学生の就職人気企業ランキングに入っていると何故かうれしい。

うーん、そうねー、まあ。

■ しかも新規オープンしたキャバクラが歌舞伎町、銀座などのネーミングで悲しくなる。

そうなんだ(笑)
キャバクラさんの名前はあんまり知らないけど、一軒、キャンディ○ャンディみたいな絵を掲げたお店があるよね。知ってる?

■ かつ丼といえば上にかかっているのは「デミグラスソース」だと考えていたが、全国的にはマイナーと知りショックを受けた。

えっ、普通にソースだと思ってた。ショック。

■ ロッツビルのことをいまだにフィッツと言ってしまう。

親はいまだに時々そう呼んでる。

■ 岡山大学の北福利施設の愛称が「マスカットユニオン」、南福利施設が「ピーチユニオン」と聞いて、東西にも施設ができるなら「きびだんごユニオン」「ママカリユニオン」以外の愛称が思い浮かばない。

激しく同意。きびだんごはないの?と本気で思った。

■ 年寄りに「なんじゃ、五校じゃねえんか。実業高校か?」と言われたことがある。

えーと、五校だった。けど、お年寄りってこういうこと言うの?

■ 路面電車の料金が改正されたのを知るのは、下車するときの運転手さんの言葉からがほとんどである。

そんなこともないかも。

■ 夏暑くて冬寒いので、街に出るとつい地下街にもぐってしまう。

そうだなあ、できるだけ通路は地下街を使うかも。

■ 県北では自慢といえばB'zの稲葉さんしかない。

あうう、そんな・・・。

■ 幼い頃の遊園地といえば「鷲羽山ハイランド」「ワンダーランド」「京山ロープーウェー遊園」だった。

ノゾムさんの回答と同じく、これに「王子ファンシーランド」というのが加わります。うさぎさんのキャラクターがいたよ。
「ワンダーランド」ってなんだっけ?覚えてないなあ。

■ 牛乳といえば、オハヨー牛乳だ。コーヒー牛乳が好き。

小学校の給食はこれだったね。壜(悪魔みたいなマークがついてて、マークがちょっと違ってると「当たり」なんです。)のは美味しいんだけど、土曜日に出る紙パックのやつは大嫌いだった。ぬるいの!

■ 県北では牛乳のブランドといえば「白バラ牛乳」だ。

そうなんだー。知りませなんだ。

■ 岡山大学の母体は旧制6高なので、広島大学より上だと思っている。

よくわからない。あまり気にしたことがない。

■ 倉敷市民は「岡山出身」とは名乗らず「倉敷出身」と名乗る。

私は岡山出身だから、よくわかんないなあ。倉敷の人、どう?

■ 梨といえば、ヤーリーが自慢。

ヤーリーって、鴨梨って書くんだっけ?
あれって岡山の梨なんだ・・・知らなかった。岡山の梨は「あたご梨」なのかと思ってた(苦手だけど)。

■ 瀬戸大橋ができた当時は四国と本州を繋ぐ誇り有る橋だと思っていたが、明石大橋、しまなみ海道ができ、結局、岡山県人しか使わない橋になり、かなり苦々しく思っている。

え、別に苦々しいというほどでは・・・。瀬戸大橋通るの好きだよ、眺め良いです。晴れてると船が見える。

■ 天満屋前のおめん屋のオヤジに自転車の並べ方が悪いと怒られたことがある。

おめん屋って、なに?お面売ってるの?そんな店あったっけ?
自転車とめたことないから、わかんない。

■ ビッグアメリカンショップが他県であまり知られていないことに大きなショックを受けた。

入ったことはないけど、何となく外国から来たチェーン店だと思ってたよ、名前から。

■ 岡山駅の待ち合わせスポットは噴水、からくり時計、桃太郎ポスト。

噴水、桃太郎像でしょう。からくり時計(桃太郎とか人魚姫とか、何だか不思議な出方をするからくり)、いつになったら故障が直るんだろう。あれがまともに動いているのを、一度しか見た事がない。

■ とりあえず、横溝正史シリーズは目を通した。

全部じゃないけどね。横溝正史は好きですよ、ふふふ。暗黒・・・。

■ ワンワンワンワンダ~ランド♪と歌える。

え、なに!??

