FC2ブログ
つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
可愛いタイトルと、おれまたかわいい表紙に惹かれて買った一冊。

内容はというと・・・わがまま野生娘ゆりちゃんと、涙もろくてとっても優しいロバート君(ロバちゃん)が織り成す、ひたすらにラブラブラブラブ・・・・な日々。これに尽きます。



山田詠美というと、割と底意地の悪い目で世界を眺める人、人間のどす黒い部分をえぐって白日の元にさらす人、というイメージがあったので(半分は誉め言葉です)、この作品には最初、かなり当惑したのが正直なところ。わー、なんなの、この甘ったるい生活は?生クリームたっぷりのラウンドケーキに、さらにパウダーシュガーをうんと降りかけて、おまけにこんぺいとうまで大サービスってとこじゃない!なーんて、しばらくはうんざりして読んでました。だってねー、幾らなんでも、恋人の腕に噛み付くだの、顔をべろべろ舐めまわすだのっていう愛情表現は・・・ゆりちゃん、どうかと思うよ。ムツゴロウさんじゃないんだから!!!



でも、不思議なもので、二章、三章と読んでいくと、このうさぎ的カップルがだんだん可愛く愛しくなってきて、しまいには「あー・・・こんな風に完全に無防備でいられる恋人ってのも、素敵だなー」なんて思ってしまうから、悔しいー!!!きいい。

ロバちゃんがね、とにかくいい人なんです。純情で、歪んでなくて。でも、だからって単純な思考回路の人じゃないんだな。歪みまくったゆりちゃんの心の揺れや痛みを、ひとつひとつ、丁寧に感じ取って、理解していく姿がいとおしい。

「愛す」のは、ある意味で簡単だと思うの。だけど、愛する相手がいる場所と同じところまで降りて、できるだけ同じものを見るためには、ものすごい才能(と努力)が要求されるんじゃないかと思う。私なんかにはまだまだ無理だな、こんなのは。多分降りていく途中で面倒になって、投げてしまうわ・・・。



すぐにいじけて、でもその後思いっきり後悔するゆりちゃんもキュート!子供が言葉を覚えるように、一つ一つ愛情の法則(?)を覚えて、その愛情をロバちゃん以外の相手にも向ける術を覚えていくゆりちゃん(「すあまのこども」なんてもう、ロバートになって抱きしめたくなるほどかわいい)。誰かを好きになることで、その人のいる世界が丸ごと好きになれるならそれはとても素敵。これはひとつのおとぎばなしだなー。





・・・そんなわけで、「ふんだ!バカップル!」から「やーん、恋って素敵」モードにすっかり毒気を抜かれてしまった管理人。何だか策にはまったみたいで悔しいけど、まあ、いいや!

それにしても、詠美さんにはやられました。毒もたっぷり持ってるくせに、お菓子もいっぱい持ってたのね!
スポンサーサイト



ブックマークに追加する
bakunoyume.jpg


風邪、八割方回復。まだちょっぴり声がおかしいけど、久しぶりにすがすがしい朝を迎えました。わーい。
親にも「顔の輪郭がだいぶはっきりしてきたよ」と言われた。・・・ん?輪郭?どういう意味?(汗)

で、毎日病状報告記ばっかし書くのもなあ・・・と思ってるところに、中学校からのお友達、ノゾムさんから素敵なバトンが回ってきたので、今日はこれに答えちゃおうと思います。
その名も「パレットバトン」。おお!絵関連のバトンだ!!!これは常々「来ないかなー」と思ってたやつです(笑)。ノゾムさん、どうもありがとうv

でははりきっていってみよー、「パレットバトン」(今回から、バトンの文字色は変えません。他に書くことが多いときは、別記事にします)。

1:よく使うアナログ画材は何ですか?
コピック(アルコール系マーカー?)と色鉛筆です。これが九割かな。あとは時々、ネオピコっていう、コピックより安くて量の少ないマーカーや、ハイテックというミリペンのシリーズなんかを使います。

コピックは、色が豊富な点、滲みの効果が簡単に出せるってところが気に入って使っています。カラーインクや透明水彩にも興味はあるけど、不器用&ズボラな私には、滲みやグラデーションを絵の具で出すのが難しいので(汗)。もう少し安価だとなおベター、なんだけどな(中○画材で、セールでもしないかしらねー)。
色鉛筆は「色辞典」が中心。使いやすさ云々というより、小さい頃から使ってて愛着があるシリーズだから。パステルカラーやくすんだ色系統が充実してるのも魅力。

紙は、葉書サイズのスケッチブック。これ以上大きいと描くのに時間がかかってしまうし、小さいと描きたいものがぎゅうづめになる。

2:好きな色は?
オフ友さんには周知の事実だけど、(笑)、ダントツで系統です。それから、系統、クリームがかった白、セピアなどの茶系統が続くかな。

・・・一時期は、着てる色で私と判別できるくらい緑しか着てませんでした(笑)基本的には、落ち着く色、涼しい色、淋しい色が好きなの(今のブログのスキンの色なんか、とても好き)。上にあがってない色でも、くすんでたり薄い色だったりすると、たいてい好きです。

逆に、、濃い目のピンクオレンジ(最近の子供服コーナーにある色ね。)、黄色、蛍光色、金色あたりはちょっと苦手かなー。でも、絵を描くときにはこういう色も結構使うけど。

3:お絵かきのお供は何ですか(例:テレビ、ラジオ等)
たいていは、CDかMDです。歌いながら描いてます(よく考えるとちょっと不気味)。無音のときはあんまりないかも・・・。中でも、くるり、YUKI、Cocco、Salyu、小沢健二、スピッツの順で聴く事が多い。他のをかけてても、これらに戻ってきちゃうんだ。
たまに、FMラジオ。あんまりトークが多くない番組の時は、結構好んで聞いてます。電波に乗って音がやってくる、みたいな雰囲気が、絵を描くのにはいい気がする。

あと・・・お供と言えるかどうかは微妙だけど、アロマキャンドルをつけて作業することが多い(とても危ない)。
 
4:絵を描き始めたキッカケは何ですか?
きっかけ・・・?うー・・・ん、何だろう(おい)。多分2歳くらいの時にはもう描いてたからなあ。
あんまり体を動かすのが好きな子供ではなかったし、周りに同年代の子がいなかったので、一人でじっと自分の世界にこもって描いてたんだと思います。他の全てのエネルギーが、絵に向かっちゃった感じかなー。色々自分でお話を作って、ぶつぶつそれを口に出しながら描いていた記憶がある(暗!)。

あ、きっかけと言えるかどうかは微妙だけど、両親が絵本をよく買ってきてた影響もあるかもしれない。周りの大人が結構皆絵好きだったんだ。

・・・しかし、お絵描き歴の長さと技術的成長度って必ずしも比例しないものなのね(泣)。

5:バトンを渡す5人
10人じゃダメ?(だめだって)
うー・・・オフでの絵を描く友人だけで5人は超えてしまう・・・。どうしようかなー。

・・・んじゃ、特に気になる
白兎さん(友人間でバトンが上手く回ってくれることを期待!好きな色が気になるなー)
小萩キナ子さん
イヌイムさん
pikoさん
rainさん
・・・に、お願いしちゃいます(><)もちろん、受け取るも受け取らないも自由です☆よければどうぞ。

あー、おもしろかったー(やってるほうは)。それにしても、もっと色んな画材にチャレンジしてみたいなあ。
ブックマークに追加する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード