つぶやいたり、描いたり。波に攫われる前の、ほんの一瞬。
oninokotanjou.jpg

「チューリップの花壇だったのに・・・」。
もうすぐ節分なので、鬼の絵を幾つか続けて載せるつもり。


レポートに使った本を返しに、県立図書館まで行って来ました。

道々、よいこととわるいことがあって、でも3-1でよいことの勝ち、ってな日。まず、悪いことから。
お昼御飯に入ったうどん屋さんで、注文を間違えられた(泣)。

・・・・・。

なんだいそんなこと、悪いことのうちに入らないじゃないかという声が聞こえてきそうだけど、ちっぽけでも悪いことだったの!だって、「月見うどん」を「おぼろ月見うどん」と間違えられちゃったんだから。冷たいのが温かいのになったくらいはいいんだけど、中に・・・中に、

とろろこんぶがどっさり入ってたんだーーーー!!!!(注:管理人は海藻類が大の苦手です。)それはもう、どっさりと!!!というか、具、これしかないじゃん!
ぎゃーーーーーー(泣)。「あ、注文と違いますー!」と言おうかな、とも思ったけれど、怖そうな店員の女の子に声をかけるのが憚られ、そのまま食べることに。
ああ・・・これはなんか、高校時代の修学旅行を思い出す。ワタシは北海道に行ったんだけど、そこで食べたラーメンに大量にのってたのです、最大の強敵、茎わかめが(死)。見た瞬間、のけぞったぞ。
うう、あれは辛かった。だってスープの味も麺の味も他の具の味も、全部茎わかめの味がするんだもの(号泣)。だいぶ薄れゆく修学旅行の記憶ですが(何せ○年も昔のことだからね!)、あの味だけは、忘れないわ。ううううー(T_T)。

そんなわけで、何だかアンニュイな気分になりつつ、とろろこんぶと格闘して(ちゃんと残さず食べたよ!誉めて!)、お店を後にしたのでした。しくしく・・・美味しいお昼御飯が食べたかったんだー。

はい。悪いことは、これだけ。
良いことって言うのは、途中で立ち寄った本屋さんで雑誌「H」(カルチャー雑誌です、念の為)のバックナンバーを買えたことと、図書館で立ち読みした絵本に心慰められたことと、帰宅したら丁度、iPod shuffleが届いたこと、でした。
「H」はね、Coccoとくるりの岸田さんが表紙、ということで、一も二もなく購入(あ、ミッチーの記事もあった!)。インタビュー記事や写真も載ってて、こっこちゃんが可愛かった。あんな風に、華奢でワンピースの似合う女の子になりたーいー。
カルチャー雑誌の写真って、作為的だけど、物語の一場面みたいにしてあるからとても好き。面白い服、いっぱい載ってるし。お金に困らない身分なら、いっぱい買うんだけど!

絵本は「だるまちゃんとてんぐちゃん」(加古里子・作)という本。この人の絵、絵本にしては漫画チックなんだけど、ユーモアたっぷりでかわいいの。ちょっぴり、お話を紹介。
ともだちのてんぐちゃんの持ってる帽子や靴、鼻(!)みたいなのがほしいなぁ、って思う小さなだるまちゃん。んで、代用品を使って色々工夫してみるんだけど・・・というお話。
だるまちゃんのお父さん(だるまどん)がとっても素敵。間が抜けてるんだけど、どこまでも優しい大らかなお父さんなんだ。
あー、ほのぼの。うどんを間違えられた悲しみが、癒されましたわ(笑)。

で、いい気分で帰ってきたら、iPodが届いてて、さらに御機嫌、なのです。話には聞いていたけど、ほんとにちっさいなあ。うっかりズボンのポケットに入れて踏み潰したり、落として壊したりしないように気をつけよ・・・。説明書読んでる時間ないし、これを使うのは試験が終わってからだな。
へへ、楽しみー。

☆☆☆
気分がほんわかすると、勉強もすすむみたい。だいぶ時間的余裕も出てきて、ひとあんしん!
ブックマークに追加する

いまだに違いがよくわからないんだけど、これはどっちだろう。椿だよね?






ブックマークに追加する
bluenahi.jpg


レポートの完成とともに、ちょっぴり気が抜けてしまった管理人です。しおしおのぱー、って感じ(なめくじ?)。テスト勉強しなきゃいけないんだけど・・・いけないんだけど~!!!どうにもこうにも頭に靄がかかって、パソコンの前でフリーズしてしまう。これはきっと、お天気のせいもあるはず。しかめっつらのしぶーい曇り空が、頭の中にまで雨雲を送り込んでくるのです。だーるー。だらだらだら。重力が二倍になったみーたーいー。

このままじゃどろん、と溶けたまま一日が終わっちゃうじゃないか!もうちょっと陽気な気分になりたいなあ、ということで、こないだ借りてきたコーネリアスの「CM2」をかける。これは・・・もともとある曲を、アレンジしなおしたCDっていうのになるのかしら。小山田さん本人が歌ってるのも聴いてみたかったんだけど・・・。
でもそれはともかく、とても素敵なCDでした。誰かが旅先から送って寄越す、洒落たポストカードみたいなんだ(あ、でも「ガリガリ君」の歌は、単純に笑えた・・・。あれは誰の声だろう?ふしぎなうただけど、中毒性がある・・・)。
途中に入ってる、小さな生き物が食器を鳴らして行進してるみたいな音とか、風鈴や雨音みたいな音がすごく好き。こういうのを聴くと、音楽も絵を描くみたいに作るのかな?って気がしてくる。逆に、音符を取り出して、額に入れたら絵になりそう。楽しいなあ。

しかし、このCDがあんまり快適過ぎるせいで、今度はものすごーく安らかな気持ちになっちゃって・・・そのままうたたねモードに突入(汗)!どっちにしても、今日はあんまし勉強が捗りそうもないのでした。あーあー。

ブックマークに追加する
20060129231524
「コミュニケーション論」のレポート、済みました。ばんざーい!後は試験勉強を頑張るのみ!但し少し息抜きしてから(笑)。

写真は今の気持ち。みんなで「万歳!」なのです(笑)ちなみに、ロボたちが踏んでるのが レポートね。
ブックマークに追加する
tokeigashushoku.jpg


冷蔵庫をあさる怪獣のように、誰か私の時間を食ってるんじゃないかと思うほど、毎日があっと言う間に過ぎる。あせるわ~!

落描きしてる場合か~!というサイレンが脳内に鳴り響いているのですが、葛藤しつつも描いてしまうどうしようもなさ(汗)・・・。

いまだかつてないほどせっぱつまっております。ふえええ、レポートおわらない~、テストの解答も完成しないよ~。後一週間しかないのにいいい~(~_~;)!
ああ、それもこれも一教科見落としてた私が悪い(過去日記参照)のだけど!!けど、二科目受験なんてほんとにできるかしら…。あと数日で二十問も覚える記憶力、残ってるかな?うう、十代のピッチピチだった(そうでもなかったかもしれないけど;)頃の脳に戻りたいっ(泣)。
…試験が終わったらね、以下のことがやりたいです。絵はもう言わずもがなので
、そのほか。
・読みかけの本が読みたい。
・かりたCDをゆっくり聴きこみたい。
・映画観たい。有頂天ホテルが観たくてしかたないの!
・美術館や博物館にも行きたい。綺麗な物が見たい。
・動物園に行ってぼけっと一日過ごしたい。

あ、こうやってリストアップしてたら、ちょっと元気でたかも。全部は実行できなくてもいいけど、これを励みに、頑張りますわ~。

私信。こつさん、読書日記にコメントありがとうございます☆後日お返事書きますね。
そうそう、「空気公団」のCD、図書館で借りてみました~。まだ一回しか流してないのだけど、とっても良いですね(^.^)じっくり聴き込もうと思っています!




ブックマークに追加する
pinkworld.jpg


「パレットバトン」にて、私はあんまし強いピンクとかオレンジとか、蛍光色が好きじゃないと書いたのを覚えているでしょうか。あれを描いた後、ふと画材入れを見たら、そのあんまり好きじゃない色のコピックががなんだか淋しげな顔をしているような気がしてきて(※無生物に感情移入しやすいヒトです・・・;)、妙な罪悪感に駆られたので、「うし、たまには苦手な色を使って絵を描いてみよう!」と思い立つ。んで、描いたのが上の絵。

うーん、まだあんまり色のバランスが把握できないのだけど、ぼかしたり混ぜたりすれば、こういう色もうまいこと使えるようになるのかもしれないなあ。案外、楽しかった。実はそんなに嫌いじゃないのかもしれないな、ピンク。

・・・けど、スキャナーにかけたら見事に蛍光ピンクで塗ったところが吹っ飛んだ(泣)!頑張って塗ったのにー!どうしてその色だけ、はじくの???スキャナーにも、私の好みがうつっちゃったのかなあ。

さあ、そろそろエンジンをかけなおさなきゃ!
ブックマークに追加する
harunotabi.jpg

はるのたび。日本までは、あとどれくらい。

お・・・終わったあぁぁぁ・・・!!!
何が終わったって、図書館サービス論」のレポートレポート。今日の三時に下書き打ち終わって、今朝からボールペンで清書原稿を作って、さっきようやくポストに投函。つ・・・疲れた~。頭の中の一部が溶けて流れ出して、魚になって部屋の中を泳ぎ回ってる・・・ような気がする(←どうやら眠いらしい)。それというのも、昨夜うっかり「マスク・オブ・ゾロ」をTVで観ちゃったから(汗)。主役のアントニオ・バンデラスでなしに、老ゾロを演じたアンソニー・ホプキンスがかっこよかったせいで!ああ・・・なんて素敵なおじいさま!!!(うっとり)
・・・そんなわけで、貴重な夜の二時間をTVに費やすことになり、半徹でレポートを書くはめになったのです。当然絵も描けなくて、自業自得なんだけど「うっうっうっ、絵が描きたいよー、画材に触りたいよー・・・絵が描きた・・・・ちくしょー描かせろ~~~!!!(癇癪)」って状態になってました(;;)

かなり強引な力技で書き上げたし、下手したら再提出?という不安もあるけれど、とにかくこれで、この教科の受験資格は確保できたよー。あー・・・ほっとしたー(泣)。ここ一週間の不安からひとまず解放されたような気がします。
明日からはもう一方のレポートも書き始めなきゃならないし、平行してテストの解答も作らなきゃならないしと、することは山ほどあるんだけど、もう全部、明日まで忘れます。明日明日ー。とりあえず今は、絵を描きたいのです。描くったら描くんだい。誰も止めないで(笑)。

(・・・こうしてできあがったのが上の絵。解放感のせいでとても浮かれた絵になった^^;)

はー、すがすがしい!
ブックマークに追加する

図書館横の広場にひっそり描かれていた。地面ばかり眺めていたら、空への案内盤発見、という感じ。

写真は、サジタリウス。




ブックマークに追加する
前記事はバトンだったので、別記事で日記。

もはやカテゴリ分けして一つの記事にすれば?というくらいお馴染みの変な夢記録。今日のは、病院の待合室で熱を測っていたら、見知らぬ紳士(サルバドール・ダリのような、八の字髭をお持ちだった)に目の前の大型テレビの修理を命じられるという夢でした。それも、手渡されるのが孫の手一本。私体温計挟んでるのに、なんて理不尽な!と思ってるところで目が覚めた。
ツッコミどころは、そこじゃない気がするけど(汗)。

予告通り、髪の毛を切って(ワカメちゃんみたいになった気がする。でも気に入ってるから、いいや)、「図書館サービス論」レポのために市立図書館まで取材(?)に行って、うっかりちゃっかりお買い物なんかもして、帰って参りました。

朝の美容院では、美容師のお姉さんが細○数子さんにはまってる(?)らしくて、ひとしきりその話題で盛り上がった。うーむ、あの人の占いのこと、詳しく知らないのだけど、私、どうもあの「○星人」という響きを聞くたびに可笑しくなってしまうのです。それを信じてる人を笑ってるのではなくて、どーしても、どーーーーーしても、「私、○星人なんだ」という響きを聞くたびに、頭の中に下のような図が浮かんでしまって!今日も笑い出さないようにするのに必死(xx)なんかもっとこう、他の言い方はないものなのか。
biyouinnite.jpg

それにしても、○木さん恐るべしだなー。近頃、自分の周りでも特別宗教や占いに熱心じゃない人たちが、さらっとあの人の話題をしてるのを聞くことが多くて、なんだか不思議な気がしちゃうのです。正直言っちゃうと、私はあのキャラクターがどちらかと言うと苦手なので、なんであんなにえばりんぼのおばさんが(あ!ごめん・・・)こんなに人気なんだろう、と思ってしまうのだけど、喋り方とかに、何となく人を惹きつけるものとか、納得させるものがあるのかもしれないよね。よ、よくわかんないけど・・・(^^;)

あ!重ねて言うけど、別にこれを信じてる人を馬鹿にする気はさらさらないので、怒らないでね(><)私だって星占いとかおみくじとか、やるし。

午後からは、久しぶりに市立図書館に行ってきた。今度受ける試験のためのレポートの一つが、地元の図書館を見て回って、教科書のサービスと比較して、特徴&改善点を記せってものだったのです。案外書くネタは多そうで、一安心。すこしプレッシャーが減ったよー(;;)

図書館から見える広場には、星座盤と風見鶏があって、その回りを鳩の群れがぐるぐる回ってた。カメラ持ってくればよかったな。

来たついでに色々CDを借りて帰る。あそこはポピュラーミュージックが充実してて、いいなあ。前々から聴きたかったガービッジと、ブリグリと、あとは聴いたことのない「空気公団」「コーネリアス」を一枚ずつ。良い出会いになるといいなー。
手始めに聴いてるガービッジは、かなり好きな系統の音楽。妖しく強そうな女の人の声が素敵ーvふふふ、気分が昂揚してきた。毒のある音楽というのもまた、いいなあと思う。


おとと、いっぱい書いたなあ。そろそろほとぼりが冷めないうちに、レポートの骨子を作ってこよう!

☆☆☆
おまけ。帰り道うっかり買った鞄。2X才の買い物とも思えませんな。
・・・・・猫の目がね、「買えニャ」と言ってる気がしたの。

kuroneko.jpg

ブックマークに追加する
shinshuhakkenn.jpg

新種登場。水陸両用。あ、空も。
割と切羽詰っているので、落描き。



お絵描きバトンを紅夢リオさんから頂きました。わーい、絵関係のバトンだ!リオさん、どうもありがとう(><)
こないだの「パレットバトン」と重複する部分もあるけど、気にしない、気にしないー。

~お絵かきバトン~

まず何から描く?

顔の輪郭から描いてるよ。顔、目、髪の毛って感じでさかさかと。
時々、目から描くお絵描きさんをお見かけするのだけど、尊敬してしまう。なんて器用なの~!!!

よく使う画材

コピック・色鉛筆が主。あと、主線はHB~Bの鉛筆。
線をはっきりさせたい絵の時はハイテック、モノクロ絵のときはコピックマルチライナーとか、万年筆型のGペン&スクリーントーン(もはや糊が乾いている)です。もうちょっと、漬けペンを練習しなきゃね。

絵を描くにあたってのこだわり

こだわり・・・と改めて聞かれると、一瞬ううむ?ってなるなあ(笑)。
強いて言えば、ほにゃ(???)っていう雰囲気を大事に描いてる・・・かなー。色の境界を曖昧にして、柔らかく仕上げるのが好き。
あ、あと、絵にストーリー性は盛り込みたいほう。むかしのキンダーブックとかにあった(と思う)ような、ヒトコマの絵に白い吹き出しがあって、「さて、何て言ってるのかな?」みたいな感じで、それぞれが自由にお話を想像できるような絵が描きたいのです。

あと、こだわりというほどでもないかもだけど、たまにちょっと毒を効かせたいな、と思って描いてます。けれど同時に、あまり描いてるときの気分が直接的に出ないことを心がけてる(怒ってるときにグロテスクなな絵を描くとか、そういうこと。)。

一枚の絵にどれくらいの時間をかけますか

三十分から二時間。一日で取れる絵の時間がそれくらいだし、飽きっぽいのです、わりと。あまり大きな絵を地道に仕上げていくのは苦手かなー。
それと、私はあんまし背景を描かない(というか描けない!)上に主線が鉛筆の一発描きなので、あんまり時間がかからないのです。(単に雑なんじゃ・・・という説もある;)
大体下書きが十分、残りは色塗り(時によってはペン入れ)にかけてます。