■ 稲葉浩司くんメモリアルロードマップは、かなり恥ずかしい。

そんなものがあるのか(汗)せめて「くん」は抜こうよ・・・(赤面)。

■ 倉敷の美観地区は、大きな声では言えないが自慢に思っている。でも、倉敷チボリ公園には哀愁を感じる。

うん、美観地区は他県の友人を連れて行くしね。
チボリ、個人的にはとても好きだよ。小さい子供は喜んでるし、小規模な遊園地というのはなかなかいいものだと思うし。花火だってあるしね。

でも、都会の大きな遊園地を知っている人を連れていこうとは思わないかなー。楽しめるのは自分だけかもしれないから(笑)。

■ すごい!というのを「ぼっけぇ」「でぇーれー」と表現する。

そういえば、自分ではあまり言わないなあ。

■ 隣の県だが、広島には行ったことがない。

そうねー、数えるほどしか行ったことないね。

■ 阪神の新庄と提携して、お菓子を売っていた真庭郡新庄村だが、新庄の日ハム入団後、その安否が気遣われる。

そうなんだ、初耳。

■カバヤのキャラメルのマークを集めてカバヤ文庫の本をもらったことがある。

カバヤって、地元企業???今、ここのキャラクターの絵が描いてある路面電車走ってるよね。目つきの悪いかばさん。
カバヤ文庫って何!?見てみたい!!!

■ 岡山は中国地方で一番野球が強いが、誰にも話題にされないので悔しい。

悔しいどころか、その事実すら知りませんでした。

■ 電車の時刻表が暗記できる。

むり。あ、新幹線の時刻表ならできる。

■ 街中を走っている「黒塗りのジープ」は道路上では何よりも強い存在だと思う。

最近初めて見ました。岡大の周りをぐるぐるしてた・・・。びっくりしたけど、あれはなんなのだろう。

■ コダマ白ありのCMが気になって仕方ない。

ちょっと可愛いCMなんだよ。結構好き。

■ 東口と中央口って違うの?って時々思う。

あ、思う。

■ 岡山県人のことを「日本のユダヤ人」と称した大宅壮一は、あまり好きではない。

雑誌集めまくってた人だよね?
日本のユダヤ人・・・どういう意味なのだろう。

■ 教習所で教官に「岡山にはスクランブル交差点が2箇所だけあります」と教えられ、うれしいやら情けないやら、という気持ちになる。

教習所にまだ行ったことがありません・・・ああっプレッシャー(汗)。
スクランブル交差点は、どっちに進もうか迷うから嫌いだ。なくてもいい。

■ しかも、その交差点は2車線x1車線の道であることに悲しくなる。

うーん、だからスクランブル交差点はいらないって。

■ 選挙というと思い浮かぶのは、日本太郎の顔だ。

橋本龍太郎とか、片山虎之助とか、そのあたりじゃないの?
日本太郎って、誰だっけ。

■ 「A、B、C、D、E、F、G。 Hの後は」と聞かれたら、ついI企画!と言ってしまう自分が少し悲しい。

言わない。

■ 新聞は山陽新聞、銀行といえば中国銀行。

何故同じ質問が・・・(笑)

■ 都会に出るまで夕刊って津山朝日みたいに4ページしかないと思ってた。

それどころか、最近まで夕刊は朝刊と同じ厚みだと思ってました。

■ 日刊なのに、3日ぐらい遅れて郵送されてくる岡山日報がなんとなく憎めない。

いいなあ、確かに憎めない(笑)でも岡山日報って、初めて聞いたよ・・。

■ 教育県と言われることはあまりうれしく思っていない。

そうねー。

■ 水島と玉島を結ぶのは「水玉ハイウエイ」。金光~玉島は「玉金ライン」と呼ぶ。

水玉ハイウェイは聞いた事ある。可愛いよね、カルピスの包み紙模様の道を想像する。

■ 「LOFTができる」と聞き、喜んだはいいものの、そのあまりの規模の小ささに愕然とした。

あ・・・うん(笑)でも、あのくらいの広さがいいと思うよ。
寧ろ、化粧室の豪華さに愕然とした。あれはなに。

■ 岡山に対して愛着はあるが、成功しても故郷に錦を飾ろうとは思わない。

うーん、そうねえ、別に・・・。

■ OH君の活躍で、にょっきんの影が薄いのが心配だ。

心配はしてないけど、にょっきん(フタバのマークのキャラクターだった)のほうが私は好きだったかも。OH君の人気はすごいよね、何故か岡山香川じゃない人も知ってたりするから・・・。

■ 「渋川で泳でいた」と言って「え?川で?」と言われたことがある。

ご・・・ごめんなさい。「え?川で?」と聞いた事がある。

■ ファンシーランドから「おもちゃ王国」に名称が変わったが、その違いがわからない。

うーん、よくわかってないかも。おもちゃ王国というくらいだから、おもちゃがいっぱい展示してあるんだろうか。

■ 相手を見て態度を変えることがある。

えー・・・慣れてない相手には、緊張のあまり挙動不審だけど、そういう意味じゃないよね?
打算的な意味でのそういうことはしない。

■ おみやげはやはり、きびだんこと、むらすずめと大手まんぢゅうである。

そだね。
きびだんご、最近黒ゴマ味が出たけど、あれは美味しかった。おすすめ。

■ 広島が中国地方で一番栄えていることを見てみぬふりをする。

うん、ちょっと、する・・・(笑)。くやしいから。

■ 大手まんぢゅうといえば伊部屋だ。

えー、そうでもないかも。

■ 県北では冬場の汽車は当然手動ドアだ。

うーんと、そうらしい。

■ 晴れの日が多いので、雨の日でもついつい傘を持って出かけるのを忘れる。

忘れる。ちょっとくらいなら、意地になって取りに帰らない。
それであとで、びしょびしょになる(笑)。

■ うどんが好きだ。

うん、大好き。だけどこの質問は、香川の人向きではない?

■ ここだけの話、サーキットができるまで、英田郡の存在を知らなかった。

英田郡という名前を聞く前に、英田サーキットという名前を知ってた。あれが地名だということを、あとから知った。


■ 知りあいの学歴について異常に詳しい。

あまり興味ないかも。
でも、親の世代とかの人は、結構こういう話題で盛り上がるよね。学校で派閥作るし。あれは県民性なの?

■ 携帯電話の機種についても異常に詳しい。

いやー、そんなことはないなあ。

■ 他人の持っている機種をやたらと気にする。

別に気にしない・・・。というか、これは岡山と関係なくない?(笑)

■ 清水白桃とマスカット・オブ・アレキサンドリアと備前焼は郷土の誇り。

うんうん。美味しいよ、清水白桃。あ、食べたくなってきたー。

■ やたらとバカ広い、岡山大学の敷地がじゃまだ。

邪魔じゃないよ。好きだよ、あそこ。木がいっぱいあって、落ち着く。

■ 野球とサッカー、どちらも在県球団がないのは悲しい。

うー・・・ん、ごめんなさい、スポーツには疎いから、ぴんと来ない。

■ 八浜の冬の風は寒すぎる。

どこ?

■ 京都人以上に、よそ者が自分のエリアに入ってくるのが許せない。

自分のエリアって、どういうことだろう。他県の人が岡山にくるのが嫌ってことかな?
別にそんなことはないなあ。どんどん入ってきたらいいじゃないかいいじゃないか。

■  ツチノコを売りにしている町があるのをときどき思い出す。

あるの??!

■ 岩井志麻子がマスコミに露出するのは痛しかゆしである。

うん・・・ごめん、本は読んだ事ないけど、苦手です。

■ 制服はカンコー学生服だった。

オノトーじゃなくて?