バトンを回す絵描き五人
ふむ・・・もしかしたらもう回ってるかもだけど、今回はオフの友達オンリーで回します。
白兎さん、しゃわこさん、ヒノキちゃん、円城さん、そしてこないだパレットバトンを回してくれたノゾムさん、よければ持って行ってくださいませ(><)
ブックマークに追加する
司書資格のテスト&レポートのためにここのところ読んだ本、まとめて記録です。今回は純粋に勉強のために読んだものが多いので、感想は短めに。同じ勉強をしてる方の参考になれば幸いです。



「コミュニケーション論」関連

「コミュニケーション論」(中森強・編著 新現代図書館学講座15 東京書籍)テキストに書かれていることを補強してくれた感じ。パーソナル・コミュニケーション/マス・コミュニケーション関連の説明から、コミュニケーションの役割・意義や、映画・新聞・ラジオ・・・等の各メディアの歴史や功罪について触れている本。割と専門的な本だけど、興味深く読みました。



「図書館サービス論」関連

「図書館づくり奮戦記」(山本宣親 日外教養選書 日外アソシエーツ株式会社)・・・富士市の中央図書館で働く著者が、この図書館ができるまでの道のりや苦労、喜びを綴った一冊。著者の趣味なのかしら、ところどころ短歌が挟んであるのが、ほんのちょっぴり読んでて照れる。でも、地域の人に図書館を理解してもらうための地道な取り組みや努力、それから実際現場にいないとわからないサービスの必要性など、得るものの大きい一冊でした。



「市民の図書館 増補版」(日本図書館協会)・・・今となっては当たり前の、でも基本的だからこそ見過ごしてはならない図書館のお仕事が、易しい言葉で書いてある一冊。薄いけど、図書館司書の教科ではおなじみの本かも。小さいし、結構挿絵のページも多いので(かわいい)、すぐ読めた。

「貸し出し」「児童サービス」の章を特に熱心に読む。



「障害者サービス 補訂版」(図書館員選書12 日本図書館協会障害者サービス委員会)・「すべての人に図書館サービスを 障害者サービス入門 日本図書館協会障害者サービス委員会)・・・どちらも日本図書館協会の本。そしてどちらもおすすめです(後者の方が、コンパクトなのとQ&A式の体裁をとっている分、読みやすいかもしれないけど)。

読んで見て、無知と驕りを恥じました。そうか、こんなところにも、気をつけるべきことはいっぱいあるんだ・・・。図書館の障害者サービスって、点字や手話のサービスだけじゃないんだね。目の不自由な人、耳の不自由な人・・・と言う感じで、大きくカテゴライズしているだけでは適切なサービスを行うなんて不可能なのね。一人一人の持つ、図書館利用に際しての障害に敏感であるべきなのだと思い知った。



「公立図書館におけるヤング・アダルト(青少年)サービス実態調査報告」(日本図書館協会)・・・1993年のものなのでちょっとデータは古いけど、アンケート回答を通して、当時の公立図書館で「ヤング・アダルト」がどう捉えられていたか(児童とごっちゃになっていたり、全く興味を持たれていない場合もあった。。現在はどうなのかなあ、資料があるといいんだけど)、そのサービスがどのくらいなされていたかの一端が伺えます。

後ろのほうには、いくつかの図書館でのYAサービスの具体例がレポートされていて、面白かった。来館者ノートとか、ミニコミ誌なんかもあるのね。地元の図書館にはあったかな?こういうの。



こんな感じ。は!ここにリストをつくってる場合じゃないのでした、そう言えば。レポートおおおおぉぉ・・・(汗)。
ブックマークに追加する
onisankotira.jpg

鬼くらい、誰でも棲まわせてるでしょ。

「この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉」という歌があるのだけど(誰の歌だったか忘れちゃった;すごく好きなんだけどな)、あれを思い出しながら描いた絵。
紅葉描いてないけどね・・・(汗)


夜になってみーみーべそべそいじけ虫になってたせいで、頭が痛い(汗)。泣くと頭が絞られるんじゃないかしら・・・いててて。あう。

昨日はとびきりダークサイドな日記ですみません(;;)消したほうがいいのかもなあ、と思ったけれど、そうするとほとぼりが冷めた頃にまた同じ事を書いてしまいそうなので、あのまま放置しておきます。
まだあんまりスッキリした気分とはいかないけど、だいぶ落ち着いた。いつまでもぐじぐじしてる暇はないぞ、わたし。

昨日のこと、詳しく書くのはやめました。自分に非があるにもかかわらず、つい相手にいじめられでもしたかのようなニュアンスで書いてしまいそうなので。
代わりに、自分に向けて反省メモ。
・苦手なタイプの人に対して必要以上に萎縮しないこと。しゃきしゃきした人に無意味な反感と恐怖を抱いてしまうのは、私の悪い癖だ。
・少なくとも、自分の思ってることや行動の意図くらいは、堂々と説明できるようにしておくこと。
・すぐにパニックにならないこと。要努力。
・友達とか、頼れそうな人の陰に隠れてもたれかかるのをやめること。「私は要領が悪いから」「不器用だから」「すぐに何をしたらいいかわかんないから」なんて、自己分析だけできてもしかたない。むしろ今は、それを言い訳(というか盾)にしてこそこそしちゃだめだ。甘えるのをやめなくては、一生治らない。今に親しい人にも、愛想つかされるぞ。

うむ。昨日は(というか、ほんとは、今でもちょっとだけ)「できれば機械やロボットに指示されて働く人になりたい・・・自分で判断する必要なんか一つもなくて、誰とも口をきかなくていい職場があればいいのに」なんて思ってしまったけれど(なんという退廃的思考!)、それでは何の解決にもならないものね。これも一つの経験と思って、切り替えます。要は場慣れすること、だよねたぶん。

深呼吸。深呼吸。

☆☆☆
メモ2。明日すること。
「図書館サービス論」のレポートのために、図書館に行って実際のサービスを調査する。
散髪。短く刈ってやるー。ざっくざくに。

☆☆☆
メール、コメントどうもありがとうございます・・・(涙)。今日中には全部返信しますので、もうしばらくお待ち下さいまし(><)

紅夢リオさん、お絵描きバトン、キャッチしました♪近日中に、答えさせてもらいますね(^^)
ブックマークに追加する
お仕事終わり。ふう。

お昼頃のどん底気分からは、脱出。でも色々反省すべき点は多い。
強くならねば。しっかりせねば。

…明日になって、ちゃんと書くことができれば色々書き直すかも。とりあえずHちゃん、今日はお世話になりました(泣)。

私信。メールの返信明日までお待ち下さいませ(>_<)あ、描き直しは全然OKですので!
ブックマークに追加する
あまりにも自分が打たれ弱い、という自覚はあるのだけど。
自分の無能さ加減とか気のきかなさとか頭の回転の悪さとか、、そういうものを痛感してる。
そして、それがどんなに人を苛立たせるかも。

わたし、もう消えてしまいたい…。こんなんじゃ、どこで働けるっていうの?
⇒ つづきよむ? ブックマークに追加する
nakisugi.jpg

「バトン貰ったよ」というカテゴリに入ってますが、貰ったと言うより持ってきたのです。白兎さんのところで「ご自由に持っていってね~」と言われていたバトン、お言葉に甘えました~(^^;)実は一問目が答えたかったのです(笑)
さて、「印象バトン」。はじまり、はじまり。

■回してくれた方に対して印象をドゾ☆
自分にとても厳しい努力家さんです。尚且つ、周囲への気配りを欠かさない優しいお姉さん。常に「もっと向上しよう」「もっと回りの人のことを考えよう」としてる姿勢には、いつも頭が下がる・・・(><)「お姉さんタイプ」と言われるの、なんとなくわかる気がするよ~。

あと、好きな物・人の話になるととても可愛いです。情熱的です。
O方さんの話をしてるときの君は、とても輝いているよv(笑)

■周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
うーん、これはほんとのとこ、お友達に直接聞かなきゃわからないなあ。でもま、そう親しくない人とか、初対面の人が確実に抱く印象としては・・・
・まじめそう(誤解です)
・メガネ(コンタクトのときもあるけど!)の、背のあんまり高くない人
・暗そう、もしくはズバリ暗い。
・大人しい・無口
地味
・おどおど・びくびくした人だなあ
・考え過ぎ
・声が不自然に高い子
ってとこかな?あ、自分で言っててちょっと悲しく・・・(笑)
・・・あとは「そもそも印象に薄い人」というところでしょうか(汗)。

■自分の好きな人間性について述べて下さい
・おっとりした人。ゆるやかな空気が流れてる人。
・楽天家さん。一緒にいると、自分までちょっぴりポジティブになれるもの。
・新しい環境とか、思いがけない障害とかに、過激な反応をしない人。一見涼しい顔をしてゆっくりゆっくり乗り越えていくんだけど、ほんとうは人一倍頑張ってる人。あくまで、「頑張ってます!」ということを誇示しないところがポイント。尊敬する。
・考え深く、かつ謙虚な人。
・好きな物に対しては、我を忘れるくらい情熱的になれる人。
■では反対に嫌いなタイプは?
・ぴりぴりした人。神経質な人。こういう人といると、常に気を使ってしまって疲れる。
・独占欲の強い人。これも一緒にいると疲れそう。
・狭量な人。どこかから借りてきたのか?という価値観や意見しか持ってない人。
・「人間嫌い」をあからさまに標榜する人。人間を信じられない、とか、思っても口にしちゃいけないと思う。その時点でちょっと中途半端。
・何事にも興味のない人。一体どうやって話をしたらいいのか、とても困る。

嫌いな人間性多いなあ・・・(@@;)私ってば何様!
■自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
「好きな人間性」であげた人たちかなあ。要するに、友人たちなんですが(だからものすごく、回答が具体的なんです)。

あ、あと、他人を理解するために繊細さを使えるような人になりたいです。自分を憐れむためじゃなく。
さもなければ、エキセントリックな人。突き抜けて。
「変わった子だね」なんて、一度くらい言われてみたいくらい凡庸なんですー(><)
■自分の事を慕ってくれる人に叫んで下さい。
うっ。・・・慕うことは多々あれど、慕われるキャラじゃないんだよなあ(汗)でも何かの間違いで(笑)そんな人がいるとしたら、
ありがとー!私もお慕い申し上げてます(><)これからも、仲良くしてね。ラヴ!

■そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象付で)全員にかく!

あ・・・あうう・・・。大好きな人15人全てに印象を書いてたら、夜までかかっても書き切れない!それに日記のない友達も、もう回っちゃった人も大好きなので、選べません(;;)
なので、アンカーってことにしよう。とりあえずみんな好き。

あ、やってみたい方は、下にコメント残して持って行ってください。もしいたら、ここの回答だけ書き加えるから!

☆☆☆
バトン回答・追記
穂樹さんが持って帰ってくださったので(どうもありがとうございます^^)、印象をば・・・
そうですねー、創作意欲に溢れてて、物事を広い視野から見られるお兄さん、という感じの方です。メールを読んでいると、話題の広さにいつもびっくりします。
直接お会いしたことはないのですが、音楽の趣味とか、ときどきお茶目なところとか(笑)から、きっと意外性溢れる方なんだろうなあ・・・と推測しております(^^)

まだまだバトンキャッチ、募集中です(笑)。

☆☆☆
明日は日記お休みですー。バイトが入っちゃった。がんばってこよー。
ブックマークに追加する
onitoosoroi2.jpg

ずいぶん長いこと「謹賀新年」モードだったけど、流石にもうすぐ二月だし・・・ということでトップを更新。上は、トップ絵を加工して遊んだもの。モノクロにして、ノイズって機能を使ってみたのです。こんな機能もあるんだ。ボタン一つで遊べるのって、楽しいなあ。

色々思うところがあって、昨日から絵をゆっくり描くように心がけてる。最近はどうも、日記に必ず絵を貼りたい!貼らなくちゃ!っていうのが強迫観念みたいにあって、一時間くらいで描き殴ってばかりだったから。一時間くらいしか、自分の集中力が持たないせいもあるのだけどね(それ以上かけると、次の絵に移りたくなってしまう)・・・。
けど、もう少し量より質を重視して、二、三日で一枚くらいのペースに落としてみようかなと思ってるのです。
で、丁寧に塗り重ねたりぼかしたり、普段混ぜない色と色を混ぜてみたりしているのだけど、寧ろいままでの絵よりも力ない感じに仕上がってる気がしないでもない。うーん・・・下手の考え、休むに似たり、なのかしら・・・(--;)
まあいいの。しばらく試行錯誤、してみる。

☆☆☆
小文字のとこは、ちょっとばかしぐだぐだしてるので、鬱陶しいのが苦手な方はスルー推奨。ぱーっと、とばそう。
最近御無沙汰のパニックが、夜中に突然やってきた。二月の試験やレポートのこと、残り単位のこと、学籍の手続きのこと、それからその後のこと・・・をあれこれ考えていたら、ものすごく、怖くなってしまって。大学を卒業した頃の、あの八方塞がりの気分にいきなり落ち込んで、体が固まる。「今はあの頃じゃないし、今までだって一つ一つ片付けてきたんだし、大丈夫」って自分を納得させてみようとするのだけど、ダメ。息苦しくて、細胞が猫の毛みたいに逆立ってるような気がした。怖い。心細い。

そんな感じで一時間ぐらいドキドキドキドキしてたんだけど、ふと、体を海老みたいに丸めて、天井をじっと見てみたら、すうと緊張が解けた。天井が床に変わって、自分がふわりと宙に浮いてるみたいな感覚になって。諸々のことで慌てたり落ち込んだりしてる自分を、遠くに置いて来たような気持ちになった。
スイッチが切り替わるっていうのは、ああいうのを言うのかなあ。その後は、可笑しいくらい快適な気分で眠りにつけた。黒い水にさす光の中で、ぷかぷか泳ぐ空想をしつつ。

これからしばらくは、またこんな風に急に焦ったりすることが続くんだろうけど、今日みたいに上手く切りかえられるといいなと思う。今回は偶然発想の転換が出来たけど、これをもうちょっと意識的にコントロールできるようにしなくちゃな。パニックになってる自分からするりと抜けて、それを他人のように眺める術を覚えたい。というか、覚えなくてはいけない。

はい、ここまで。

今日も一日、参考文献読み。何が何でも、明後日からは図書館を実際に調査したり、レポートを書き始めなくちゃ間に合わない。残りはあと一冊!いそげーいそげー。
「メランコリニスタ」が聴きたいなあ。あの曲聴くと、ブーツに鈴をつけた子供たちが、頭の中を駈け回るの。たのしい。

どうも今日の日記は読む人を疲れさせそうだなあ。口直しに、バトンもやっておこう・・・(ただの現実逃避じゃん!)。
ブックマークに追加する
20060122201207

キナ子さんの日記で、センターの現国問題が「僕はかぐや姫」だったことを初めて知ったねこのです!なんとまあ、あれを!(実は大好きな作品です。)しかしまた、出題としては微妙なやつを・・・。

勉強と絵(サイト用でないもの)を描いて過ごした一日。だから今日は、絵無し。

どういう訳か、今日は思った事を文章化できない。書いては消しを繰り返したけど、結局最初に書こうとした事は割愛。

ま、こんな日もたまにはいいか。書けない、ということは、まだそれを書くべきときでない(書くほど、頭がまとまってない)のか、書くまでもないことなんだよね、たぶん。

☆☆☆
最近、ネット経由で懐かしい方々と連絡がつくことが続いてて、とても嬉しい。ネットやっててよかった(時には、逃避や単なる一方的自己表現の場でしかなくなってるとしても!)・・・というか、絵を描いててよかった(涙)。

先輩方、お元気そうでなによりです(><)vvv

☆☆☆
TVで風邪予防の番組やってる。ほー、キノコ鍋やニラも風邪の悪化防止にいいんだ・・・。
この番組、あと一週間ばかし早くやってくれたらよかったのに(笑)。ちょうど完治した日にやるなんて(><;)
ブックマークに追加する
kokorowoyogiru.jpg


昨日書いてた雑誌、「スモールS」をようやく購入。なんでこんなにこの本にこだわってたかと言うと、前回この雑誌を買ったとき、密かに投稿してたからなのです。
駄目でもともとなんだから、と思いつつ、もしかしたら…って期待しちゃうものなんだよね(苦笑)書店でページをめくるとき、足が震えた。