■ 岡山はいつ自動改札になるのか想像したりした。

ずっと自動改札にはならないんだと信じてました。

■ 他府県の人に「はよ、しねぇ~(早くしろ)」と言って、驚かれたことがある。

それはないけど、「えらい」を「しんどい」の意味にとってもらえなくて、一瞬会話がかみ合わなかったことがある。

■ 次に回す人

そうだなあ・・・やっぱり、岡山の人に回したい。みんなどのくらい知ってるのか、気になる。
ということで、同郷の友人たち、日記のネタがないときにでも、どうぞ。

ああー、面白かったけど、つかれた~!(笑)
もう2X年岡山人(途中ちょっといなかったけど)やってるのに、知らないこといっぱいあるのねー。
とりあえず「カバヤ文庫」がものすごく気になるわ、今。

☆☆☆
レポート下書き完了。これから一気に片付けて、明日出してきます。
ごめんなさい、またメール、溜めてます・・・!明日には、きっと!
ブックマークに追加する
harunetwork.jpg

春ネットワーク。これもサムネイルなので、元サイズは画像をクリックしてみてね。

フジファブリックの「Birthday」という曲になんだかじーんときてる昼。このグループ、前からちょっと気になるバンド。映像も含めて、とぼけた中にちょっぴりちくちくするものがあるの。いいなあ、好きになりそうだなあ・・・いやいや、もうかなり好きなのかも?このまま行くとアルバム買っちゃいそうだなあ(汗)。おおー、春は散財の予感!

夕方から、りえさま、白兎さんと御飯を食べてきました。彼女たちとの待ち合わせの前に、一時間ばかし一人カラオケをしてきたのは秘密です(笑)。どうしても、「音速パンチ」が歌いたかったの・・・。おかげでりえさまと会った直後は、咳こむばっかりしてました(扁桃腺、まだ治ってなかったんだよね、そういえば;)。対するりえさまは花粉症が私よりも酷くなってて、辛そうだった(涙)。

色々嬉しい報告を聞いて、私も頑張らなくちゃって思う。二人は優しいので、「ねこのさんも頑張ってるじゃないか!」と励ましてくれるのだけど(じーん)、やっぱり、ちゃんと働いてる友人たち(これは正規の職員か、バイトかってことじゃなくね)と比べると、私が勉強を盾にのらくらしてる部分があるのは紛れも無い事実なので・・・。とにかく、一刻も早く資格を取らなきゃ。皆がトラック二週目を走ってるころ、ようやくスタート地点につこうとしている(まだ辿りついてない)感はあるけど、それでも。

それにしても、周りの友人がみんな努力家さんばっかりでよかった。曲がりなりにも今の勉強を放り出さないで居られたのは、「友達に追いていかれないようにしなくっちゃ、彼らに恥じないように生きなくちゃ」という不純な(というより、幼い)動機がかなり大きかったので。それがなかったら、今もっと酷い状態だったろうな、と思う。今更だけど、ありがとー。

もうひとつの大きな話題は、白兎さんのお友達のめでたいニュースについて。色々微笑ましいエピソードや、こちらまで赤面しちゃうようなびっくり話を聞いて、みんなで笑い転げる。写真も可愛かったわー(><)

人を上手に好きになるのって、それも一つの才能なんだなあ・・・。昨日の話を聞きながら、そんなことをしみじみ思った。
自分の自己肯定感の低さを補ってもらう存在として恋に憧れてる間は、きっと失敗しちゃうだろうな。誰かを本質的に好きになるためには、まず自分を嫌いでなくなってることが大前提なのかもしれない。でないと、相手の人間性じゃなくて、ただ居心地の良さやイメージだけに惹かれてしまうことを繰り返しちゃいそう。

「いい人、いるといいよね」なんて言いつつ、うんにゃ、今はまだ、いなくて正解かもよ、と心の底で小さく自分が呟いたのでした。無条件に自分を肯定して好きになってくれる人、に、時々憧れることはあるけれど。そういうのって、きっと恋愛と違うね。