結果は、というと、カラーイラストはことごとくダメだった(^-^;けど、モノクロのページを見たら、思いがけず一作掲載されてました。コピックで点描した、日記で使ったやつ。わ、わああ、ありがとうございます(>_<)

けれど。ここが日記ということに甘えて、感じ悪いの承知で正直に書いちゃうと、嬉しいよりは、やっぱりしゅんとしちゃったです(>_<)もちろん一作でも載ってたことはとっても嬉しかったのだけど、やっぱりカラーのほうに力を入れてたからね。あと、一緒に載ってた絵と比べると、ひどく霞んで見えたこともしょんぼりの原因、なのです。前々から気付いてはいたけど、私の絵って華がないのだなあ。ぱっと見たとき、ぼんやりした印象しか残らない。今回改めてそれを思い知った。勿論足らないのはそれだけじゃなくて、イメージの貧困さとか、構図の単調さとか、数えあげればきりがないんだけどね。カラーページの素晴らしい作品群見て、打ちのめされました。目指す星(って何だ?巨人の星ならぬイラストの星?)はまだまだ遠いや…ふう。載る載らないより、そこが一番、こたえてる。

…っと、これでまた一ヶ月くらいうじうじ悩むのが私ですが(笑)、ちっとは成長して、悩む時間を創作意欲と努力にかえようと思います(それより就職のこと考えろよ!という声が聞こえるケド)。いきなりあんな風に素敵なものは出来なくても、一ヶ月後の自分は今の自分よりもマシな作品が創れるかもしれない、よね。
だから頑張ろう、もうちょっと。才能がないからってやめられるほど簡単な片想いではないのだし、いまさら。
次こそ、カラー載れるといいなあ。うし、励むぞう。

☆☆☆
そうそう、私信。りえさま、昼間はどうもです(笑)余りにもとっさのことで、そっけない挨拶でごめんね(泣)母が「すごく感じのよい綺麗なお嬢さん」と申しておりました☆
それにしても、買い物先でお友達にばったり会うこと、最近たびたびだなあ(^-^)vみんな見付けるの早い!


ブックマークに追加する
teatime1.jpg


「ティータイムにいたしましょう。」
あっ、消しゴムのカスが一緒にスキャンされてるっ!(汗)


mixiからここに飛ぶと、たいてい最新のものよりひとつかふたつ前の記事が表示されるということに気付く。うーん、微妙な時間差があるのね!前後の記事は読めなくなってるし。
そんなわけで、mixiから来てる方は、時々ブログタイトルをクリックしてみてくださいな(上にも書いたけど)。表示されてない記事がぴょこっと出てくることがあるかもしれない。だからと言って、そう有益なことが書いてあるわけじゃないんだけどね;
・・・冒頭から、一部の人にしか意味のわからない話でごめんよ。


今日は、勉強もそこそこに(!?)発売日を心待ちにしてた某イラスト系雑誌(・・・)を手に入れるべく、朝もはよから街の本屋さんをハシゴして回ってました。そう、ハシゴして・・・。
無いのです、これが・・・るるるー(T_T)一体何軒の本屋さんを回ったでしょう。某大型スーパーの本屋さんから駅の地下、半分くらい工事中のダイエー跡地の本屋さん、さらに電車で某大型本屋さんを二軒回って、ここならあるかな?ってア○メイトにも寄って(笑)、さらにはダメ元で遊べる本屋さんまで歩き回ったのに!!!えーん。目当ての本どころか、本屋そのものが潰れてなくなってるところすらあったよ(泣)。ううっ。
地方都市の悲しさだなあ・・・くすん。これがCDなら発売日前日に行ったって大抵置いてあるのにさー。カウンターの人に聞いたら「まだ新着雑誌のリストにもあがってないんで、いつになるかわかりません」って言われてしまった。どーゆーことだ(><)!ああ、がっくり・・・。

そんなわけで、意気消沈して帰ってまいりました・・・ちえっ。あれ見るまで、落ち着かないなあ、なんか。そわそわそわ。見たら見たでしょんぼりする可能性だって、大いにあるわけだけど!

ま、お天気の街を歩き回るのはそれなりに楽しかったし、全く収穫が無かったわけでもないから、いいか(ついでに旭川の土手まで足をのばして、参考文献を一冊読んだりもしてきました。また風邪が悪化したら、笑う)!アーケードとか硝子張りの建物とかから眺める青空は好き。硝子を通すと、普通の景色も、どこかしらSFチックに見える、気がする。風船に乗ったお菓子売りが飛んで来るとかさ(それはSFではない)。

さて、気分を切り替えて勉強べんきょうー。うううー。

☆☆☆
明日はセンター試験なんだなあっていうのを、先輩の日記を見て思い出した。○年前は、行きの車の中で震えが止まらず、べそまでかいて親や先生に心配かけたんだよな、そう言えば。人騒がせな子供だった・・・今もだけど。

頑張れ受験生。平常心、平常心。あと、カイロ持ってね。




ブックマークに追加する
boymeetsobake.jpg

落描き。おばけおばけ。
色鉛筆の絵は見難いって、わかってはいるのだけど(汗)。


コミュニケーション論関連の本を、一日読んでいる。「社会とコミュニケーションについて」というのが、レポートに書くべき内容なんだけど・・・何だか漠然としちゃってるなあ。うーむ。
勉強、っていうのを横においておけば、ちょくちょく興味深い内容も出てくるのだけど・・・。イエロー・ジャーナリズムの事例とか。ふーん、こんなことがあったのねえ、なんて思いながら読む。
・・・私の一番の問題は、「ふーん、なるほど」で終わってしまうことが多過ぎるってことかもしれないなあ、とくに社会問題系について。そのときはちょっと賢くなったと言うか、多少なりとも人間に厚みが出たような錯覚を起こしてるんだけど(それもまた問題だな・・・)、よく考えたら、右の意見も左の意見も、矛盾にすら気付かず頭の倉庫に置きっぱなしになっている。
めんどくさいから、で埃をかぶってるものが、一体どれくらいあるんだろう。材料だけあっても、ダメなのよね、たぶん。

今の私の状況って、「ぬるま湯に浸かってる状態」ですらなくて、もう指なんかしわしわなのに、殆ど水になった浴槽から出る根性がない、という感じだなあ。
そんなことを、曇り空に向かって考えている。

・・・勉強に倦んでるのが丸分かりの文章だなあ(苦笑)。また悪い癖が出て、無意味に焦りはじめてる。ん、気分を上手に切り替えよう。肯定できるべきところは肯定して、と。
ものさしはいらないの。進むべきエネルギーだけ持ってればいいの。たぶんね。

☆☆☆
「ちびまる子ちゃん」の実写バージョンの予告をちらっと見る。全然興味なかったんだけど、主役の女の子はとても可愛かったなあ。陽気であっけらかんとした感じの子だったよ。他のキャストも、結構違和感なく見れた(あくまでも、私は)。これなら、ちょっと観てみたいかも・・・。

あの漫画は、初期のほのぼのしてた頃は結構好きだったな。

☆☆☆
Cocco、ハッピーバースデー。
ブックマークに追加する

カレイドスコープ「ドロップ」の中。

ちゃんとカメラに映るもんなんだなあ。




ブックマークに追加する
某乙女カルチャー本でお名前を見かけてとても気になってた一冊。近所の本屋さんで発見して、早速買ってきました。

主人公の桃子は、一浪して大学に入ったばっかりの女の子。なかなか頭でっかちで、周りの大人(特に親)も同級生も馬鹿ばっかじゃん!って感じのこの桃子サンのおしゃべりという形で、彼女が下宿してるおばさん(小説家!ちょっぴりウツ気味)、親友になる花子ちゃん(中学生男子みたいな見た目の眼鏡少女)、口うるさいおふくろさん、同性の恋人をもつおやじさん・・・などとのやりとりや出来事が描かれてるのが、この「小春日和」なのです。時々、このおばさんの書いた小説が(やや唐突に)挟まれているのもポイント。



面白かった!本格的にはまるかもしれない、この人の描くもの。まだたった一作だから何とも言えないけど、「最初ちょっと文体に抵抗があって、それに慣れてきたと思ったらむしろ心地よくなってきた」って感じで読めるときは、たいていその作家にはまる前兆だったりするのです、ワタシの場合・・・。