・・・こんな感じで色んなことをごちゃごちゃ考えつつ、でも基本は「二人に会えてハッピー!」でした(笑)デザートに食べた柚子のシャーベットが美味だったわ、そう言えば。

また、遊びませう!さらなる嬉しい報告、期待してるよ~!二人とも、頑張ってね☆

☆☆☆
バイト先から、久々にお仕事の依頼。うっわあ、試験前後に被っちゃった・・・(汗)。若干の不安を抱えつつ、引き受けちゃったのは、言うまでもなくお金のため。ギブミーマネー(笑)。
三月の目標は、パニックにならずに効率的に物事をこなすこと、だな。レポート、試験、バイト。ふむ。
まず、レポートは、明後日までには意地でも済ませる。宣言。
ブックマークに追加する
springgirl.jpg

春が来た。命を終えたものにも、命の無いものにも。

勉強再開。今週中に、再提出で帰って来てるレポートを仕上げるつもり。

オンラインとアナログで日記を書きながら、自分の思考(主に、ネガティブなものについて)を正確に言葉にできたときの安堵感、についてぼんやり考える。人に向けて発信することで得られる満足感(?)を除いた、安堵感について。もやもやとした不安の原因とか、そのもやもやの具体的な状態って、きちんと言葉に変換して、目に見える状態にするかしないかで、ずいぶん重さが違ってくるのです。適当な言葉でごまかすと、いつまでたっても解消されないんだけど、「あ、そうか、これだ」っていう言葉が見つかると、すーっと心が落ち着くの。これって何なんだろう?って、何となく気になって。

自分の感情を把握するための言葉って、サーカスのライオンを手なずけるこつとか、ファンタジーに出てくるドラゴンを支配化に置くための呪文とか、そういうのに似てる気がする。「ゲド戦記」という本に、「名前」というものの力に関する記述があったけど、あれに通じるようなもの(・・・って、ちょっと違うかなあ)。

言葉に置き換えたからって、ほんとうにそれを把握して、統制できるようになったかどうかなんてわからないのだけど、少なくとも、「なんだかわからない、掴み所の無いもの」のを抱えてるときよりは、怖くなくなるんだよね。
言葉って、不思議(あれこれ書いた割に、滅茶苦茶凡庸な結論だけどさ)。

☆☆☆
三月に入って、そろそろ切実にお化粧を覚えねばならない時期になってきました。2X才になってなお、まだ一年のうち360日はノーメイクで過ごしてるワタシだけど(死)、メイクが必要なイベントの有無に限らず、さすがにそろそろそういうこともしなきゃいけないのかな、と、どんどん綺麗になっていく周りの友人と会ったり、街の華やかな娘さんたちを見ては思う。

お化粧をしてる女の子って、とても可愛いと思うのだけど・・・どうして自分がしようと思うと、こんなに嫌悪感で一杯になるのだろう。口紅をつけるだけでも、ありもしない女性性を引き出すための無様な媚びや努力をしているような気になって、ぞっとするのです(あくまで自分自身のときのみ、そう思うのであって、他の女の子を見てそんな風に考えることはないのだけど)。今この瞬間の自分は、顔に色を塗りたくっているモンスターだ、とか思う。すごく嫌だ。

だけど、街に出るたび、綺麗にお化粧した女の子たちを見るたび、今度は逆に引け目でいっぱいになっちゃうのです、これが(汗)。わーこんなくすんだ顔して、あんたよく外歩いてるわね、と心の中の自分が言う。
ま、要するにアンタは容姿コンプレックスの塊なのよ、という一言で片付いちゃう話なんだけどね・・(^^;)

お化粧しなきゃいけない、見苦しくない自分になりたい、でもお化粧したときの自分は更にみっともないんじゃないか・・・しばらく、葛藤は続きそうです(xx)あいやー。

いっそ、男の子だったらよかったのにな。
ブックマークに追加する
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。