文体はねー、ほんと、慣れるまではつらかった!だって、ちょっとツッパリ気味の女の子が、めんどくさそうに、例えば頬杖でもつきながら喋る文章がそのまま地の文(っていうのかな?)なんだもの。途中にやたらダッシュが挟んであるというせいもあって、すーっと滑るように読めない。何とかさんがどうしてね、あ、これはどこそこの誰で、こうひう人で、こういうエピソードがあるわけだけど、で、その何とかさんがね、という感じで、とりとめもなく、でこぼこと文章が続くわけ。だから最初は「どうしてこんな、奇をてらった文章にするのかなー」という気持ちのほうが強かったんだけど、それが妙なもので、半分くらい読んじゃうと全然気にならなくなって、そのうち「寧ろ軽快でいいなー」という印象に変わってきた。読み終わる頃には、思考がすっかり「桃子文体」になってるから恐ろしいものです。くせになるんだなー、こういうのって(あ、でも、やっぱり嫌いな人はそれだけで読むのをやめちゃいそう!)。



本や映画の趣味をことさら強調し、「そういうものが好きな自分」にちょっとプライドを持ってるキャラクターたち(主人公は、そういう人たちを馬鹿にしつつ、でも人一倍その傾向が強い女の子に見える)、あまりにもありがちな「社会通念」「道徳」「教養」を振りかざす両親やクラスメート、ボーイッシュでちびっこで、一人称は「オレ」なんていっちゃう親友、父の恋人のオカマさん・・・ある意味では、すっごく少女小説と呼ばれるもののパターンを忠実になぞりつつ、逆にそれをきれいに反転させることで、やっぱりもとの「型」を意識させる作りになってるのが面白いなあ。ステレオタイプをあざ笑いつつ、でも、その良さというか、そういうものへの愛着も感じるのです(全くの読み間違いかもしれませんが)。お約束って、反発しつつ、好きなのよねえ。

そういえば最後の解説にも、その「少女小説」と「小春日和」との関連について述べられた部分があって(斎藤美奈子)、興味深かった。けど、吉屋信子型の古風な少女小説が完全に読者を失った、っていうのは、当たってる気がしないぞ。



あと、何気なく出てくる怠惰な日常風景には、何故かとても胸締め付けられるのです。猫みたいでだらしないけど、何て贅沢で輝かしいんだろう(私も学生時代、知らぬ間にこういう時間を過ごしてたのかしら・・・)。一番好きなのは、夜風の中、ビールを一杯かごにのせた自転車をすっとばすシーン。缶ががちゃがちゃなって、風の中に梔子やツルバラの香りがするの。あ、あと、「ロリータ」の真似してかけたピンクのハートの眼鏡で、世界がばら色に見えるシーンもよかったなー。こういうシーンだけでも、この小説に恋をしてしまうには十分だった。出てくるごはんもおいしそうだしさ!



ところどとろにはさんであるおばさんの小説も面白い!桃子たちとはまた違う色で見えてる日常が、小説という形でちらちら見えるの。若さにちょっと影響されてみたり、でも若い子たちよりはもうちょっとクールで屈折していたり。このおばさんにも後半には変化の兆し・・・?わくわく。





「小春日和」には、彼女達のその後を描いた続編もあるみたいなので、是非読んでみようと思う。「目白四部作」の残り三つも、要チェックだな。でもまずは、何故か家にある「愛の生活」からはじめてみましょうかね。




ブックマークに追加する
keitaidenwa.jpg

わざわざ日記を分割してまで書くことじゃないし、現実逃避してないではよ勉強せな!って言われちゃいそうだけど、昨日ふと思ったこと。ちいさな疑問。

docomoの携帯には、どうしてこう、お茶目なデザインがないんだろう?

んーとですね、昨日かな、ヤフーのニュースでたまたま「ドコモの新機種はデザイン重視」みたいなニュースを目にしたのです。別に今の携帯を変えたいな、なんて思ってるわけじゃないんだけど、どんな可愛い(or面白い)デザインなのかしら????と思って見てみたら、あまりにもフツーに携帯だったので、ちょっとがっかりしたついでに、こんなことを書いてるわけ・・・。

や、それらの携帯だってそれなりにスタイリッシュだったり色に凝ってたりはするんだけど(でも金色の携帯ってのはどうなんだろう・・・?思わず「秀吉」とか「金閣寺」とか渾名したくなっちゃいそう・・・;)、そういんじゃなくて、もっと星型だったり魚型だったりてんとう虫だったり、猫とかお月さまのかたちの携帯だって、あってもよさそうなのに!とワタシは思うのです。ボタンの形が妙だったり、色が色々あったりとか・・・。

音楽が聴ける携帯やテレビやラジオが聴ける携帯っていうのもいいけど、機能性じゃなくて見た目を追求したものがあっても、いいような気がするのです。そりゃ・・・どの位の人がそんな携帯を欲しがるか、わかんないけどさー(だいたい猫型なんて、折りたためないし、尻尾や耳の部分がすぐ折れちゃいそうだけど)。でも、ちょっとくらい、ないものかしら。それともワタシが知らないだけで、世の中にはすでにそんな携帯電話を持ってる人もいるのかしら???どうなんだろう?

・・・なんて、ちょっとした思い付きでした。さてお喋りはこのくらいにして、机の上で待ってる文献ども(!)に目を通しに行きまする・・・。あー・・・。

☆☆☆
更新情報。
⇒ つづきよむ? ブックマークに追加する
今日は長いので、日記二つ。

いい加減、図書館に行かなくちゃ勉強が進められないわ!ということで、こないだの試験以降十日ぶりにシャバ・・・じゃない、外の世界に飛び出してきました。まだ風邪は完治してないので(なんてしつこいの!今度は耳がおかしくなってきた・・・)、巨大なマスクを装着してゴー。わ、さむい。

久しぶりに外に出たら、あー私がゴホゴホ言ってる間にも季節の針はせっせと進んでるんだなー、っていうのを実感。一筋くらいなんだけど、空気に春めいたものが混じってる。あと、街のあちこちがバレンタインに向けてハートを放出してました・・・。ふうん、チョコレート、もう売ってるのね。美味しそう~、かわいい~。今年はどれを食べよう・・・(つっこまない!)。チョコレートフレーバーの紅茶っていうのもあったよ。美味しいかどうかはわかんないけど、ちと興味。

で、図書館。今回は趣味の本を借りる余裕がないほど、参考文献ばっかり借りて帰る羽目に・・・(泣)つまらんー。
せっかく街まで出てきたのに、寄り道しない手はないよね!ちょっとだけ、ちょっとだけ・・・ということで、風邪を忘れて画材を買いだめ。コピックが切れてたの、スケッチブックがなくなってたの!借りた本で両手はいっぱいだけど、これはまた別。

これでさっさと帰れば良かったのだけど、ついつい出来心で小物屋さんなんかをひやかしに行っちゃったからさあ大変。時は冬のラストバーゲン。安くなっているのは、お洋服だけじゃなかったみたい。小物の棚にも、50%オフだの70%オフだの、のシールが・・・!
これは・・・下手に可愛いものを発見しないうちに、帰ったほうが良さそうだなあ・・・と思った瞬間、発見してしまいました、これ(↓)。ブリキのロボット

20060118133603


・・・ええ、買っちゃいましたとも(死)。だって、もともと二千円近くのロボ君が、四百円だったんだものー!もう一年近く「欲しいなー、でも高いなー、お前がもうちょっと安かったらうちの子にしてやるのに・・・」って思ってたんだものー(><)!あああ。
うん、後悔はないわ。頭のアンテナ折れちゃってるし、ぜんまい部分も何故か壊れてるし(飾られてる間に、子供が触ってて壊しちゃったんだと思われる)、きっとワタシが買わなかったらゴミ箱行きだったよ!だからワタシが買うことは運命だったのです。なんて(笑)。

一つ買っちゃうと、も一つ買うのも同じだ!ということで、さらにお買い物。半額になってた、洋風万華鏡。中に綺麗な形のビーズが入ってる。これ。
mangekyou.jpg

・・・はい、ひとつじゃなくて、二つですね(笑)。
そう、ワタシはお馬鹿にも、中身が違うという理由だけで、二種類も万華鏡を買ってしまったのです(汗)。何考えてんだか、自分でもわからない・・・。一日中筒を眺めて暮らす気か!って感じですが、これでも悩んだのです、もう一種類買うかどうか(殴)。

うーん、またつまらぬ物を買ってしまった、かもしれない。でもなぜかしら、こんなに心が晴れ晴れするのは。洋服やアクセサリー買ったときにはない心のときめきですよ、これは☆
ああ、無駄遣いってすてき。
ブックマークに追加する
hennasunadokei.jpg


ひさしぶりに、お勉強のこと。読んでもあんまり面白くない日記でごめん・・・。

昨日、こないだ試験を受けた「図書館経営論」のレポートが返却されてきました。結果は合格(評価は、可も無し不可も無しといったところ・・・)。これで、あとは試験の結果が良ければこの教科は単位修得です。

うし、これで残り教科は三つよね!なんて思いつつ、単位の一覧表にチェックを入れる(←終わった教科に線を引くだけ)。この瞬間までは、レポートが合格した安堵でいっぱいだったのです、が。鉛筆を持つ手がふと止まる。

あれ?
残りの教科、三つじゃなくて、四つ???チェックしてない教科、四つあるよ?

・・・・・・きゃーっ!!!(汗)「図書館サービス論」っていうの、忘れてた~!!!

あああ(泣)ここに来て、信じられない数え間違い。三月の最終試験後に気付いたんじゃなかったのがせめてもの救いですが、試験計画が大幅に狂ってしまう・・・。あれだ、最近よく見かける顔文字→orzっていうの、こういうとき使いたくなるのかもしれない・・・。文字通り、思わずその場にしゃがみ込んじゃったよ、うう。

一瞬、壁に頭をごんごんぶつけて、「ばか!わたしのばか!どじ!まぬけ!」って自分を叱咤したい気持ちに駆られましたが、そんなことしてもさらにバカになるだけなので、大人しく勉強します・・・(T_T)うーあー、二月五日の試験までに、二教科分のレポート作成と試験勉強。「図書館サービス論」は教科書が分厚い(とどめ)。できるかな?できなくても、やるの。

ああ、ほんとにお前はどうしてこんなにどじなんだー。風邪引いてる場合じゃなかったよ・・・。ほんとは絵を描いてる場合でもないよ・・・でも、描くけど。追い詰められればられるほど、逃避としての絵が増える(殴)。
しくしくしく。しく。

☆☆☆
と、まあ、ちょっぴり凹んでいたらば、タイミングよくゆきさんからメール。色々頑張ってるんだなあ、すごいやすごいや!
おかげでこちらも気合が入りました!ありがとねー。

☆☆☆
memo。小沢健二のニューアルバム、3月8日発売っと。ボーカルレスのアルバム・・・。ううううーん、買うかどうか、もうちょっと考えよう。
ブックマークに追加する
可愛いタイトルと、おれまたかわいい表紙に惹かれて買った一冊。

内容はというと・・・わがまま野生娘ゆりちゃんと、涙もろくてとっても優しいロバート君(ロバちゃん)が織り成す、ひたすらにラブラブラブラブ・・・・な日々。これに尽きます。



山田詠美というと、割と底意地の悪い目で世界を眺める人、人間のどす黒い部分をえぐって白日の元にさらす人、というイメージがあったので(半分は誉め言葉です)、この作品には最初、かなり当惑したのが正直なところ。わー、なんなの、この甘ったるい生活は?生クリームたっぷりのラウンドケーキに、さらにパウダーシュガーをうんと降りかけて、おまけにこんぺいとうまで大サービスってとこじゃない!なーんて、しばらくはうんざりして読んでました。だってねー、幾らなんでも、恋人の腕に噛み付くだの、顔をべろべろ舐めまわすだのっていう愛情表現は・・・ゆりちゃん、どうかと思うよ。ムツゴロウさんじゃないんだから!!!



でも、不思議なもので、二章、三章と読んでいくと、このうさぎ的カップルがだんだん可愛く愛しくなってきて、しまいには「あー・・・こんな風に完全に無防備でいられる恋人ってのも、素敵だなー」なんて思ってしまうから、悔しいー!!!きいい。

ロバちゃんがね、とにかくいい人なんです。純情で、歪んでなくて。でも、だからって単純な思考回路の人じゃないんだな。歪みまくったゆりちゃんの心の揺れや痛みを、ひとつひとつ、丁寧に感じ取って、理解していく姿がいとおしい。

「愛す」のは、ある意味で簡単だと思うの。だけど、愛する相手がいる場所と同じところまで降りて、できるだけ同じものを見るためには、ものすごい才能(と努力)が要求されるんじゃないかと思う。私なんかにはまだまだ無理だな、こんなのは。多分降りていく途中で面倒になって、投げてしまうわ・・・。



すぐにいじけて、でもその後思いっきり後悔するゆりちゃんもキュート!子供が言葉を覚えるように、一つ一つ愛情の法則(?)を覚えて、その愛情をロバちゃん以外の相手にも向ける術を覚えていくゆりちゃん(「すあまのこども」なんてもう、ロバートになって抱きしめたくなるほどかわいい)。誰かを好きになることで、その人のいる世界が丸ごと好きになれるならそれはとても素敵。これはひとつのおとぎばなしだなー。





・・・そんなわけで、「ふんだ!バカップル!」から「やーん、恋って素敵」モードにすっかり毒気を抜かれてしまった管理人。何だか策にはまったみたいで悔しいけど、まあ、いいや!

それにしても、詠美さんにはやられました。毒もたっぷり持ってるくせに、お菓子もいっぱい持ってたのね!
ブックマークに追加する
bakunoyume.jpg


風邪、八割方回復。まだちょっぴり声がおかしいけど、久しぶりにすがすがしい朝を迎えました。わーい。
親にも「顔の輪郭がだいぶはっきりしてきたよ」と言われた。・・・ん?輪郭?どういう意味?(汗)

で、毎日病状報告記ばっかし書くのもなあ・・・と思ってるところに、中学校からのお友達、ノゾムさんから素敵なバトンが回ってきたので、今日はこれに答えちゃおうと思います。
その名も「パレットバトン」。おお!絵関連のバトンだ!!!これは常々「来ないかなー」と思ってたやつです(笑)。ノゾムさん、どうもありがとうv

でははりきっていってみよー、「パレットバトン」(今回から、バトンの文字色は変えません。他に書くことが多いときは、別記事にします)。

1:よく使うアナログ画材は何ですか?
コピック(アルコール系マーカー?)と色鉛筆です。これが九割かな。あとは時々、ネオピコっていう、コピックより安くて量の少ないマーカーや、ハイテックというミリペンのシリーズなんかを使います。

コピックは、色が豊富な点、滲みの効果が簡単に出せるってところが気に入って使っています。カラーインクや透明水彩にも興味はあるけど、不器用&ズボラな私には、滲みやグラデーションを絵の具で出すのが難しいので(汗)。もう少し安価だとなおベター、なんだけどな(中○画材で、セールでもしないかしらねー)。
色鉛筆は「色辞典」が中心。使いやすさ云々というより、小さい頃から使ってて愛着があるシリーズだから。パステルカラーやくすんだ色系統が充実してるのも魅力。

紙は、葉書サイズのスケッチブック。これ以上大きいと描くのに時間がかかってしまうし、小さいと描きたいものがぎゅうづめになる。

2:好きな色は?
オフ友さんには周知の事実だけど、(笑)、ダントツで系統です。それから、系統、クリームがかった白、セピアなどの茶系統が続くかな。

・・・一時期は、着てる色で私と判別できるくらい緑しか着てませんでした(笑)基本的には、落ち着く色、涼しい色、淋しい色が好きなの(今のブログのスキンの色なんか、とても好き)。上にあがってない色でも、くすんでたり薄い色だったりすると、たいてい好きです。

逆に、、濃い目のピンクオレンジ(最近の子供服コーナーにある色ね。)、黄色、蛍光色、金色あたりはちょっと苦手かなー。でも、絵を描くときにはこういう色も結構使うけど。

3:お絵かきのお供は何ですか(例:テレビ、ラジオ等)
たいていは、CDかMDです。歌いながら描いてます(よく考えるとちょっと不気味)。無音のときはあんまりないかも・・・。中でも、くるり、YUKI、Cocco、Salyu、小沢健二、スピッツの順で聴く事が多い。他のをかけてても、これらに戻ってきちゃうんだ。
たまに、FMラジオ。あんまりトークが多くない番組の時は、結構好んで聞いてます。電波に乗って音がやってくる、みたいな雰囲気が、絵を描くのにはいい気がする。

あと・・・お供と言えるかどうかは微妙だけど、アロマキャンドルをつけて作業することが多い(とても危ない)。
 
4:絵を描き始めたキッカケは何ですか?
きっかけ・・・?うー・・・ん、何だろう(おい)。多分2歳くらいの時にはもう描いてたからなあ。
あんまり体を動かすのが好きな子供ではなかったし、周りに同年代の子がいなかったので、一人でじっと自分の世界にこもって描いてたんだと思います。他の全てのエネルギーが、絵に向かっちゃった感じかなー。色々自分でお話を作って、ぶつぶつそれを口に出しながら描いていた記憶がある(暗!)。

あ、きっかけと言えるかどうかは微妙だけど、両親が絵本をよく買ってきてた影響もあるかもしれない。周りの大人が結構皆絵好きだったんだ。

・・・しかし、お絵描き歴の長さと技術的成長度って必ずしも比例しないものなのね(泣)。

5:バトンを渡す5人
10人じゃダメ?(だめだって)
うー・・・オフでの絵を描く友人だけで5人は超えてしまう・・・。どうしようかなー。

・・・んじゃ、特に気になる
白兎さん(友人間でバトンが上手く回ってくれることを期待!好きな色が気になるなー)
小萩キナ子さん
イヌイムさん
pikoさん
rainさん
・・・に、お願いしちゃいます(><)もちろん、受け取るも受け取らないも自由です☆よければどうぞ。

あー、おもしろかったー(やってるほうは)。それにしても、もっと色んな画材にチャレンジしてみたいなあ。
ブックマークに追加する
keitonoki.jpg

新種の木。

薬のせいか、体に力がはいらなくて、手足がすかすかします。でももうちょっとで完治、かな?来週からは動くぞー。おー。

にしても、今日はあったかですねー。塀の上で日向ぼっことか、したいくらいだ。しばらくこのくらいのぽかぽか陽気が続いてくれるといいんだけど、どうなんでしょ。


・・・ちょっと頭がぼーっとしてるので(体調のせいじゃなくて、おもに陽気のせいね)、今日はこれだけ。
・・・あ、TVで流れてるYUKIの新曲がすてき。コケティッシュだなー。可愛い女の子が好きなのは、男の子だけではないのです。
ブックマークに追加する
taiyouyuukai.jpg

太陽誘拐。

やっほー、だいぶ元気になってきました(^-^)v熱も下がったし、頭痛も消えた!
薬の力も大きいけど、昨晩飲んだショウガ湯の効き目もすごかった。
で、ちょっと回復しただけで調子に乗って、早速お絵描き&勉強再開。じっとしてるの退屈なんだもの!

話かわって今朝の夢(書くことがあんまりないと、つい夢ネタに頼ってしまう!)。お鍋いっぱいにミートソースを作るんだけど、何故かその中に茄子と蕪を入れる私(汗)。食べる段になったらお鍋が家中逃げ回り、部屋がこぼれたソースで赤く染まるって夢でした…。怪奇!飛びまわる鍋(むしろメルヘン?)
うーん、なんで蕪?茄子はともかく蕪なんて、トマトやパスタと合うのかなあ。自分の味覚センスにちょっと不安を覚えつつ、でも目が覚めた瞬間、ものすごーくお腹が空いたのでありました(笑)。
あ~あ!風邪治ったら美味しいもの、いっぱい食べてやるんだから!もちろん、パスタだって(別にミートソースじゃなくていいけど…)。じゅるり。

ブックマークに追加する
inudaruma.jpg


絵は、ちょっと前に描いた寒中見舞いの流用です(ごめんなさい)。

へ…へへ、ちょ~っと活動しすぎたみたい…(-_-;)夜になって熱がぐぐーん!と上がってしまった管理人です。只今、立派な布団の王様状態(笑)あ~あ。退屈だー。

メールのお返事、明日までお待ちくださいませ(>_<)今夜中にこの熱で、ウイルスを全滅させちゃうから!うし、頑張るぞ(???)。おやすみ。

☆☆☆
上は、昨夜書いた日記。

退治できませんでした、ウイルス・・・(泣)それどころか、一晩熱出っぱなしだった(xx)やっぱり、長風呂したのと掃除機をかけまくったのが悪化の原因かしら(ばかじゃないの!)・・・。

熱でうつらうつらしながら、変な夢を繰り返し繰り返し見ました。横になってる私の回りに、ガリバー旅行記よろしく小人さいっぱいいて、木をがしがし彫ってるの。耳を澄ませて聞いてみると、「ここに倒れてる奴とそっくりの人形を作らないと、仕事が終わらないよー」と言ってるらしくって、よく見れば木のカタマリと小人があちこちにうじゃうじゃ・・・という、夢。なんだかなー。

で、ついに病院に行くはめに。「いやだー!病院はいやだよー!!!ほっとけば自然に治るからー!!!(泣)」という子供っぽい抵抗も空しく、車に放り込まれ、近所の病院までゴー(><。)わーん。

どうしてこんなに病院が嫌なのか。それは、検査の時鼻につっこまれる綿棒が大嫌いだから(汗)!あれが無ければ、別に恐れることなんか何も無いんだけど・・・。
今回も、先生が器具を取り出した瞬間に恐れおののいてしまった管理人です(あまりに恐怖にひきつっていたためか、「何も怖いことしないからね、大丈夫だからね!」なんて、子供に言うかの如く慰められてしまった・・・;)。「ちょっとくすぐったいよ」と先生はおっしゃいますが、ウソだ、アレはくすぐったいんじゃない!痛いんだってばーーーーー!!!!(号泣)。ぜえぜえ。終わった後、涙目(笑)。

検査は恙無く(?)終わり、インフルエンザじゃないみたい、よかったね、じゃ、薬出しとくからという流れになったので、よし、これで帰れる!と思って診察室を出ようとした瞬間、先生のとどめのひとこと。

「あ、白血球の数だけ調べとくから、採血して帰ってね!」

・・・・・!!!!!(泣)注射もきらいだー!!!もう帰る~!!(TT)

十分後、やっぱり涙目で採血室に座る管理人がいたのでした。うああ、腕に穴、あきまくり。血管、一回で入ったことないんだ・・・。つまさきまでひきつっちゃったよ、もう(どんだけ怖がりなのさ)。だから病院はきらいさ。

でもとりあえず、いっぱい薬を貰えたので、これ飲んで大人しくしてようと思います。と言いつつ、まずパソコンに向かう自分がいるのだけど(殴)。風邪よりネット依存のほうが、重症かもしんないなあ。

・・・というわけで、ごめん、メール、もうちょっと待ってください(私信)もう読んでるんだけど、文章がうまくまとまらないのだ・・・。

ブックマークに追加する
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 砂の上の文字群2 all rights reserved.
わたしのこと

ネコノ

Author:ネコノ
こんにちは。ここは、管理人nekonoが日々の空想を絵にしたり、なにやらぽそぽそと呟いたりするページです。
のんびりしていってね。

上のブログタイトルクリックで、最新記事七件が出ます。

コメントのお返事は、基本的に遅れがちになります。そして管理人の調子に合わせて時々閉じます。ごめんなさい。
(だいたい週明けにまとめてお返事になるかも)


本館イラストサイト。量だけはたくさんあるのです。
「hidden place」↓

リンクフリーです。でも教えてくれると、なお嬉しいです。

こそりと、お仕事のご依頼も受け付けています。
作品傾向は、こちらの部屋に置いてある絵のような感じです。

nekono14☆yahoo.co.jpまで、お気軽にお申し付けくださいませ。(☆は@に変更してください)



↓なう・りすにんぐなもの↓



↓こんしゅーのおきにいり↓




掲載していただいてます
岡山人ブログ | 岡山のすてきなブログが満載


nekononの最近読んだ本

おはなしする?

ひとことメールフォームです。 お返事は、日記の追記内にしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
リンク
ようこそようこそ
いろいろつながり!

●お気に入り●
●trackback people●
(絵のこと本のこと)

list me? by BlogPeople あわせて読みたい

ブロとも申請フォーム
RSSフィード